人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「スープ・オペラ」

「スープ・オペラ」新宿ピカデリーで観賞
d0020834_23551436.jpg

原作は阿川佐和子。
作風からして監督さんは女性かと思いましたがどうやら男性だそうです。
のほほんとした癒し系の作品。
ちょっとファンタジーみたいな雰囲気は朽ちたメリーゴーラウンドが上手に使われているからかもしれません。
そして芸達者な猫ちゃん。
それよりも、豪華な俳優陣でのチャンバラに少し疲れていたときに、この癒し系は180度逆のものです。
一人ひとりのキャラが物凄くてはっきりとしています。
坂井真紀ちゃんはめちゃキュートでかわいいです。
廻りのベテランさんたちに負ける事もなくしっかりと演じていました。
ルイちゃんが使っているマグカップが現在私が毎日使っているのと同じウェッジウッドのイチゴちゃんのピンク。
すごく親近感があったんです。
衣装もかなりレトロな感じでかわいかった。
昔極道の親分さんみたいな役ばかりやっていたイメージの藤達也サンはいいおじさんで、怪しさもあって、役者のイメージとは全く違うおじさんでした。ヴィンテージのアロハも素敵で、着こなし方がおじさんぽくって可笑しかった。
西島くんはなんかかわいくて雰囲気あったし。
加賀さまは相変わらず…です。
相手役の萩原くんが、これまたキャラを弱くしているところが印象的に強いキャラになって見えました。
萩原君=ヨン様のイメージがどうしても会って、それは私の単純な思いこみなんです。
萩原君が吹き替えたヨン様の作品見たことないのに、萩原君の顔がヨン様に見えてしまう。
これはまずいなとおもいます。
そのほかにも個性的な方々がたくさん。
全員が個性の塊になっての登場なので飽きません。
印象的なセリフも結構あったし、おいしいお食事も。
一番印象に残ったセリフ
「握手も本気でするといいものでしょ?」
思わずうなずきたくなりました。
女性が好きなものが沢山盛り込まれたかわいい作品です。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2010-10-03 23:55 | 映画2010

ひれかつ

d0020834_23195431.jpg

東横でワコールのセールをやっていたので母と一緒に久しぶりに渋谷です。
本当は久しぶり…でもないんですが。
「ワコールで買い物したら何かおいしいもの食べようよ。」
と母が言うのは母は東横で積み立てていた金券が満期で返ってくるからなんです。
月々1万円ずつ積み立てて1年間で13万円。
おいしいよね~。
何故東横で積み立てているかというと、このワコールのセールが好きだからです。
他のデパートで催されるセールよりも品揃えがいいんです。
実際は伊勢丹が一番すごいかもしれないけど、そこまで混んでないし。
適度で良いです。
欲しいものが出ているんです。
せっかくならばこの券で使えるところがいいというので久しぶりのまい泉です。
ひれかつおいしいんだけど…。
本当はここのかつ重が食べたかったんだけど、経営が変ったせいか値上がり!
黒豚かつ重になってて2500円とかしててやめた。
それで普通にひれかつ。
ごちそうさま~。

HPはこちら
by chikat2183 | 2010-10-02 23:19 | おいしいお店

「十三人の刺客」

「十三人の刺客」TOHOシネマズ日劇で観賞
d0020834_1835128.jpg
何かと話題の作品が次々公開になりますが、今年は公開後にしか見られないのでなかなか追いつきません。
何も、誕生日なのにこの作品を見るとは思ってもいませんでした。
トシをとったので最近時代劇も苦手ではなくなりました。
が!
どうもこの作品は無駄にチャンバラの時間が長いと思いました。
これ、もう少しチャンバラカットで2時間ちょっとに出来たような気もするのですが。
何が言いたいのかというと、画面が暗いので誰と誰が戦っているのかわかり辛いのです。
わからないという事は無駄に近いような気がするんだけど。
唯一悪役、の吾郎ちゃんですが、このバカ殿が、薄っぺらくて隙だらけなのになんで殺せないのか不思議でした。
吾郎ちゃんには荷が重すぎた感じ。
ボケっと立っている時は一番バカ殿っぽく良かったけど、口を聞いたら、下手さが際立つ。
とにかく役所広司が何をやっても上手なので、廻りが助けられている感じでした。
沢山の役者を使っているのにそれぞれのキャラクターが活かされている感じが無く、みんな同じに見えてしまいました。
伊原さんはかっこいいけど特に何の役目何だかわからず、山田君も同じ。
沢村一輝も。
古田新太は何のために出ているのかわからず、あーーーもったいない。
その中でひときわ目を引いた伊勢谷君のキャラが特別なものでした。
それと、市村正親はテンション抑えているけど、やっぱり濃すぎる。
時代劇にはそぐわない。
前面に出なければならない役なのにその為に吾郎ちゃんが余計に印象薄い感じ。
そのほか沢山の大物さんが出てますが、松方さんの刀さばきはさすが。
一番絵になってて安心できます。
とにかく戦って、血だらけで、嫌いな人はつらいだろうな。
2時間20分はやっぱり長すぎると思う作品です。
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2010-10-01 23:03 | 映画2010