人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1999年/韓国 原題/화이트 발렌타인
d0020834_1151598.jpg

ジョンミンは小学生のころから自分の歳を偽り、ヒョンジュンという大人の男性と文通を続けていた。しかし彼女の住む町を訪ねてきた彼に会うことができず、文通もそれっきりになってしまう。時が過ぎ、20歳になったジョンミンは、おじいさんの本屋の手伝いをしながら、好きな絵を描いていた。その町にヒョンジュンが越してきて小鳥屋を開いた。彼は多忙な日々の中で恋人を失い、心に傷を負っていたのだ。2人はかつての文通相手とは知らずに、一羽のハトを介して再び巡りあっていく…。

『猟奇的な彼女』で日本の男性ファンの心をつかんだチョン・ジヒョン。本作では当時高校生だった彼女の映画デビュー作ということもあり、初々しい彼女の魅力が堪能できる。文通だけで顔も知らない相手への片思い。伝書鳩によるメッセージの交換。メールや携帯で連絡を取り合う今からすれば、まるで70年代のドラマのような古風な筋立てで、とても5年前の作品とは思えない。

ただしそれは、田舎町の古風な佇まいの本屋、雪が舞う静かな駅前、「引き」のロングショットを多用した画面構成などを選ぶことにより、この物語の世界ではあえてノスタルジックで古風な味わいを演出しようとしたからだろう。17歳ながら20歳の役を演じているチョン・ジヒョンの魅力はまだ全開になってはいないが、ファンにはその初々しさが見られるだけでうれしいだろう。
映画生活より

17歳の現役高校生だったチョン・ジヒョンは今とのイメージもほとんど変わりなく、清楚でカワイイ。そしてどこかで見たことのあるようなシーンが、このチョン・ジヒョンは将来絵本画家になるのですが、そのために絵を描いているシーンがたくさんあって、「デイジー」のヘヨンと重なって、現在と過去がみられていいです。
1999年の作品とはいうものの、とてもアナログなファンタジーといった感じで、使われるツールが文通であるとか、伝書ハトであるとか現在では考えられないけれども、日本でも最近の昭和のノスタルジー作品が数々つくられているのだから、約10年前の韓国でそんな世界があったというのも納得のいくところ。相手役のパク・シンヤンが少々ロンゲで今の彼のイメージを持っていると??と思うほど化けています。そしてちょっとヲタクさんっぽい雰囲気を出しています。ちょっとみるとパク・シニャンではない感じがあります。韓フェスでみた「手紙」のパク・シニャンとほぼ同じ時期なのにこんなに違うってすごいね。この後、「四人の食卓」でこの二人は共演するのですが、一体パク・シニャンって何の役だったんだろう。
このパク・シニャンがいる小鳥の家という小鳥やと隣のCDショップ。こちらは「音楽店」って看板なのにCDショップって訳されてた。一応日本では2004年に公開されているようで「猟奇的な彼女」のヒットで公開したのでしょうか。ちょっと物足りなさはあるけれど、心に余裕をもって鑑賞したい作品。
by chikat2183 | 2007-10-31 23:15 | DVD

「木浦は港だ」

2004年/韓国 原題/목포는 항구다
d0020834_0133831.jpg

ソウルから麻薬犯罪を捜査するためにヤクザの街とも言われる港町・木浦(モッポ)に訪れた刑事スチョルと美人検事ジャギョン。スチョルはまんまと組織に潜入し組長ソンギの子分となって出世を続けるが、そんなある日、スチョルがジャギョンに新たな捜査情報を話しているところへ突然ソンギがやってくる。驚いたスチョルは咄嗟に彼女を自分の妹だと口走ってしまうのだが、ソンギはひとめで彼女に恋をしてしまう・・・。

韓国では“チャ・インピョ・シンドローム”とまで言われるほど人気を誇る正統派イケメン俳優チャ・インピョ、実力派俳優として知られる『悪い男』のチョ・ジェヒョン、さらに『マイ・ボス マイ・ヒーロー』のセクシーな美人教師ソン・ソンミ競演!『恋する神父』のスタッフが贈る、韓国200万人動員の大ヒット・ラブ・コメディ!(映画生活より)


某韓流ファンに韓国映画の中でダントツに面白いといわれ借りてきました。ヤクザと刑事のドタバタコメディなんですが2005年の韓国では200万人の動員だったとか。やっぱり韓国と日本では好みが違うと思うんです。どちらかというとアメリカ好みに感じるけど、もっともっと小学生が喜びそうなシモネタだらけのはなし。(相当汚い)それなのに何故か、ラストはシリアスなんです。で、結局私の好みではないというか、ヤクザの話はどうも内容についていけなくて苦手だし、ドタバタコメディって言うのもちょっと合わないんです。だからそれほど面白いとは思えませんでした。全く笑えなかったの。それなのにこの主題歌だかなんだか演歌のコブシがくるくる回る「モッポはみなと~~~~だ~!」みたいな曲が耳に残っちゃって、いまだ、抜けずにこまっています。どうにかしてほしい。
でもほほえましいと思ったのはこのヤクザの親分さん、趣味が映画鑑賞でみている映画は「8月のクリスマス」とか「猟奇的な彼女」韓国映画の名作って感じの作品で私でもわかるところがミソ。これは監督さんの好みなんでしょうね。監督さんも普通の嗜好の人なんですよね。
そんな好き、キライのはっきりするような作品で、私は別にみなくてもよかったかと思うんですが、ゆうばり映画祭で賞をとるほどの作品なんです。ヤクザ映画で言葉もあまり聞き取れなかったし。
by chikat2183 | 2007-10-30 23:45 | DVD
「ノートに眠った願いごと」試写会 よみうりホールで鑑賞
d0020834_20552543.jpg

韓フェス終わったら、韓国映画久しぶりに感じます。たった1ヶ月しか経っていないんですけど。原題「가을로」普通に日本語にすれば「秋へ」となりますが、一般から邦題を公募したらしいです。トンチンカンではないにしてもちょと違う気がします。秋の韓国旅行記みたいな映像なので「秋」という言葉入れてほしかったと思うのです。まだまだ未熟な私なんですがずっと「カウルロ」って発音しようとしていたけど、そんなによおおおおおく考えなくてもㄹㄹ(アルファベットで「RR」)があるから「LL」に変化して「カウッロ」って発音になるのよね。この1ヶ月韓フェスで予告が流れるあいだずっと思い込んでいたのにあっさりと…、おばかでした。(それでもここまで理解できるようになったこと、褒めて!)
映画は1995年に実際にソウルで起こったデパートの崩壊事故をもとに描かれていますが、ストーリーはその事故でなくなった女性の好きな韓国の景勝地を旅行してみてほしい(新婚旅行でいきたい)という願望が描かれています、主人公にはユ・ジテとキム・ジス。事故から10年後の旅なんだけど、ユ・ジテ演じるヒョヌがちっとも10年経ったことを感じさせないのはどういうことなんでしょう。さらにこのヒョヌって男、検事さんになったらしいんだけど、敏腕らしいがいい奴だか悪い奴だかちょいとわからん。車の運転など荒すぎ、怖くて乗れない、自分で運転したくなったし。まあ、ラブラブな方向からいえば職業上どんな性格であろうとどうでもいいことなんですけどね。そんなちょっとどうよ。(そんなちょっとどうよ=急に韓作文しちゃったけど「그게 좀 어때요?」って?ホントかなあ)などと思ってしまったわけです。
しかし、韓国の秋も日本の秋に引けを取らず美しいです。そしてここでまた思ってしまったわけ。夏前に「韓国の秋の空は本当に美しいですよ。」(=한국의 가을 하늘은 정말 아름다워요.=ハングゲ カウル ハヌルン チョンマル アルムダウォヨ。)こんな文章勉強したんだわ!
かなり忘れてますけど。これもどうでもいいことなんですけど。最近韓国映画みながら、そんな文章を思い出したりして、うなされてます。狭い範囲の景勝地カと思ったらこれがなかなか広い範囲で驚かされました。行ってみたいようなみたくない様な。さすがに言葉が通じないとつまらなそうだから行ってもダメかも、なんて思いながら、韓国を旅する雰囲気で楽しむ作品でした。PTSDの女性を演じたオム・ジウォンは、「놈、놈、놈、」(チョン・ウソン、イ・ビョンホン共演で話題のいい奴、悪い奴、変な奴 略して「奴奴奴」っていうらしい、놈=ノム=奴)に出演しているらしいです。あの女の子も自分を癒す旅であの男と出会ってしまったって、なんてハッピーエンドなの!
事故現場で自己紹介をするシーンでキム・ジスが確かに라고て単語使ったんだけど、根本さんの字幕は普通に「○○よ。」だったのはちょっとショック。そんなに深く考えることではないんですけどね。

★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2007-10-29 22:36 | 映画2007

ジェルプロテイン

化粧品の話題など。
d0020834_8463028.jpg

d0020834_981263.jpg

家族が勤める某大手石油会社で開発した、美容液、ジェルプロテイン。先日、試供品をもらって試したところ、お肌つるつるしっとり感が味わえましたので母とともに早速購入。石油会社で開発といっても原材料が納豆なのできわめてナチュラル。(石油系のものは使ってないですよ。)
来年は日本最王手S堂がこの製品を自社製品として売り出すそうですが、お値段は約、「倍」
10000円ほどになるといううわさ。それじゃあ今買っておくしかないということで、社販で買ってもらいました。この製品のネットでの購入価格税込み、50g 5040円のところ年内約3割引。これはお徳。次回お会いしたときに違いを感じて!(ホント?)
by chikat2183 | 2007-10-28 22:31 | お買い物
ご近所の皆様との会食。つい最近のリビング紙でまた見つけましたので、お台場まで足を伸ばしました。ホテル日航東京。しかしー、台風です。この視界の悪さ。風の強さ、お台場へ行くには悪条件がそろいました。が、ランチですから…、結婚式の人たちは本当に悲惨です。みていてかわいそうになりました。
ランチは中国料理『唐宮』です。なんでもこのリビングのランチ、まずは和洋中、3つのレストランから好きなところを選べる。イクヨさんに相談したところ『中華!』という一言で決まり。ホテルの係りの方が言うには「中華レストランは、羨望が余りよくありませんからご了承ください。」とのこと確かに外に見えるのは向かいのワシントンホテルなんだよね。
d0020834_18501984.jpg
前菜
d0020834_18503119.jpg
スープ フカヒレとカニの卵のスープ 濃厚でおいしい!
d0020834_18504266.jpg
点心(精進揚げ2点) 大根もちとウニの変わり揚げ
d0020834_18505674.jpg
鶏肉と野菜の細切り炒め
d0020834_1851721.jpg
エビのマヨネーズ炒め
d0020834_18511938.jpg
トビ子の入ったチャーハン
d0020834_18512858.jpg

チャーシュー麺

ここまでが中華のランチコース。これだけでもおなかは結構膨らんでいるんですが、やっぱりデザートが足りないわけです。そしてこのコースの目玉、平日ケーキバイキング、土日アフタヌーンティーがセットになっているんです。そして気になる料金は、税込みサービス料別の3990円。
『ベランダ』に移動すると、まさかこんなに本気でアフタヌーンティー3段重ねが一人一台ついてくるとは思いませんでした。こんなに食べられるのか心配でしたが、やっぱりケーキは別腹といううことでいけちゃうわけです。

d0020834_18521813.jpg
コーヒーだけは315円で別料金なんですが、それでもお変わり何度もしちゃって、10種類のスイーツで、これでもか!って感じでしたが、台風の午後の優雅なひと時でした。
d0020834_1852552.jpg

更に先着200名という500円分のパスネットも一人一枚ずつGET、300%満足のランチでした。
なおこの企画、10月31日まで「リビングをみた」といえば用意してもらえるはず。まだ間に合います。急げ!!
by chikat2183 | 2007-10-27 18:52 | おいしいお店
d0020834_18163865.jpg

やっと届きました。妹から誕生日の母へプレゼントだそうです。高島屋にあるフルーツパーラーレモンから『グレープフルーツゼリー』です。
やっとというのは、実はこの商品は出荷に制限があって、賞味期限が短いため、確実に受け取れる日を設定しないと発送してもらえません。先週の日曜に届くはずだったのですが、何故か届かず、月曜日にヤマト便で届いたのでおかしいなと思い色々聞いたのです。私は日曜に届くということをすっかり忘れていたのですが、母はシッカリ覚えていて夜の8時過ぎになって「おかしいわねえ、来ないじゃないよ!」ということに気がつき、既に高島屋は閉店時間。そのためヤマトの案内センターに電話して、諸事情を告げたところ「調べます。」とのこと。しばらくしてから、母宛に「お荷物は見つかりません。」との連絡が入ったということでした。じゃあ、きっと日にちが間違って覚えていたのかと思っていた矢先に到着。荷物にはしっかり{日付指定10/21限}となっていたんです。そんなことでどうしたらいいかわからず、取り急ぎ高島屋に電話、事情を説明したところ、ヤマトの責任ということになって、再度日にち指定で新しい商品を送るということになりました。(日にちを過ぎたものはヤマトが引き上げに来ました。)そして今日です。
こういう、生のグレープフルーツゼリー、千疋屋にも高野にも、サンフルーツにもあるんだけど、私はここのが好きかな~。ゼリーのプルプル感がなんともいえません。
それにしても、ウチには6人いるのに5個とはどういうこと?と多少の疑問はありましたが、母いわく、「金額の問題でしょう?」ということで決着がつきました。「多分1個800円ぐらいするので、送料コミで5000円越えちゃうからよ。」って。そうか、ご相伴に預かり感謝です。おいしゅうございました。
by chikat2183 | 2007-10-26 22:10 | おいしいTAKEOUT
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」試写会 よみうりホールで鑑賞
d0020834_02518.jpg

年末に向かっての期待作はこの作品と思っている人もたくさんいると思います。前作が思いもよらぬ大ヒットの秀作だったので続編がこんなにも早く出来上がりました。確かにこれは「続」なんですよ。2作めとおもってみてはいけません。連ドラの第2話という気持ちでみていないと、どうしても前作と比較してしまうのが悪い癖。出演者も新しく加わった人たちもいましたが、皆さん同じ役柄で出演。比較しちゃあいけないと思いませんか。時間は前作から4ヶ月後という設定らしいですが、既に完成した東京タワーが東京の空に聳え建っていました。そして今回はその東京タワーの展望台に上ったり、羽田空港、東京駅、日本橋、数寄屋橋の日劇など当時のままに再現されていて昭和の東京も風情ありますよ。あのころから三越の包装紙はあれだったか、とか、日劇で六ちゃんが見ていたのはウエスタンカーニバル?(そんなころからやっていたのかしら?)都電や車もCGやVFXが本当にすばらしく、本物を見ているようでした。昔は飛行機もあんなだったのね、なんて思ったり、羽田空港は今の国際線に使われているあの建物で、当然のことながら、飛行機に初めて乗ったのは大学を卒業するころからで、当時、国際線も国内線も全部羽田からだったなんて忘れていました。空港=成田という感覚ですよね。(最近韓国行きの路線は羽田なので最近のほうがよく行くんですよねー。)遠足(見学?)に羽田空港にいった記憶があるんだけど…。(写生会かな?)
今回のテーマも家族なんだと思います。離れ離れになる本当の家族とか、他人同士でも家族になれるとかまあ考えさせられることもなくはないですがあまりそんなことにこだわらずみたほうが気楽でいいと思います。カメオで出てくる出演者にも注目、大勢いました。そして泣くもんか!と思いながら泣かされました。あの女の子に泣かされるとは思いませんでした。やっぱり子役たちにはやられます、覚悟してみましょう。笑いもそこそこにちりばめられちょっと長いですがそんな長さもあまり感じず昭和を堪能してください。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2007-10-25 23:10 | 映画2007

「キャンディ」

「キャンディ」シャンテシネで鑑賞
d0020834_23172021.jpg

前から気になっていた作品ですが、残すところあと3日で公開終了なのです。シャンテシネで毎日最終回だけの上映になってしまっているので危うく見逃すところでした。
そして思っていた内容とは大分違うストーリーで、どうしようもなくみていて辛くさえなる話なのになぜか飽きない。人の不幸は蜜の味っていうか、そんな感じなのかな。ちょっと、ヒースという名前に惹かれているところもあったかもしれないし。ヒースね、どうしようもないダメ男でいつものような精悍な美しさはないんだけど、どっちかというと普通っぽい。ヤク中なんだからあんまり綺麗じゃおかしいと思うけどやっぱりかっこいい。相手役のアビー・コーニッシュがやたらかわいくて、映画ってやっぱり美男美女があってこそ成り立つのかって思いました。こんな暗くて思い話、汚い男女じゃ見ていられないというのが本当のところだと思います。
この若い男女がクスリにおぼれて何でもありの人生が描かれているわけですが、この二人実際クスリがなかったらどうなっていたのか興味を持ったし、相手のことを思いやる気持ちって少しでもあったのだろうかと真剣に考えちゃったわけです。とにかくクスリを買うために盗むし、売春すらさせる。そこまでやってもまだクスリ…、人生終わっちゃっているなあとしかいえない状況。更に妊娠、流産。マジに思いました、生まれなくてよかったと。子供の将来も不安だし、クスリに頼る不安定な精神状態も子供に与える影響は大きいと思うんです。とにかく、こんなどん底、ちょっとやそっとじゃみられないと思いましたが、クスリが買える状況にあっただけ彼らは幸せを感じなければいけなかったのかもしれません。
クスリって怖いですよ!やめるとかやめさせるとかじゃなくて興味を持たないようにしないといけません。R-15に指定するよりどんな人生になっていくのか子供たちに見せたほうがいいんじゃないのかしら。
ヒースの首筋の「ず」というタトゥーがものすごく気になったんですが…。必要以上に多かったキスシーンのおかげでちらちら見えるヒースの首。なんで「ず」なんだ?
by chikat2183 | 2007-10-24 23:04 | 映画2007

「少女と泥棒」

2002年/韓国 TVドラマ 原題/소녀와 도둑
d0020834_20252428.jpg

1話完結のドラマとは知らずに借りたDVD。映画の題名だったら大体わかると思いますが、日本未公開の映画のDVDがと思ったのでした。が違ってましたね。ドラマシティって枠は韓国での1時間半枠ドラマで、1話完結と主人公が売れっ子俳優を使うということでかなりの視聴率をとっていると聞いています。
この作品も김래원(キム・レウォン)という俳優名で借りてしまったもの。たまには韓流おばばとしてドラマもいいのではないの?尺が短くて手ごろだし。2002年の作品なので5年も前なので彼も若いです。20歳の泥棒の役なんですが、『ちっちゃなころからワルガキで、15で不良と呼ばれたよ…』ってどこかで聞いたことのあるような歌詞にありそうな役なのですが、キム・レウォン何とも品があるのであまり不良にみえないんですよ。反対にお嬢様役の女の子、こっちの子のほうがツッパリって感じに思えちゃいました。自殺未遂の女の子の命を救ったことが縁で、この泥棒さんが彼女のボディ・ガードとなりお互いに心を開いて生きる道を開いていくってお話なんです。ラブストーリーではありません。生まれも育ちも間逆な二人がどうやってお互いの心を開かせていくかがストーリーのポイント、キム・レウォンのアクションとバイクのシーンがみどころ。ドラマってこんなものなのねと妙に納得してしまった作品でした。

言葉聞いててもね、わかるようなわからないような、ビミョ~なんですよ。語尾がはっきりしているのでわかる気がするけど結局わかる言葉ってあまりないんだけど、所々に聞き覚えのある響きを感じるんですよね。主人公の女の子スーって言う名前なんですが、兄嫁はずーっとアガシ(若い女の子を指す)って言ってて、オーラスのきめ台詞「오빠!(オッパ!)」だったのに字幕は「ダーリン」だった。なんかちょっと恥ずかしくなりました。

2002年のドラマなのでKOREAのサイトに入り込んでも古くてスチールが探せませんでした。それでもどうにかこうにか探し出した1枚。努力の賜物。
by chikat2183 | 2007-10-23 20:47 | DVD
2004年/韓国 
d0020834_22423684.jpg

TVでお天気キャスターをつとめるジンス(イ・ジョンジェ)が、交通事故に遭う。職場に復帰した後も、心のどこかに大事な忘れ物があるような気がして、落ち着かない。どうやら部分的な記憶喪失を患っているらしい。フラッシュバックする幻覚や、事故当時の状況から、愛する女性の存在が明らかになる。けれど、その相手が誰なのかは見当もつかない。そんな時、親友サンインの別れたばかりの恋人で、大学時代のサークル仲間ヨニ(チャン・ジニョン)と偶然再会する。

人間は、忘れ去ってはいけない大切な記憶を自らの力で必至に取り戻そうとするらしい。無くしていいものは、忘れ去って行く。そういう風にできているのだと、医師はジンスに告げる。彼にとって、大切なのは、大学時代から思いを寄せ、「虹」と呼んでいた髪の長い女性にまつわる記憶だ。

かつて、愛する人に気持ちを伝えそびれたジンス。ほんの少しのタイミングのずれで、恋の行方は大きく変わってしまう。それでも、出会うべき恋人たちは、年月を経て、再会できる。そういうロマンティックな運命を信じたくなるラブ・ストーリーだ。オクテの大学生から、オトナの男に成長するジンスを誠実に演じたイ・ジョンジェが披露する“踊るお天気キャスター”も一見の価値あり。


DVDを借りるのに相変わらず役者で決めてしまうのが治りません。で、ジョンジェ씨主演の作品です。ウソン씨の盟友ですのでどんなお仕事か興味あります。ジョンジェさん素敵だわ。韓国語の講座でも会話教室でも、ジョンジェさんとても人気あるんですよね。
オズの魔法使い「オーバーザレインボー」の曲や「雨にぬれても」というお天気にかかわる名曲にのせて、大学生時代の淡い初恋探しをするラブストーリーですが、ラストは見え見えですが、なんとも純愛で、もどかしいですが、少々サスペンスタッチだったりミュージカル風に踊ったり。しかしこれがわざとやらせているので下手で、そしてかわいくて、思わずクスっと笑ってしまいます。「雨があがったときに愛がやってくる」=虹。ちょっとロマンチックすぎるところはありますが、そこそこに楽しめる作品だと思いました。

ジョンジェ씨とウソン씨が経営し、モデルを務めるD’URBAN KOREAのサイト、オープンしたようです。素敵な二人のイメージフィルムからメイキングフィルムまで割りとたくさんありますので、隅から隅までゆっくり堪能してください。
よーくみると、色々な方が出ていますので楽しいですよ。
by chikat2183 | 2007-10-22 22:41 | DVD