人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2007年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「プラネット・テラーinグラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC4で鑑賞
d0020834_19483145.jpg

女は強くて美しい!!
ロドリゲス監督やり放題。製作サイドの楽しみ方が観客にも間違いなく伝わってきます。ゾンビ映画ってほとんどみたことないんですが、これは遊びってわかっているのでゾンビたちも全然気持ち悪さもないし、みんないいキャラしていました。そんなゾンビもあの美女たちの活躍で片っ端からやられていくし、気持ち悪いはずのシーンもかっこよくみせてくれちゃうので不快感がありません。まわりの外人さんたちはこれまた微妙なところで笑っているし、これって台詞で笑わせるよりも画面で笑わせていたみたいです。もちろん1970年代のリスペクトだからフィルムを汚く雨をふらせている技法は「デスプルーフ」と同じなんだけどそのB級さ加減が半端でなくつくってあるのでおかしさが倍増。タラちゃんは意外にも出番が多くそれでいてひどい役なのにインパクト大きすぎます。
女性たちの働きは片足マシンガンで撃ちまくったり、注射をダーツのごとく投げたりとにかくかっこいい。「デスプルーフ」の爽快さと比較すれば絶対的なかっこよさ。個人的にはこっちのほうが楽しめたかなと思いますが、グラインドハウスで2本続けて見ることができたら、大満足な1日を過ごすことができるのに、特別上映みたかったな~。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2007-09-30 19:46 | 映画2007

江戸天下祭

江戸天下祭に参加しました。参加=見物ではなくて、参加=山車を引くです。このイベントは千代田区が主催していてなんとGTFにも…なのですね。知りませんでした。
山車や神輿に千代田区内の参加が多いのもそのためらしいですが、ほぼ地元にいる私たちにしても、こんなイベントが日比谷公園で催されているとはちっとも知りませんでした。今日は地元代表のお誘いで参加。とにかく半纏をきて「行け」ば老若男女誰でもOKということですがそれでも名簿の中に名前が入っていたので誰か登録しておいてくれたんだなと。
○○さん 女という登録。私たちは4人で行ったんですが、それでも登録されているといないは大違いで、お弁当、お茶、手ぬぐい、交通費が出ましたの。4時の集合で5時出発で9時までだって。何でそんなにかかるのかと思ったけど、あれじゃあかかるのも納得でした。警視庁の交通整理と、山車の渋滞、信号待ち…。
自慢の山車が15機ほどとお神輿もそれぐらい出たらしいですが、いつもならギャラリーで見る立場なのに今回ははじめてみられる立場となったら、いつもと感覚が違うということも知りました。人のいないところで山車を引くのってなんとも寂しい~。と感じた皇居前でした。
by chikat2183 | 2007-09-29 22:05 | 東京

「ローグアサシン」

「ローグアサシン」中野サンプラザで鑑賞
d0020834_8352878.jpg

上映終了後の感想、なんか悲しい、虚しい、そして笑える~。たぶん、始まる前の予想をこうも覆されるとは思いませんでした。この先超ネタバレです。
誰でもアクション映画というのはわかるところ。しかし、きっかけは日本のヤクザとは思わないでしょう。アメリカに上陸したことのないヤクザの親分の部下たちがアメリカで…、って、変な日本がまたまた登場。その前にジェイソン・ステイサムのヘンチクリンな日本語には爆笑です。ギャクです。ジェイソン・ステイサムが出てきた事で作品がB級になっちゃう事ってありえるのかも知れません。ジェット・リーのアクションを楽しむ作品だと思っていたのに、ピストル持ったり刀持ったり素手じゃないし悪役じゃん!ってジェット・リーって悪役やるんだ!と思いながらどんどん作品は進んでいきます。ちっとも親子に見えない石橋凌とデヴォン青木。日本語しゃべれないはずのデヴォンが普通に日本語しゃべっています。口の動きと言葉が合っているんだけどどうみても吹き替え。彼女のアメリカバージョンの日本語もちょっと変です。口の動きにあわせてふきかえているので台本変えられないんですね。日本人たくさん出ているんだし、スタッフだって絡んでいるんだからもう少し手直ししてあげればいいのに、と思ったけど、世界中の人が日本ってこんなところって思ってて、アメリカからみれば日本のシェアなんて気にしてないってことなのかもしれないとも思ったり。ケイン・コスギはヤクザの部下でほんのチョイ役で、彼は崇拝するジェット・リーとの共演を楽しむだけに出たのかと思ったけど、二人が絡むシーンもあまりなし、ケインのアクションはあまりみられません。
素手でのジェット・リーのアクションは少々物足りませんが、まあ、最後はどんでん返し、納得の成り行きとなりました。小道具を持ってもジェット・リーのアクションは動きが早いです。目がついていきません。
最後に、どんなに顔を整形しても、身長とか肉付きとか体形は変えられないと思うんですが…。けちょんけちょんにしているようですが、それでも終わったときに楽しめたんだな!って思います。アクション映画って内容わからなくても成り立っちゃうってことですね。
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2007-09-27 23:16 | 映画2007

雑感

韓国語会話 初級Ⅰのコースが終了しました。来週からはⅡが始まるんですが諸事情より受講しません。といっているうちに別の方々からの受講申し込みで満員締め切り。キムソンセンニムが「普通は同じ人たちがずっと取っていくのに、このクラス半分ぐらい別の人が入ってきて変!」というコメントでした。最終回なのに16人いるはずの受講者も8人、そのうち半分が来週は来ない、って先生も多少困惑気味。はじめは、夏休み中に韓国語を忘れないためにとったはずのこの講座。テキストに沿ってはいるものの、進みがものすごく速いのです。どうも予定より先に進んでいますもの。私としてはこの先、1月開講の同じ講座申し込んであるのですが、先生は「13、14課ぐらいまでいってるけど過去形できれば大丈夫だからついていらっしゃい。」とおっしゃられまして、私、もしかして過去形これからだわ。クォンソンセンニムにすべてかかっているわけ。
この二人のソンセンニムの表現方法がまったく違うというのも面白いところで、たとえば自己紹介にしても
クォン先生「처는 ○○입니다.」私は○○です。
キム先生「처의 이름은 ××라고 합니다」わたしの名前は××といいます。
トイレの場所を聞く場合
クォン先生「화장실 어디 있어요?」トイレどこにありますか?
キム先生「화장실은 어디에요?」トイレはどこですか?
どうでもいいことなんだけど、それぞれの使いやすい言葉ってあるんだなーって感じるわけです。
語学、基本的でも奥が深い。
by chikat2183 | 2007-09-26 22:11 | 語学

「愛なんていらない」

韓流シネマフェスティバル「愛なんていらない」シネマート六本木で鑑賞
d0020834_0291762.jpg

ムン・グニョンかわいい~!!!こんな子娘にほしいと思うのは私だけではあるまいと思います。さすが韓国民の妹。絶対に美人系じゃないんだけどお目目パッチりでとにかく愛くるしい。
またしても日本のTVドラマが原作。主演は渡部篤郎と広末涼子だったそうです。が、そんなドラマがあったこと今回もまったく知らず。(ホント、たまにはTVみろって。)
相手役のキム・ジュヒョクってはじめてみたんですが、ホストはぴったりはまっていました。
ドラマとしてよくある盲目の女の子の身内のふりをして騙すんですけど、死んでしまう子を周りみんなで騙して、味方が誰もいないってわかったらなんだかね、ホストが殺されるのも解ったし、それなのに!ラストスッキリしないんだな。死後の世界?中天行っちゃった訳かしら。
ドラマとしてはこのホスト、悪い奴なのに目が離せないところが上手に作ってあると思いました。
お金や財産がたくさんあるって罪なことなんですね。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2007-09-25 00:29 | 映画2007
d0020834_23194967.jpg

森タワーのヒルズクラブで一度食事をしようということになっているNさんから「時間が空いているから行こう」というメールが入ったのでとりあえず行ってみましたが、51Fにヒルズクラブの前までは行けたのに、ヒルズクラブ自体があいてない。ということはやっぱり一般人入れるのやめちゃったのかな、会員制だから仕方ないんですけどね。昨日、このヒルズのトゥーランドットが閉店していることを知りかなりショックでしたの。それも3月いっぱいで閉店してたんです。私、こんなにヒルズ通いしてるのにちっとも知らなくて、いかにヒルズで食事してないかってことですね。で、Nさんお勧めの『テンイッポウ』で土鍋飯、休日のみのセットで 1500円。サラダ、点心(水餃子3個)土鍋飯か土鍋麺のチョイス、杏仁豆腐です。この写真は野菜の土鍋飯。この店ではめずらしい塩味。そして坦々麺。
d0020834_23231850.jpg
いつものように半分ずつ食べたわけ。お店のスタッフのお勧めでこい~味の坦々麺に対してあっさり味の野菜味がいいと言われたのです。ひとつの土鍋で結構なボリュームですので満腹です。杏仁豆腐も濃厚系でめちゃおいしい。

六本木ヒルズのサイトはこちら

で、その後若い人たちも来るというので、久々に『アフタヌーンティー』でお茶を。コーヒーばかり1日に何杯も飲む昨今、紅茶は癒されますね。
d0020834_23312612.jpg
きょうはダージリンジャスミンをチョイス。いつもなら完全にアールグレイに行っちゃうところですが、癒し系にしてみました。ところが私、鼻が利かないらしくてジャスミンがにおわない。ほかのみんなは「におうよ~」っていっているのにダージリンしか感じなかったんですけど。
by chikat2183 | 2007-09-24 23:37 | おいしいお店

「ミス・ポター」

「ミス・ポター」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC6で鑑賞
d0020834_2254916.jpg

レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーって何か共演してたよね、って思いながら連れに聞いたら「え?」だって。2003年「恋は邪魔者」かわいかったこの二人の組み合わせ。で、今回もおそらく安心してみていられる作品であろうと誰でも察しがつくところで、ドラマとしてもよくできていたし、景色がきれいだし。100年前のイギリスでも女性は結婚という考え方だったんですね。彼女が親の言いなりに誰かと結婚していたら、ピーターラビットはこの世の中に存在してなかったということです。大学4年生の卒業旅行でサン・フランシスコへ行ったときに片田舎の小さな本屋さんでオリジナル本が並んでいるのをみつけその中から3冊ほど買って帰ってきたのを覚えていますが、そのオリジナル本は一体どこへ行ってしまったのでしょう。かなり前の話なので探しようがないのも事実。レニー・ゼルウィガーは32歳というにはちょっと老けてたけどいつもながらキュートでかわいかったです。どうしてもブリジッド・ジョーンズと重なっちゃうのはどうしようもないところ。エミリー・ワトソンと並ぶと彼女が小柄だっていることがよくわかります。ユアン・マクレガーは意外とあっけなく出番が少なかったけど彼の歌が聴けたのはとってもうれしかったです。おそらく彼女はあの厳格な家で育ったからこそあんな作品がつくれたんだろうと想像できました。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2007-09-23 22:05 | 映画2007
「サイボーグでも大丈夫」新宿武蔵野館で鑑賞
d0020834_19492473.jpg

2~3週間前からピのファンであるハルコさんに一緒に行こうって約束してあったのですが、お彼岸のためお墓参りなんかあって今日実行です。が、金券ショップで株主券を買って劇場に着いたら、「お立ち見」の張り紙が!せっかくきたんだけどと悩んで、一応受付に問い合わせると、前のほうで並ばない席だったら大丈夫との返事でしたので、また日にちを変えて出直すのも面倒なのでみて行くことにしました。普通の韓流映画と違う客層でした。多分、この映画に限っていえば韓流ファンというよりも映画ファンというよりもK-POPファンが来ているんでしょうね。
パク・チャヌク監督の最新作はファンタジーコメディーなんですって。とはいっても、もともと彼の作風って人間の心の底に入り込むまでどろどろしていてわかりにくいところも多いと思うんですが、こうなってくると更にわかりません。一体見所はどこだったんだろう。解説によれば「それぞれの理由で感情のねじれてしまった人たちが紡ぎだす純粋だけど毒のある恋物語を、象徴的に映し出していく。」らしいけど絵本の中の世界なのか、夢の精神病棟なのか…。イム・スジョンのいっちゃってる演技は確かにすごいですけど、眉毛なしの顔にインパクトありすぎて怖いです。といって、拒食症の割にはやつれてる様子が感じられません。一方のチョン・ジフンは演技というにはちょっと未熟だし、彼の役も今ひとつわかりません。もちろんお客さんは彼目当てではいるわけですから、客寄せにはよかったんでしょう。彼女の拒食症を治そうとするところなんか精神病んでいるとは思えないし、普通の青年だし。彼はピでいたほうが断然にいいと思います。役者が好きでみにいく人はいいでしょう。がただ行くと自分も精神病棟の患者の一員のように精神が混乱してしまいます。
★★★★★☆☆☆☆☆
by chikat2183 | 2007-09-22 19:24 | 映画2007

「恋愛の目的」

韓流シネマフェスティバル「恋愛の目的」シネマート六本木SC2
d0020834_147969.jpg

のっけから相当どぎついストレートな台詞、このままついていけるのか…と思ったらこれがなかなか、ある意味リアルにある意味?と新人監督なかなかいい出来だと思いました。カン・へジョンは昨年から今年にかけて公開された「トンマッコルへようこそ」「トカゲの可愛い嘘」の現実離れしたような不思議キャラから一転、訳ありの教育実習生、ストーリー上のイメージのままに好演しています。可愛いし、とても魅力的。相手役のパク・ヘイルも自分の感情よりも行動が先に出てしまう若者、周りを見ないでどんどん行っちゃうタイプの男、体当たりだと思います。舞台は高校なので「ん?」と思うこともたくさんあるし、韓国の教育実習についてよく知らないので多少の違和感はあるにしても、指導教員と実習生の関係、微妙だけどありそうなだーと思いました。実際に現場で教えているシーンとかがないし、どんな時間でもどっかで二人で「逢引き」(こういう表現方法が一番状況に近いと思うんです。)しているとか先生ってそんなに暇なのか!って怒りもありましたが、その一線を越えてしまうところの強引さがなんだかリアルでした。学歴重視の韓国社会の様子も垣間見られ面白かった。カン・へジョンの脱ぎっぷりも気持ちいいぐらい。たしかに「オールド・ボーイ」のときも見事でしたけどね。この前みた「女教授」のベッドシーンよりははるかに感情が入っている感じがみられました。前半この指導員の感情に引きずられていたストーリー展開もラストに向けて一気に加速、それでも納得の展開と予想通りのラストが気持ちよかったりします。逆のラストだったら人間として悲し過ぎます。
新人監督賞受賞の栄誉も納得の1作。
★★★★★★★★☆☆
ペン(韓国語でファンです)の皆さんにはしかられるかもしれませんが、パク・ヘイル、ソン・スンホンと似てるゾ!
by chikat2183 | 2007-09-21 22:58 | 映画2007

六本木『美食 米門』

d0020834_22144486.jpg


割と最近交差点付近にできたお店、大人のためのダイニングがコンセプトの六本木六門。ここに集まる9件の飲食店の中の1軒。『美食 米門』六本木。軽くランチと思っていたら外の呼び込みが「本日ランチ3割引」ってこれは行くしかない!といってきたのでした。結局どこでもよかったんですが、3割引はかなりおおきいですよ。
これは親子丼セット。普段は1200円なんですが840円になっちゃったの。このほかにコーヒーもついているのだ。
とろとろ卵はふんわり上品なお味。連休だったのでたまたま3割引だったかどうかはわかりませんが、行ってみる価値あると思いますよ。

ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2007-09-20 22:13 | おいしいお店