人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「テルマエ・ロマエ」

「テルマエ・ロマエ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞
2012-041
d0020834_21143379.jpg

初日鑑賞のはずがどこも満員で入れませんでした。
すごい、大ヒットみたい。
どこのシネコンもみんな一番大きな箱で上映してるのになあ。
阿部ちゃんのお見事な裸体のおかげなんだかどうかはわかりませんが、とにかく笑いました。
阿部ちゃんあのナントカいう古代ローマの衣装と裸ばかり。
あ、一瞬温泉浴衣着てたかも。
ああいうデカい男性の温泉浴衣は超つんつるてんでおかしいはずなのにちょうどいい長さの浴衣でした。
特注ですね。
コミックが原作というと何でもアリでOKなので見ていて気が楽。
そしてコミック原作ってどれもすごく面白いと思うんです。
顔の濃い俳優ばかり集めたということをクランクアップの時点で聞いてその時点で笑えました。
反面「平たい顔」族のおじいちゃんたちもわざとそういう人集めてるよね~。
あの人たちはプロのエキストラなのか、俳優なのか一般人なのか、そのあたり不明。
カメラアングルが上手すぎるのもすごく笑える。
濃い顔の俳優さんたちも、有名どころの阿部ちゃん、北村一輝、宍戸開、市村正親さまそのほか多数かと思ったけど、これで終わりってちと残念。
竹内力もキャスティングされてて来い古代ローマ人かと思ったら、平たい顔族の中の濃い人って設定で残念。
銭湯とか温泉って日本人には癒しの文化ですが、諸外国ではそういう文化はないようです。
韓国のチムジルパンも立派なお風呂文化ではあるけど銭湯とはだいぶ違う。
あくまでも韓国での浴室は癒しよりも体を洗う場所という意識が強いと思う。
市村さまはいつものハイテンションのままに、パワーありますね。
でも、あのテンションは映画の中で使うものではなく舞台で発揮していただきたい。
北村一輝は逆に顔の濃さだけでいつもの怪演ぶりが目立たず残念。
誰かが言ってました「平井堅は?」
いませんでしたね~。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2012-04-30 21:30 | 映画2012

銀座「ファロ 資生堂」

英会話の友人たちとの女子会。はファロ資生堂
1人参加のおじさまはただいまアメリカへ留学中のため完全なる女子会。
前から行こうと話にはなっていたのですが、時間の都合がつかず数か月たってしまいました。
その間にアメリカへ留学していたヨーコさんのお土産話もたくさん聞くことができました。
d0020834_23125420.jpg

d0020834_23124745.jpg
マイチョイス 前菜は鴨
d0020834_23133052.jpg

d0020834_23142048.jpg
マイチョイス パスタはあさりのトマトソース
d0020834_23141711.jpg
ヨーコさんのパスタ ソラマメのフィットチーネのクリームソース
d0020834_2315295.jpg
春の定番 桜えびと春キャベツ 
d0020834_23151011.jpg
全員チョイスのうさぎ
d0020834_23155342.jpg
今回は全盛り!
やっぱり、サバランは食べられなかった。

ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2012-04-28 23:17 | おいしいお店
「Black & White/ブラック & ホワイト」TOHOシネマズ日劇で鑑賞。
2012-040
d0020834_2314951.jpg

何気に見た作品ですが、面白かったです。
普通にラブコメなんだけど、アクションがありテンポもよく、監督さんのセンスとリーズ・ウィザースプーンの存在が光ります。
監督は「チャーリーズエンジェル」のマックG
ハリウッドでラブコメの女王の座に君臨するリーズ・ウィザースプーンですが、最近は制作サイドにも回って映画造りをしているようですが、この作品の中では制作にクレジットされてはいなかったみたい。
CIAのやり手スパイ、親友でありライバルである二人の男性が一人の女性を取り合うという、ストーリーは単純なものですが、結構な下ネタも多く大人のラブコメって感じでした。
で、この邦題どういう意なのかい相変わらずわからない私です。
リーズ・ウィザースプーンの上司(?)チェルシー・ハンドラーのキャラがすごくて、一番おかしかったかも。
クリス・パインの作品は意外と見たことなくて「アンストッパブル」くらい。
トム・ハーディは意外と見てるけど、インパクトはない。
このエージェント二人のコンビぶりもなかなかかわいくておかしいです。
GW、何か見たいと思ったらこれお勧めの作品かもしれません。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2012-04-25 23:29 | 映画2012
d0020834_10938.jpg

長野県のお土産といえば栗。
桜井甘精堂はその中でも和栗を使った高級和菓子で有名。
直営のレストラン泉石亭の定番のお土産「栗わっぱ」
ここでしか買えないそうです。
栗おこわなんだけど栗が大きくて食べ応え十分。
草津温泉のお土産にいただきました。
by chikat2183 | 2012-04-24 22:53 | おいしいTAKEOUT

六本木「九」

今月の女子会は六本木「九」でもつ鍋。
去年までは月一で世界の料理がコンセプトでしたが今年からは女子会で飲み尽くす。
ということで、博多もつ鍋 女子会コースです。
基本のもつ鍋コース3000円に飲み放題1000円を付けて4000円で。
d0020834_14452855.jpg
選べる先付5種類の中から みょうがの酢漬け 筑前煮 牛スジ
土瓶のなかには珍しい酒が入っていたらしい
d0020834_1432237.jpg
選べるサラダの中からきのこのサラダ
これはちょっとしたアイデアだけど、おいしいと思った。
d0020834_1438133.jpg
選べる卵焼きの中から明太子(見えませんね)
d0020834_14382583.jpg
豚足
d0020834_14384818.jpg
焼き物は豚肉のにら巻き
d0020834_14392448.jpg
もつ鍋は久しぶり。
d0020834_1446261.jpg
〆の雑炊はご飯多めで。

最初誰かが以前来た時に『チョーまずかった」という体験談を聞いていなかったのですが、予想を覆しておいしかったです。
お値段もそこそこに…。
隣の席に後から来た女の子たちの過激なトークに面食らうおばさんたちでした。

食べログはこちら
by chikat2183 | 2012-04-19 02:03 | おいしいお店

「決闘の大地で」

「決闘の大地で」シネマート六本木で鑑賞
2012-039
d0020834_22531612.jpg

韓国一の2枚目俳優、チャン・ドンゴンのハリウッドデビュー作品。
それも西部劇。
チャン・ドンゴンといえば、中国映画の奴隷走りが一番記憶に残っているのですが…。
今年1月に「マイ・ウェイ」が公開になっていますがこの作品はそれよりもすっと前に撮影が終了していたはず。
アメリカでは順調に公開になったものの、韓国の公開も2010年でだいぶ遅れたようです。
「洗濯戦士」って題名ついてなかったっけ?
チャン・ドンゴンは彫刻のような美しい男と言われるだけあって、ハリウッドの濃い~キャラクターの中に入っても引けを取らず、結構なじんでいたみたい。
戦う相手がジェフリー・ラッシュだったりするわけで、チャン・ドンゴンも楽しかっただろうなあ。
まだ自分の息子が生まれる前だっただろうに、子供の扱いもなかなかお上手でした。
と言っても、なんかねえ、内容がなさ過ぎてちょっと退屈。
内容がないというよりもストーリーに奥行きがない?
ということで、結局チャン・ドンゴンという2枚目のアジア人俳優を起用したというにすぎず、作品そのものはジェフリー・ラッシュのものだったと思います。
チャン・ドンゴンを見るにはいいけれども、なんかちゃっちいハリウッド映画って感じで、ジェフリー・ラッシュは自分が主演だから出演したんじゃあないかなあと思います。
色目は黄色くしてあるけど、砂漠のイメージなんでしょうか?
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2012-04-18 23:07 | 映画2012

乃木坂「FEU」

今月の★探訪は乃木坂駅から0分という 立地も最高雰囲気も素敵なフレンチレストラン「FEU
FEUとかいて「フー」って読むんだって。
外国語にはめっぽう弱いです。
こんなところにこんなお店があったんなんて驚き。

3000円のブリフィクスコース
d0020834_1528097.jpg
アミューズはグリーンアスパラのスープ
d0020834_15285475.jpg

d0020834_15292042.jpg
前菜は十数種類の春の野菜を使ってあるそうです。
d0020834_15294512.jpg
お魚チョイス
メインのお魚料理は何種類もの魚介のブイヤベース
豪華としか言いようがない
d0020834_15301190.jpg
これは誰かのお肉
牛のほほ肉
上に載ってる奇妙なものはバナナだって
d0020834_15322614.jpg
デザート
d0020834_15334549.jpg
コーヒー、紅茶、ハーブティーから選べますがハーブティーを頼んだらこれが来ました。
生のハーブティー、これだけでも1000円の価値があるという。
毎日静岡から送られてくる新鮮なハーブだそうです。

ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2012-04-17 21:22 | おいしいお店
韓国ドラマ「私に嘘をついてみて」
내게 거짓말을 해봐 全16話
2011年 SBS作品
d0020834_1152108.jpg

日本での長期公演ミュージカル「コーヒーハウス」以来、なかなか仕事が決まらないと言ってたカン・ジファン。
なんか、これもコケたらしいですが、わかる気がする。
某サイトに2台ロマコメスター競演って書いてあったんですが、カン・ジファンってラブコメ専門だったっけ?
脚本が最悪です。
あちらこちらのドラマのネタをパクるばかりでオリジナルなものが感じられない。
それをあれこれくっつけ合わせているので話に筋が通っていない。
色々言いたいことはあるけど、行っても仕方ないような作品でした。
ファンの皆さん、この作品が好きな皆さんごめんなさい。
基本的に一般の女の子と社長さんのラブストーリー。
韓国ラブコメドラマの王道ではありますが…。
笑うところも無ければ泣くところもなく、大体「私に嘘をついてみて」って題名がよくわからない。
誰が誰に言ってるの?
始まりは妄想「この人と結婚したい」から始まって弟の策略にまんまと乗っかって「嘘」の生活を始めたのはお互い様。
なのにアジョンばかり責められて、嘘の発端を作った弟は後半ほとんど姿を現さなかったり、元婚約者というのがチョ・ユニで、この子「黄金の魚」の地味で不細工な妹。
ほとんど同じキャラクターで面白さを半減させてる感じ。
いつも顔が怖いのです。
どっちつかずのギジュンというのもなんか納得いかなくて…。
こんな偽装結婚の話ってよくあるけど、見終わって時間がたっていないのに内容が思い出せないでいる自分が情けない感じすらします。
それくらい内容がなかった。
ある方が書き込みで「久々に誰にも感情が入らないつまらないドラマ」って言ったので私も乗っかってしまいました。
時間の無駄だったか?
友人が「弟、テギョンに似てるよ、見てごらん。」
一瞬かっこいいかなあ、でもテギョンには似てない。
テギョンの方が100倍上です。
人気者のウネちゃんにして(実際ウネちゃんは韓国ではそんなに人気者ではないらしいけど)この作品選びはどうかなって感じでした。
そんな話なのにやたらキスシーンが多く感じたのは私だけか?
by chikat2183 | 2012-04-16 12:12 | 韓国ドラマ

赤坂「Turandot 臥龍居」

先月行ったばかりなのですが、今回は家族と。
姪が大学に合格したお祝いに、女だけで食事会。
赤坂「Turandot 臥龍居
d0020834_1555399.jpg
9点盛りの小さな前菜も前回とはやはり少し違うような…
d0020834_1561363.jpg
スープは同じ、茶わん蒸しのような柔らかいスープです
d0020834_1563629.jpg
今日は大盛りで
d0020834_1571957.jpg
お魚 ソースは花巻で食べるようです
d0020834_1574256.jpg
赤担担麺 前回からすぎて失敗したので今日は食べません!
d0020834_158392.jpg
なので、スペシャル白担担麺を注文
これはできるかどうか聞いていただいたのですが(厨房に)時間をくれればできるというのでお願いしました。
やっぱりこれ!結局お代わりは全員白担担麺でした。
d0020834_1582167.jpg
やっぱり食べたかったあさりと牛蒡のおそば これは私のお代わりです。
d0020834_1584246.jpg
デザート、今日は2点盛り
なんでだろう…

前回の記事はこちら

ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2012-04-15 15:01 | おいしいお店

「アーティスト」

「アーティスト」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞
2012-038
d0020834_10562557.jpg

春だから?というわけではありませんが、あまりにも心地よく眠くなりました。
つまらないわけではないんです。
無声映画なので話は単純。
無声映画の人気俳優と恋をした女優は無声映画の衰退とともに名声を受け、逆に人気のあった俳優は取り残され、なかなか二人が結ばれない状況に陥る。
無声なので人の声は聞こえないのだけれどBGMがあまりにも心地よく、モノクロ画面がますます眠たさを引きずり出してくれました。
無声だからの演出で主演のジャン・デュジャルダンの大げさな演技が花に着くけどそれは演出上のことなのでしょうがないかな?
あそこまでやらないと生きてこないのでしょう。
昔っぽく作ったメイクと顔の表現がどうも好きじゃないんだなあ。
と言ってもそれでオスカーなんだから認めざるを得ないってこと。
女優さんも古い感じを出してて大げさな表現だけど、なんか、こちらはかわいいわ。
そしてワンコ。
最近のワンコみんなすごい演技するようになってるけど、またまたとびぬけてすごい演技してくれたこのワンコ。
ぬいぐるみみたいな容姿からは想像できないんだけど、必ず彼の脇にくっついてて、彼をいつも助けてる。
死んだふりも上手だったし。
1000円キャンペーンでもう一度みようと思います。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2012-04-14 19:07 | 映画2012