人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


え~~~、何で~????
と思ったあなた!
鈍すぎます。
結構口に出してたんだけど、そういうイメージないかもね。
1年間待ってFCにも入ったよ。(随時入会させないってところが憎い、去年は完全に出遅れて締め切られました。)
最近は何の手続きをするのも面倒で出遅れる事が多すぎる。
なので、イ・ジョンジェです。
「下女」をみに韓国へ行ったのはご存じのはず。
え~、あなたの好みのタイプとは違うんじゃない?
その通り!マジャヨ!
絶対違う、でも好きよ~。
これを見たときのビョンビョンファン様、ヒョンビンファン様方の反応がコワイ。
でももう言っちゃったからね~。

このファンミはあのつまらないドラマ「トリプル」のプロモーションです。
ホント、男トリプルはカッコイイのに、おんなトリプルがつまらなくて、内容がめちゃくちゃ。
男トリプルはこういうドラマに出るべきではなかったと思います。

グレーのシャツ、ネクタイ、ジャケット、パンツ、茶色の靴で後ろの扉から現れたジョンジェ氏です。
ありがちな演出だわ。
どうせなら歌いながら…とか、あれ?それもどこかでもた事あるかもね。
ムキムキの肉体でもっとデカイ男かと思ったら以外に華奢な体型でした。
広い肩幅をジャケットで隠しているとも思えないし、今は筋肉作ってないのかな?
司会はLiLiCoさん。
ジョンジェ氏かなり静かなのに司会者うるさい。
テンション高すぎ、でもメインが静かってことはこれぐらいうるさくないと成り立たないのかも、って許す事にしました。
このドラマ「トリプル」のお話
後半は「下女」のお話。
結局間にSM☆SHのステージが入って、これだけでした。
内容がないっちゃないね。
これならリハーサルなしで行けますね…。
なんて、質問事項は打ち合せ済みでしょうが、通訳さんがイマイチなので…。
最近通訳さんの文句ばかり言ってます。
マーチン・スコセッシとかベネチオ・デルトロとか韓国語ではなくて日本語で言ってほしい。
韓国語で言うと別人になってしまう。
というか、通訳さんなしでジョンジェの話が理解できるほど、韓国語上達しました。
本当です、殆どわかりました。
おかげで、原田氏、前田氏とキャーキャー騒ぎました。
隣のお姉さま、うるさくてごめんなさい。
後で考えれば、私たちの韓国語が上達したのではなく、ジョンジェ氏のお言葉が簡単だったんです。
ありがとう。
言葉の一つ一つが丁寧で暖かい言葉使ってます。
ジョンジェのファン様恐ろしくおとなしいです。
帰りのハイタッチも1時間以上かかると思ったら早かった。
ハイタッチじゃなくてギュッと握ってくれたジョンジェ氏に感謝。
みんなにやさしいほほ笑みを与えていましたが
”웃어 주세요” (笑ってください)って言ったら
顔じゅうで笑ってくれました。
前田氏、原田氏、気が付かなかったらしい。
二人とも”감사합니다”しか言わなかったみたいだし。

某SNSで知り合った、mariaさんと初対面。
大阪のFM局でお仕事もなさっている方。
韓流=ジョンジェ みたいな方です。
お話は出来なかったんだけど、帰り際、マネージャーさんらしきイケメンと話をされてて年季の入れようが違うと思った。
テダナシネヨ~。
さて、私もそうすこし頑張るか?韓国語。

ジョンジェ氏、また来てね~。
by chikat2183 | 2010-11-18 23:31 | LIVE

カムジャタン

d0020834_89120.jpg

英会話のお友達が韓国料理を食べたいというのでサムチュンネで会食。
去年の今頃一緒のクラスでやっていた恵子さんは、今回出遅れて先着漏れして、行ってないので情報が欲しいというのですが。
今の英会話のクラス、アーノルドのクラス。
アジュンマ10名ほどに小児科の先生(40前位)が一人。
まるで韓国語のクラス。
今までの20名もいるクラスよりかみんな断然お出来になる。
私は相変わらず凹むばかり。
本当に出来ないの。
斉藤さんや陽子さんはここのクラスは今までと違って困るわ…というのだけれど。
私が思うのには、アーノルドの進め方が韓国語の先生ととっても似ていてかなり高度なのではないかと。
っていうか、フリートークみたいな形で話させられるので私は対応が出来なくて凹むんです。
そんなところ韓国語と一緒ではないですか!
それで、なんでそんなクラスを取っているかというと、韓国語を優先にとってしまうとそこしかとれないというパズルみたいな事になってしまうんです。
アーノルドは顔は恐いけど某大学の教授さまで意外と親切だったりする。
みんなはアーノルドやめたいみたいだけど私は全くOKなんだ。
でも。英会話そのものには苦戦しております。

サムチュンネのイモは作ったカムジャタン。
辛いものが食べたれないと言ってあるので青唐辛子は入れてないけど充分に辛いです。
イモはこれぐらいは辛くないと美味しくないというけど。
豚の骨がいい具合に煮込まれています。
この日食べたカムジャタンの写真ではないですが美味しそうだ。
実はイモが漬け込んだという カンジャンケジャン 食べてきました。
身がしっかりしていておいしい。
韓国のお店のものとは少し違うけど、イモがつけたものが食べられるとは思いませんでした。
しかし、写真を撮り忘れてる。
また次回あるといいけど。
カンジャンケジャン食べるとご飯が進みます。

サムチュンネ ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2010-11-17 22:45 | おいしいお店

銀座 「ICONIC」

今月のお食事は銀座でイタリアン。
HIRAMATSUのチェーン店 ICONIC です。

予約の際に、「レディースコースのご用意がありますがいかがでしょうか?」
と聞かれたのでそのコースにしました。
思い出してみると、この前、シンガポールでカニ食べた時に向かいのビルでやっていた結婚式のパーティはここだったのね。
広々とした空間と落ち着きのあるインテリア、素敵なレストランです。

d0020834_11572360.jpg

サービスのワンドリンク これはカシスのワイン 甘口でジューズのようです。
そしてパン色々、
ホイップバターは普通のとスモーク風味。
このパンだけで既に満腹状態。
これはいけないとわかっていながらついつい食べてしまいます。
d0020834_1159556.jpg

前菜はサーモン 美しく飾られた一皿です。
d0020834_1202996.jpg

イカスミのリゾット イカとメレンゲ
d0020834_1224039.jpg

ミズダコと旬の野菜のパスタ
パスタは後ろのカップの中に入っています。
野菜の上に落として、ミズダコをつぶしていただきます。

既に炭水化物だけどれだけ食べただろう状態、メインの前に満腹です
d0020834_1264399.jpg

メイン 岩中豚(ガンチュウトン)のロースト
(よく思い出しました!漢字を忘れたら思い出せなかった) 
美味しいけど、満腹すぎる…
d0020834_1291862.jpg

デザートは モンブラン
メレンゲの中にモンブラン というか雪山のイメージだと思います
d0020834_12102163.jpg

これはバラの香りのティラミス ドライアイスの煙と共にバラの香りがするんだって
d0020834_12122034.jpg

お口直しの小菓子
ピスタチオ カシューナッツ パッションフルーツ クランベリーのタルトと真ん中はマカロン

これだけ満腹で5000円(税 サービス料込)
久しぶりに5人全員そろった食事でしたが、今年はこれで最後。
また来年、新しいお店に行く予定です。
by chikat2183 | 2010-11-16 22:51 | おいしいお店
「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」日比谷みゆき座で観賞
d0020834_16047.jpg

ジョン・レノンの生い立ちを描いた作品ではあるけれども、ミュージカル仕立てでもなく、ドラマ仕立てになっており興味深く見やすい作品です。
高校を中退するあたりから、二人の母親(姉妹)との確執やら、友達との決別、ポールとの出会いなどあまり極端な時代の流れではなく少ない時間の中に凝縮された彼の人生を描いてあるのであまり迷うことなく見ていられました。
特に有名な俳優さんもクリスティン・スコット・トーマスくらいしかわからなかったんだけれども、よくよく見れば、この少年にしてもジュリアにしても、数多くの作品に出演し、私も相当見ているのですが、気が付いていない。
困ったものです。
子供のくせにずっとたばこ吸っているのですが、天才というのはとかく、人の言う事を守るようではだめなのね。
誰もたばこを泊めるわけではない、あれだけ沢山吸わせているんだから実情はもっとすごかったんだろうとおもうわけです。
それにしても全く孤独な少年で、それでも音楽という道を見つけた彼は素晴らしいと思う。
何かひとつ天才と呼べる才能があるのならば勝組に違いない。
持っているとしてもそれが見つからないのなら勝組都は言えない。
孤独がそれを教えてくれた。
少年時代の孤独はけっして勧められるものではないけれども、孤独を孤独でなくさせる力があったに違いない。
二人の母親も自由に生きる実の母と責任を背負う育ての母。
クリスティン・スコット・トーマスは相変わらず恐い。
表情が険しいのでその分、この役には適役だと思いました。
ビートルズの曲も多く選曲もうれしい限りです。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2010-11-14 23:00 | 映画2010

吉例 顔見世大歌舞伎

「吉例 顔見世大歌舞伎」 夜の部 新橋演舞場で観劇
d0020834_0594393.jpg

一、 ひらかな盛衰記 逆櫓
幸四郎 魁春 友右衛門 錦之助 男女蔵 金太郎 高麗蔵 段四郎 富十郎

幸四郎さんの一人舞台みたいなものです。
源義経木曽義仲討伐をモチーフにしてある物語。
幸四郎さんのこういう舞台は初めて見たような記憶。
歌舞伎のことよくわからないでみているんだけど、顔が白い人と普通の人とどう違うんだっけ?
悪役?
幸四郎さんの白塗りがやたら気になりました。
人間国宝の富十郎さんは椅子から立つのもやっと。
両側から支えられて、衣装も重いのかしら?
台詞も黒子さんが言ってる。
もうお歳もお歳なので文句は言えないが、ちょっとみていてかわいそうというか辛いものがあります。
(後日、休演しちゃいました。)

二、 梅の栄(舞踊)
芝翫 種太郎 尾上右近 種之助 米吉 宜生

もう一人の人間国宝 芝翫さんは踊りです。
一緒に踊るのは孫の宜生ちゃん。
もう小学校の3年生だとか。
多分、初等部にいるんでしょうね。
こちらの人間国宝は、安心して見ていられます。
ここに出ている右近さんですが、思わず「お、右近さんが出ているぞ、しめしめ…」
なんてほくそ笑んでいたら、右近は右近でも若手の尾上右近さん。
待っても待っても右近さんが出てくるわけはない。
後でパンフを見直したら小さく 尾上 って書いてあってガックリ。
個人的志向です…。

三 都鳥廓白浪(みやこどりながれのしらなみ)
菊五郎 菊之助 團蔵 権十郎 梅枝 萬次郎 時蔵 歌六

この歌舞伎の会は菊五郎さん絡みでチケットを入手しますのでこちらがメイン。
菊之助ちゃんは本当に美しいです。
女装しているけど実は男という役どころ。
菊五郎さんはすごくまじめな役者って感じです。
やっぱり幸四郎さんより菊五郎さんが好きかなあ。

この歌舞伎6列の端の方だったのですが、お弁当月で15000円。
父の関係でライオンズクラブでまとめてとったチケットです。
前は、歌舞伎って高いイメージだったんだけど、なんだかんだで5時間近く。
4時半開演で終焉は9時半です。
美しい衣装の数々と、洗練された演技。
生の邦楽や唄など、最高級のエンターテインメントを提供しているのがよくわかります。
この公演の最中にも次の演目の稽古をしているわけですごいよね。
だったら、この前のジファンのミュージカルはなんだ?
って事になってしまいます。
2時間弱で12000円って高いわあ。
ファンミは?
韓国人を使うから高いのか?
ミュージカルそのものが高いのか?
どうなんだろう…?
by chikat2183 | 2010-11-10 23:29 | 舞台
「エクリプス/トワイライト・サーガ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで観賞
d0020834_0281580.jpg

好きです、「トワイライト」シリーズ。
と言いながら実は「ニュームーン」見ていないんです。
でも多分大丈夫だろうという判断で見てしまいました。
エドワード大人になってます。
美白の美少年だけど少年ぽさが消えています。
一方のジェイコブもすごいムキムキになって…。
究極の三角関係とか言われているけど、ベラはジェイコブを殆ど気にしていないので、究極とは言えないのではないかと思うのです。
これは結局は高校生のお話で大人がなんやかんや言う事でもなく、まして、ヴァンパイアとオオカミ男(おっと、狼少年と書いてしまそうでした。)のお話なのでファンタジーな美しいお話なのです。
ベラのこと、みんなで「きれい」って言ってるけど、初めからそんなにきれいとは思えなくて、エドワードの方がよっぽどきれいと思っていました。
しかし、エドワードは見れば見るほど顎の割れが気になります。
筋肉自慢のジェイコブもあの狼男たち、真冬の雪山でみんなで裸でいるって微妙な感じでした。
何かあればすぐに狼男に変身してしまう、実は毛皮着てるわけで、そういう表現方法かと思うんですけど。
早く次がみたいと思っています。

英会話の時間にこの作品を見たと言ったらばアーノルドが「去年ヒットしたヴァンパイア映画は見たのか?」と聞いてきました。
ヴァンパイア映画って結構沢山あるような気がするんだけど、一体どの作品の事なんでしょう?
「ダレン・シャン」?「ウルフマン」?(ヴァンパイアじゃないよね)
「知ってる!」とか言ってしまったんですが、本当にみた作品だったのでしょうか?
気になります。
去年ヒットしたヴァンパイア映画、気が付いた方は教えてください。
by chikat2183 | 2010-11-07 22:27 | 映画2010

「マザー・ウォーター」

「マザー・ウォーター」11/1 新宿ピカデリーで観賞
d0020834_0272539.jpg

どういう映画?と聞かれても返事のしようが無い映画。
「かもめ食堂」「プール」のスタッフが作った新しい作品。
とはいっても監督は新人 松本佳奈さん。
監督が違ってくると作りもだいぶ変わってくるというのがはっきりします。
みていてけっして癒される事もなく、特に面白くもなく、と言って退屈でもなく。
監督さんも脚本も一体何が言いたいのかすら全くわからない。
そんな作品です。
マザーウォーターというのは水割りを作るときの水を言うのだそう。
ウィスキーしか置いてないバー、豆腐や、コーヒーショップ、風呂屋。
全員が水に関わる仕事をしている人たちの群像劇なのですが、特に、これといったエピソードもなく、坦々と話が進んでいきます。
結局、光石研のお風呂やのオヤジはなになのか?
最後に声を出した女性は誰か?
ポプラは…。全部謎。
「トイレット」「スープ・オペラ」まではよかったんだけど、これを合わせて3本セットにするのはちょっと違うような感じです。
勢いで見させてしまう営業方法なのかも。

★★★★☆☆☆☆☆☆
by chikat2183 | 2010-11-06 22:10 | 映画2010