人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「パリより愛をこめて」

「パリより愛をこめて」試写会 よみうりホールで観賞
d0020834_11523155.jpg

久しぶりのド ストライク!な作品。
何がストライクかというと、まずはトラボルタ、風貌からしてかなりエロい。
個人的にいえば「FACE/OFF」あたりからトラボルタが大好きになってしまっていまして、エロかっこいいアクションが大好き。
トラボルタは基本的に性格俳優なのでやらせればなんでも出来ちゃうわけで、最近②の線には出てこないよね。
まして、やってほしくないし。
その分アクションには期待大。
初めからはげしくやってくれるの楽しいのなんの!
リュック・ベッソンは自分で監督しているわけではないようですが、それはそれでよかったみたい。
彼のスピード感のあるアクションは好きだし、でもこんなに派手にドカン!ドカン!と打ちっぱなすところはリュック・ベッソンでは無理だった気がするのです。
相棒のジョナサン・リース・マイヤーズ。
彼も典型的な性格俳優だと思うのですが、トラボルタと一緒にいるとまだまだ影が薄すぎる。
勿論役の上でも潜入捜査官のくせにトロいのでそういう風に見えてしまうのかもしれませんが。
トラボルタが大きな体を揺さぶりながら追っかけるシーンは、かわいくてかっこよくて震えが来ます。(私だけ?)
トラボルタの俳優としての欠点らしき所はただ一つ、口調がやさしすぎるところ。
どんなに悪い役をやっても、今回のように有能な上司でダメな部下をしかる時でも口調がやさしいのよね。
そこが彼の魅力でもあるんですけど。
リュック・ベッソンと言えばはずせないカーアクションも初めて見たような、単純におって追われてというものではなくて楽しかったです。
意外と拳に力が入っていたような気もするのです。
ジョン・ウーなみの爆破しーんとか、リュック・ベッソンのテンポのよさ、トラボルタのカッコよさ、ストレス解消にはもう一度見たくなる作品かもしれません。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2010-04-30 23:32 | 映画2010

「クロッシング」

「クロッシング」ユーロスペースで観賞
d0020834_17461378.jpg

日曜日に1度映画館を訪れましたが、満員で「御立ち見」という案内だったので出直しました。
今日も、朝一の回なのに前方の数席しかあいていないと言われましたが、スクリーンがあまり大きくないので前から5列目でしたが違和感なく観賞することができました。

脱北をテーマにした作品。
監督はキム・テギュン。
彼の作風は明るくかわいいラブコメというイメージがあるんですが、これはさすがに暗く重たく切ない作品。
北朝鮮からの亡命がどんなに厳しい状況にあるのか、北朝鮮の社会がどんなものか。
考えさせられる事があまりにも多すぎます。
結果的になんでもお金なのか…と考える事もあるんだけれども、こちら側からは手を差し伸べられないもどかしさとかも感じられるのです。
ドキュメンタリーではありませんから、100%本当という事はないのでしょうが、そのまま信じてしまいたくなる事があまりにも多い。
ドキュメントとして広い世界に広めて知ってもらいたいというのが目的なんだと思う。
でも一般人にはどうしようもないのも事実。
是非とも国を単位にどうにか少しずつでも解決してほしい問題。
隣に座っていた父と同じくらいのオジサンはヨンスが脱北したときから泣き始めとうとう最後まで泣きっぱなしでした。
決して悲しいのではなく感動したのではなく、かわいそうに感じたに違いありません。
個人個人受け止め方は違うと思うけれども、作品としてよりも世界の実情を知るという意味でみておいた方がいいと思いました。
北朝鮮が舞台ということで、話す言葉は俗に言う朝鮮語。
今の韓国語と違って、ハムニダ体を中心にした言葉使いで、すごく丁寧ではあるが訛りが強くて聞きにくい。
それでも最近はドラマで少し慣れてきたからなまっているというのはよくわかるようになりました。
イントネーションがかなり違うのです。
今でも朝鮮語というのは外来語とか使わないので朝鮮独特の言葉が作られて使われているそうです。
その辺は聞きにくい原因かもしれません。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2010-04-29 22:33 | 映画2010

「90日、愛する時間」

韓国ドラマ「90日、愛する時間」第1~16話
90일 사랑할 시간
d0020834_1784448.jpg

キム・ハヌルとカン・ジファン。
この組み合わせ、どう考えたって明るいラブコメじゃないですか?
ところがこれが悲しい悲しい悲恋ときたら…。
といっても私としては全く泣けなかったわけです。
くらい話=泣くというわけでは決してありません。
究極の暗い暗いラブストーリーです。
この主演二人の全く笑わない(カン・ジファンは少しはほほ笑んだかなあ)演技に注目です。
高校時代の初恋の相手、事情があって別れた二人が大学生になって再会し、再び別れる。
更に結婚して再会し、お互いに忘れられない思いを男ががんで死ぬまでの3か月を一緒に過ごそうと努力する。
ある意味究極の不倫。
なのに、何故か美談になってしまうところが不思議。
スチールの画像は私が一番感激的にカン・ジファンがやつれていて、もう寿命が数日(数時間)しかないという病院でのシーン。
それまで、余命3カ月とか言われていたのになんだかずっと元気な男だったので、ちっとも病気という感じがしませんでした。
この最後の最後でやっともうすぐ死ぬという姿に見えました。
1年前ソウルでみた「7級公務員」の組み合わせだったので、すごくいい組み合わせだと思っていたのですが、そんなところで見慣れた感があったのだと思います。
映画は去年の公開ですが、こちらの放映は2006年?
そのあたりはよくわかりませんが、きっとこのドラマが良くて映画もそんな二人の主演だったんでしょう。
最初のハヌル嬢とジファン氏の高校生のシーンはいかがなものかといつも思うんだけど、韓国ドラマって、主人公たちに必ず高校生の役までさせてしまうのね。
高校生の頃のシーンは済州島で田舎っぽさが良く出ていました。
この作品と「ミスターグッドバイ」と2本続けて死にゆく男の話を見ました。
珍しい事だと思います。
恋愛もので男が死んでいく悲恋。
どっちがうまいかは別として、こちらも死んでいくシーンはほんの一瞬のスチールのシーンだけで美しく作っているなあと感心しました。
それよりも、ハヌル嬢の旦那の役の人、顔はイマイチだけど、こんな旦那世の中に存在するのか!
と、怒りたくなるようないい人で、そこはファンタジーの世界。
そして、半端でなくこの暗さはすごいよ。
自分も物凄く暗くなります。
by chikat2183 | 2010-04-27 17:04 | 韓国ドラマ
d0020834_16571264.jpg

不覚にも日本橋高島屋にアンリが入っていた事を知りませんでした。
最近婦人部会の夜の集まりのためのお菓子はずっとグラマシー・ニューヨークで買っていた気がします。
何気に高島屋のデパチカを歩いていたら、フォションのパン屋さんのあったあたりに見慣れぬ店があって、よく見たらアンリでした。
なので、急きょグラマシーをやめてアンリで買う事にしました。
これは定番のケーキですが、特別企画のサンドイッチ型のケーキもかわいかった。
私は、じゃんけんに負けたので定番のイチゴのショートケーキをいただきましたが、クリームが甘さ控えめでスポンジは少しきめが粗い感じ。
でもイチゴの甘さがスポンジとクリームによく合っていておいしく頂きました。

HENRI CHARPENTIER  
by chikat2183 | 2010-04-26 22:44 | おいしいTAKEOUT

赤坂「金太郎」

d0020834_16395849.jpg

日曜日の赤坂でランチを食べるのは意外と難しい。
何しろ、平日は1級の商業地でビジネスマンが行きかう国際的な町であるけれど、裏返せば平日の昼は人がたくさんいるけれども、休日や夜はあまり人がいないという事。
それでもこの前誰かが、平日の夜の赤坂は寂しくて歩けないと言っていました。
普通の人はそんな事はありません。
夜中でもライトが輝く明るく安全なところです。
なので、普段は飲食店も沢山ありますが日曜は大半が閉っています。
今日もどこかでは食べられるだろうと赤坂の繁華街に繰り出しましたが行きたい店はみんな開いていません。
そんなときに便利なのがリトルコリア・アカサカ。
勿論、この韓国料理店だって大半が閉まっているんですが、他の店を探すよりはあいている店は簡単に見つけられます。
今日のランチは赤坂「金太郎」で。
看板が見つからないと入りにくい場所ですが、個室のインテリアが伝統家具などが配置されすごくステキ。
今日はランチですが、豚とろをいただきました。
キムチ2種(ペクチェキムチとカクトゥギ 壺入り)チヂミ、ナムル、サラダスープ付き。
900円。
サンチェはありませんが、塩タレとさっぱり系のたれがとてもおいしいです。

YAHOO!グルメはこちら
by chikat2183 | 2010-04-25 22:26 | おいしいお店

「ウルフマン」

「ウルフマン」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞
d0020834_2236762.jpg

デルトロさま……。
好きなんです、デルトロさま。
はっきり言います。
どう見ても狼男ではなく猿の惑星でした!
ホラーというほど驚かされもせず、物語も単純なのでとにかくデルトロさまだけ注目してたんですが。
デルトロさまが狼男に変身するのが理由なんだか、セクシーオーラ全く感じさせず、あらま、どうしちゃったんでしょ。
更になのだ、デルトロさまが狼男になってもデルトロさまが猿の惑星狼男になった事すらわからない。
その点サー・ホプキンスはわかるのよ、サーだってことが。
目が語っています、「私はアンソニー・ホプキンスだよ」って。
デルトロさまを見に行ったはずが少しあてが外れました…。
でも、まああくまでも狼男の話なのでそちらがどうかといえば、それはそれで楽しんだわけで、デルトロ×アンソニー・ホプキンスだけですごい事なのに、狼男に変身させてしまったプロデューサーの手腕に脱帽です。
でも、狼男、相手がだれであれ殺しちゃうんだからそれもそれですごい話だよね。
しかし、何度もしつこいけど、もう少し狼男っぽくならなかったのかしら。
オーラを消して演技することが役者の本筋なのだろうか…。
決して存在感がないのではないんです。
デルトロさまはいつでもいつものデルトロさまでいてほしいと思っただけの事。
満月の夜は、狼男に気をつけましょう。
(気をつけても襲ってきます)
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2010-04-24 22:22 | 映画2010
韓国ドラマ「ミスターグッドバイ」第1~16話
미스터 굿바이
d0020834_2116143.jpg

最近廻って、来る韓国ドラマは有名な作品ではなくて、全く題名すら知らないものが多いです。
これもそんな作品。
ひょっこり誰かが持って歩いてたので借りたのですが、誰が出ているのかすら知りませんでした。
主演はアン・ジェウクとイ・ボヨン。
これまた話の始まりがラスベガス。
多いねえ!ラスベガス。
アン・ジェウクがまず何者なのかというあたりから、興味がありました。
ドラマの中のキャラクターの事ではなくてアン・ジェウク自身のこと。
多分映画では1本か2本見た事あると思うけど、あまり印象にないんです。
これではじめてじっくりみるという感じです。
でも、噂によると、俳優アン・ジェウクはラブコメが中心のタレントさんという事で、こういう悲恋を演じた事はなさそう。
有能なホテルマンの役でいつもピシッとスーツを着てかっこいいけどね、すごく日本人みたいな顔立ちです。
どちらかと言われれば整ったお顔立ちなんでしょう?
珍しく青いひげ剃り跡が気になっちゃったんですが、見方によってはセクシー?
でも、まあ、ストライクではないです。
死ぬ事がわかっているので泣かされるんですが、おもっっていたよりも私が泣かされたので合格です。
(役者として?)
心臓病で その有能な男もボロボロになっていくわけで、あんなこんな事が起こってくるわけです。
相手役のイ・ボヨン。
「ソドンヨ」のお姫様ですが、やっぱり美人じゃないんだけどキュートでかわいい。
あの、ポカンと口をあけた表情が男性はきっとたまらないんだと思う。
いつものように元気な役ですが、純粋に恐いもの知らずにその男を思い続ける、韓国ドラマではありがちな純愛ものです。
女も必死ならば死んでいくことが分かっている男というのはもっと恐いもの知らずなんだなあ。
ここで、精子バンクから買った精子で人工授精した息子って話。
なんか、どうなんだろう、自分の息子って頭ではわかっていてもそんなに急に愛せるものなんだろうか。
ある日突然に知らされて、父も子も幸せなんだろうか…。
この辺が一番重たいところ。
死ぬという事よりも生まれる事の方が問題が大きいと思いました。
子役の子がすごくかわいい。
多分、ロケに使われてるホテルはインペリアルパレスだと思うのですが、どうでしょう?
勿論泊った事はないんですけど、この先も地域が江南なので泊まる事はないと思うので見ていて楽しい。
ラスト、死ぬシーンが美しすぎる…。
by chikat2183 | 2010-04-23 21:10 | 韓国ドラマ

「第9地区」

「第9地区」 4/10 ユナイテッドシネマ豊洲で観賞
d0020834_14244469.jpg

映画としてはすごく面白いと思う。
このエイリアン、エビ型で、なぜエビ型かわからないけど、やっぱりバルタン星人に近いものがあると思います。
パクったとまでは言えないと思うけど、独創的でないというか、なんか見ていて違和感がない。
見慣れてる感じがしました。
言いたい事は、そうではなくて、この第9地区が南アフリカだということ。
サッカーW杯を盛り上げるためにそこを選んだのか、それともアパルトヘイトに反抗するためにそうしたのか…。
多分後者でしょう。
人間が人間より進化しているエイルアンを養っているって、イヤミとしか思えない。
だって、行政が入っているし、それで、人間の意思で卵とか潰してしまうってあり得ない。
エイリアン、猫缶食べてるし…。
そもそも、地球にエイリアンがいるという事自体、エイリアンが地球人よりもすべて超えているという事でしょう?
違う星から来ているわけで、あんなでかい円盤に乗っかって。
支配されている方が楽と感じているのか、遂行しなければならないミッションのためなのか…謎。
あの、主人公の彼は演技経験が殆どないらしいけど、すごく上手だと思いました。
自分がエビ化していく過程での不安な顔とか、すごい。
きれいなところがほとんどなくて彼の役はどんどん変化していく汚い役で、それこそ、有名な役者はあまりやりたくないんだろうなあ、と感じました。
エイリアン自体すごいけどエイリアンの子供はもっと賢くて、1度帰ってもまたいつの間にかもっと賢くなって地球に来るんだろうなあ。
やっぱい責められるよりも、共存が大切ですね。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2010-04-20 22:18 | 映画2010
韓国ドラマ「不良カップル」第1~16話
불량 커플
d0020834_13311584.jpg

ラブストーリードラマが好きな絵美ちゃんママが貸してくれた1作。
全く題名からして知らなかったので
「誰が出てるの?」
と聞いたらば
「リュ・スヨン、若いころのジュリーにそっくり。
でもやっぱりジュリーが素敵。」
というオハナシ。
全然わからなかったけど
「ラスとダンスは私と一緒に」にも出てる。
と聞いても全く分からず、誰?
DVDを見ていてやっと誰だか分りました。
ジュリーか?ん?
ところでこのリュ・スヨン、只今入隊中という事で私はすごくベテランなのかと思っていたけど実はまだ30歳になったかならないかという意外と若い。
「ラストダンス」はかれこれ8年ぐらい前の作品で実は彼は23~4歳だったのに随分と老けた感じのやくだったのです。
今回の役柄が全然若い。
この植物博士がまじめすぎるキャラクターでそのあたりラブコメ的な作りができなくなってしまったようで、前半は主人公のどたばたで笑わせてましたが後半は普通にコテコテラブストーリーに変ってしまいました。
絵美ちゃんママの言う「韓国ドラマはハッピーエンド」という鉄則があるので、この話も最後はあり得ないハッピーエンドなのだろうという予測はついていました。
偶然にもこの前に見ていた「スタイル」もこの話もファッション雑誌の編集長が主人公。
そしてこの主人公が前作では子宮筋腫、こちらでは妊娠と子宮がんというy同じようなエピソードを加えているのに全く違う描写なので面白かったです。
年上の編集長と言ってすごく高齢なのかと思えば31歳って設定なんだって。
全然高齢出産じゃないじゃない。
登場する3組のカップルとプラス2人の8人がメイン。
友人の夫役の人桑田サンのそっくりで笑える。
みんなが「ハンサム」って言ってたけどそうなの?
ハンサムの基準がわからない。(笑)
リュ・スヨンは確かにハンサムだと思うけどすごい猫顔だと思いました。
笑顔が美しい。
最後ね、がんも克服し、2度目の出産までして、え?という展開でしたが、韓国ドラマならばあり得る展開だと思いました。
実際子宮がんの治療ってどうなんだろう。
by chikat2183 | 2010-04-19 22:06 | 韓国ドラマ

赤坂「サムチュンネ」

今月の飲み会は赤坂で韓国料理。
赤坂サカスとは反対側でニューオープンしたお店。
地味なビルの2Fで更に地味なのに、夜はかなり賑やか。
ニューオープンのイベントなのかお値段もかなり安い、という事でここに決めました。
赤坂「サムチュンネ」
삼춘네とは、おじちゃんちという意味。
삼춘は主に父方の年下で独身に限られたおじさんのこと(を言うはず)
네は家
カムジャタンのコース飲み放題つきで4000円
d0020834_1250384.jpg

まずはおかず4品から
オイキムチ、ジャガイモ、サキイカ、韓国海苔の炒め物
d0020834_12501592.jpg

コースのナムル盛り合わせとチャプチェ
おかずはサービスで2品追加 かぼちゃのサラダとニンニクの芽
どれもかなりおいしい
d0020834_12502762.jpg

トッポキ
d0020834_12503932.jpg

サラダ
d0020834_1250524.jpg

海鮮チヂミ
d0020834_12511044.jpg

ユッケ
d0020834_12512757.jpg

カムジャタン 
d0020834_12514263.jpg

オプションのテジカルビ
d0020834_12515192.jpg

デザートは丸ごとイチゴ

実はこのほかにキムチの豪華盛り合わせがあったはずだけど一口も食べないうちに終わってた。
残念。
それから食事もビビンパか参鶏湯が出るはずだったのに、こちら側の手違いでカムジャタンのスープのおじやになってしまいました。
(白飯がほしいとだだをこねた方がいらっしゃったので)
そのほか、焼肉2品追加で4700円くらい。
韓国料理とイタリア料理は安くていいね。

予約の際、日本語があまり分からないというアジュンマが電話に出たので韓国語で予約したんだけど、あまり通じないみたいでかなり凹んでいたんですが、お店のサムチュンが
「韓国語で電話した人誰?」と聞いてきたので
「ワタシ…」
と答えたら
「おばちゃんが韓国語上手って言ってましたよ。」
良かった…。

ぐるなびはこちら
ただしお店の人にも言ったけど、ぐるなびも食べログも地図が違っているらしいのでお店に確認してから行くことをお勧めします。
by chikat2183 | 2010-04-18 01:42 | おいしいお店