人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2007年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

「卑劣な街」

韓流シネマフェスティバル「卑劣な街」シネマート六本木で鑑賞
d0020834_01477.jpg

キッツー!!戦争映画をみているような重たい気分になりました。チョ・インソンは周りの誰よりもダントツにかっこいいと思います。が,ヤクザ映画でもここまで生々しくいやらしい話って今までにみたことありません。いやらしいというのは人間の心の中の卑劣さでHな意味ではありません。チョ・インソンのファンの皆様これを待ってたの?っていうか,待ってて待ってて蓋を開けたらこれだったわけですよね,初日,二日目,ぎゅうぎゅう詰めのなかでみていられなくなって外へ出ようとした人は居なかったのでしょうか?私がこんなに苦しいんだから見慣れない人には相当苦痛だったに違いありません。そして2時間半。確かにチョ・インソンは出ずっぱりで内容を気にしなければ素敵な時間が過ごせます。背中の刺青も美しいです。まあ,1/3が過ぎたあたりで結末がよめてしまいますが,だからいつまで続くのか…,引っ張られて引っ張られて2時間半,長いです。金属バットで殴りあったり,ナイフで刺しあったりとにかくすごいので驚きます。みんなみんな自分が生きていくために極道となって生きていくしかない,悲しいです。
途中でカラオケのシーンが何箇所かあって,チョ・インソンも歌ってたりするんですが,前回のクォンソンセンニムの講義で歌った「オ!マ!ナ!」かな,誰か歌ってて,「あ,あのときの歌じゃない?」なんて思ったら,もう1曲聴いたことのあるような曲を誰かが歌ってました。が,どの歌だかは定かではありません。割とたくさん歌ってたのですよ。途中でソンセンニムがCDラジカセにお茶を飲ませてしまって音が出なくなってK-POPの授業は中断したのです。そして昨日の会話の講義でずっとやってた「オディ カッソヨ?」ってチョ・インソンくん聞かれてました。(どこへ行ってた,どこへ行って来た?の意味)
ドラマの要素もたくさんありますが,こういうの苦手な人はやめておいたほうが言いと思います。チョ・インソンが一皮剥けた…というのもわかる極道モノでした。
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2007-08-30 23:49 | 映画2007

「フー・アー・ユー?」

2002年/韓国 原題/후아유
d0020834_2210675.jpg

2002年ソウル、63ビル。チェティングゲー厶の企画者ヒョンテは2年以上準備してきたゲームのオープンを控えて、テスト参加者達の反応を見ながら心を痛めていた時、掲示板でフーアーユを謗るIDの文章を読んで憤慨する。ところが彼女が同じ建物の水族館ダイバーということを知って、ベータテスターインタビューを口実に尋ねて行き、無茶で向う見ずな彼女に度肝を刺される。
人魚ショーをヒットさせるために練習に熱中する水族館ダイバーのインジュ。一時は国家代表水泳選手だったが怪我をしたために63水族館ダイバーで働く彼女は、フーアーユインタビューで尋ねてきたヒョンテから昔の恋人の眼差しを感じる。
ヒョンテはメロというアバタで自分の存在を潜めて、インジュのゲームパートナーになって近づくが、オンラインと現実の両側で彼女を知ってゆくハラハラなゲームを楽しみながらますます彼女に陥っていく。けれどもインジュは自分を余りによく理解してくれるゲームの中のパートナー・メロに心を開くようになり、現実のヒョンテにはゲームで俄儲けの大金稼ぎをしようとする利己的な俗物扱いをする。そうした中、全く知らなかったインジュの痛みを知りながら愛を感じるようになるヒョンテ。
メロがヒョンテという事実を知らずにゲームの中のメロに釘つけになっていくインジュの幻想を破ろうとするが、そうであればあるほどインジュは現実のヒョンテに心を閉じてしまう。ゲームの中では賭け替えのないカップルであるが、現実では喧嘩してすれ違いばかりの二人…。ヒョンテは自分のアバタにジェラシーを感じて、ついに自身がメロであることを告白しようとするけれども…


チョ・スンウとイ・ナヨンという組み合わせがなんともさわやかな感じ。そして恋愛シュミレーションゲームというものもすごく今時。でも2002年,5年も前の作品です。やっぱりイ・ナヨンの人魚姿が見物なんだと思います。全部本人だと思いたい。本当に水槽の中を泳いでいる姿は感動もの。更に,障害をもつ役を無難にこなしています。チョ・スンウも暖かなまなざしで彼女に好意をもっていく姿がほほえましい。こういうのって本当に恋愛に発展しちゃうって昔の人間には考えられないけど,あるんだろうなーと考えさせられる作品。確かに大きな作品では仁けれど,劇場公開してもよかったのではないかと思います。후아유のゲームのロゴがかわいい。
by chikat2183 | 2007-08-29 22:14 | DVD

「夜の上海」

「夜の上海」ヤクルトホールで鑑賞
d0020834_22332648.jpg

私が素直じゃないから楽しめないのかしら?上海の夜景は魅力的なんだけど。途中でちょっと飽きてしまいました。『ケータイもない。メールもできない。…でも,恋はできる』ってキャッチに騙されてはいけない!どこがラブコメですか!!ラストにもちっとも恋心感じることが出来なくて,恋心っていうかどちらかというとモックンのヴィッキー・チャオに対するかわいそう心みたいに感じてしまいました。憐れみ?お互い恋に破れた同志,傷心を慰めあうにはまだまだコトバの壁が大きそうです。日本語と中国語のわけのわからない漫才聞いているようでした。「ジョー・ブラックをよろしく」でブラッド・ピットが交通事故で死んだとき空中を舞うように車に当たられて居たのを思い出した交通事故のシーン。傷ひとつないにしても病院ぐらい連れて行け!って叫びたかったし,更にそんな事故を起こしてタクシー料金取ろうとするリンシーにめちゃめちゃむかついたのです。ヴィッキー・チャオがめちゃめちゃ可愛くてすごくいいのに,人間的にどこかおかしすぎて,いくらコミックだからってそれはないだろうというシーンが多すぎると思いました。口紅3本くらいであんなに字は書けないし,細かいところ突っつくなと言われそうですが,ついていけなすぎ。モックンも雰囲気あるんだけど,物足りなさもあって,勿体ない感じ。そして脇の人たち。ディラン・クォが可愛くて最高。後,日本人はみんなちゃらんぽらん。存在の意味すらわからないって感じです。その中でも和田クンだけはクールな感じが良かったけど,竹中直人なんてかわいそう過ぎます。シャル・ウィー・ダンスじゃないんだから。ほぼ一夜の上海での出来事なのに全員の行動が受け入れられないです。旅先って弾けることもできるけどもっと慎重だと思うんだけど,特に仕事だったらなおさら。
もっと,上海の観光もしてくれていたらポイント上がっていたのに…,残念な作品だと思いました。
★★★★★☆☆☆☆☆
化粧=中国語も韓国語もファジャンなのね。お勉強でした!
by chikat2183 | 2007-08-28 22:26 | 映画2007
「ファンタスティック④ 銀河の危機 」吹き替え版 イイノホールで鑑賞
d0020834_8493449.jpg

吹き替え版ということをすっかりわすれてて,いきなり日本語が聞こえてきてビックリ。アニメ以外で吹き替えをみるのは久しぶりだったのでちょっと衝撃でしたが,この吹き替えは声優さんばかりでやっているので普通に吹き替えです。(?)変なタレントさんとか使ってなくてよかった。前作,既に忘れかけていますが復習する時間の余裕が無いので気にせず行きました。すでに物語りも進んでいてスーとリードが結婚式を数回すっぽかしているという設定。伏線をみながらジェシカ・アルバがイライラしているところがおかしいです。今回の敵(最後は味方?)のシルヴァー・サーファーはボードから下りるとペプシマンに思えちゃうし,もう一人の本当の敵(名前忘れました)はSWに出てきそうなキャラだし,ちょいとキャラが新しくなくて残念に思えました。ストーリーはあるような無いような,とにかく,地球を救うわけですから,あまり何も考えないでみるほうがいいんですね。普通に笑えて普通に楽しめますが,必要以上のことは期待しないほうが無難かも。1時間半と尺も短くて奥行きもさほど無いので誰でも楽しめると思います。アメコミですから。
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2007-08-27 23:07 | 映画2007
いつもご覧頂きありがとうございます。
本日未明200,000HIT達成いたしました。(ユニークユーザー数)
全くちゃんとしたことが書けないダメ人間のたわごとではありますが、感謝の気持ちでいっぱいです。
自分でも考えられないほどの沢山の方々にいつも来ていただいているということに日々驚いていますが、これからも暖かく見守っていただきたくお願い致します。
TB,コメント励みになりますのでよろしくお願い致します。
by chikat2183 | 2007-08-27 07:43

「角砂糖」

韓流シネマフェスティバル「角砂糖」シネマート六本木で鑑賞
d0020834_2161554.jpg

女性騎手と馬の涙のドラマ。どうもイム・スジョンが気に入らないけどキャスティングされているからしかたない。この時間にしかやらないこの作品,昨日も今日もがらがらで,おばちゃんたちが内容重視ではなくて俳優重視で押しかけているというのが良くわかります。多分100人くらいの箱に20名ほどの観客。日曜の夜という時間帯もあったかもしれませんが,若い子も居なければ韓流好きなおばちゃんも居なくて映画鑑賞には快適な環境。

韓国の競馬事情というのがわからないので,牧場はどういった馬を育てるのかわかりません。結構そこは重要なポイントだと思うんですが。「国産馬は人間と同じで足が短いから勝てない。」みたいな事を言っていました。日本では競走馬としてサラブレッドを生産していますが,韓国ではそういうのやってないのかな。もちろん私も競馬も詳しくないので馬の種類によって出走って変わってくるのかしら?そんな馬の生産牧場も食肉用の馬と競馬馬の区別が無く育てているってちょっと不自然な気がしましたが…。馬の演技もすごいんです。そして韓国の撮影風景も,ソウルの街のなか車を止めて馬を走らせるシーンとか,すごいと思いました。そしてイム・スジョン,童顔。年齢不詳。高校生にも見えちゃうところがすごい。さらに演技力も増したんじゃないの?恋愛映画とかやめてこういったドラマやったほうがいいと思う。この作品も彼女がそんな恋愛感情の微塵も無い役柄で,女性蔑視に立ち向かい,根性ある所をみせています。乗馬の練習も相当したと思うし,役者根性丸出しの彼女を少し見直しました。動物はホント泣かされますよね。
천둥となずけられた馬もチョンドゥンと呼ばれずにチョンドゥナといっていましたが,この呼び方の法則がやっぱりわからない。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2007-08-26 22:55 | 映画2007
韓流シネマフェスティバル「マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ」シネマート六本木で鑑賞
d0020834_839235.jpg

2001年公開の「マイ・ボス マイ・ヒーロー」の続編。この作品は昨年TOKIOの長瀬くん主演でドラマ化されたそう。でチョン・ジュノはその時歳のいった高校生という役柄,そして今回は大学生の教育実習生。なので前作を見ていない私はちょっとストーリーについていけないところがありました。誰がどういうキャラクターだか全然わからなかったから。知っていたらもっと楽しめたと思います。だた,作品のコンセプトとしてはやくざの幹部が学校の中に存在しているということもわかるし,彼らが学校を愛しているということもわかるし,ドタバタコメディーでありながら,ほんのり人間としての愛情も受け取れる作品でした。学校とヤクザの組み合わせって韓国映画ではとても沢山あるのでこれも新しさは感じられませんが,チョン・ジュノなんか,すごく穏やかな優しい顔なので本当に極道の幹部なのかと疑いたくなりますが,頭をどついたりけんかしたりするシーンもたくさんあってコメディながらちょっとやりすぎの感じもなくはないです。特にワイヤーアクションは必要ないと思います。そして少女との意外な結びつきもちょっと中途半端で,あの結末はちょっとがっかり。でも交通事故のシーンは生々しく思いました。目を覆いたくなるようなシーンのひとつ。
ヤクザの親分キム・サンジュンとのつながりがなかなか面白く学校では口の聞き方が完全に逆転していました。チョン・ジュノ演じるジュシクは学校の外での親分には敬語を使い,親分は学校の中ではドゥシクに敬語を使います。一般の学生とか特に不良のような学生は乱れた言葉,たとえば先生に対し「セン」(日本語で言うと先公のような?)といっても親分は「ソンセンニム」(先生様)という呼び方を絶対崩すことがありませんでした。だから「セヨ」と「シムニダ」という語尾がすごいわかる。ちょっと自分で感激。言っている内容は全然わからなくてホント語尾だけ。こういう完全な上下関係が韓国の文化なんですよね。爆笑するほどでもありませんが,それなりにコメディーとして楽しめる作品。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2007-08-26 01:53 | 映画2007
韓流シネマフェスティバル「ミスター・ロビンの口説き方」シネマート六本木で鑑賞
d0020834_2173046.jpg

あまり期待していなかったのですが,なんか韓国映画でもこんなの作れるんだなあとポイント↑。いやいや,画像も音楽もスタイリッシュ。素敵なラブコメに出来上がっています。監督が英国のラブコメを目指したという意気込みが伝わってきます。みんなダニエルのおかげって感じがしないことも無いけど,それでも今までの韓国ラブコメとはまったく違ったテイストで楽しめます。英国というよりはハリウッド的な要素があって,ダニエルの役キアヌあたりがやっちゃいそうな感じです。まあ,内容は新しくはありませんが韓国発というところが一番新しいかもしれません。とにかく,ダニエルは英語しか使わないし,顔があんなにクールだし。英語が生かされているから欧米化感じるのかな。逆にオム・ジョンファは典型的な韓国美人で愛らしいです。ちょっと所々のプチ○○が気になるけど(目元とか上を向いたときの鼻とか…)それは韓国女性特有のものとして気にしないほうがいいのだと思います。オム・ジョンファはこの前みたピアノ教師の暗い性格よりもキャリアでバリバリに働く女性が魅力的。ピアノ教師は髪型も衣装もちょっと古臭かったしね。で,ダニエルの役があまりにもクールで,笑顔も見せないところがすごいというか,これは監督の指示なのかダニエルがこういうひとなのかとっても気になったところ。なにせドラマ見たことないので彼がどんな役をやっていたのか全く知らないもので。とにかく素敵よダニエル!!そんな時,エレベーターが開いたときに誰かが持っていたTIMESかなんかのブラピさんの写真が気になりました。どこ見てるの私。そして韓フェスの予告でウソンさまが一瞬移るだけでときめいてしまいました。欲求不満みたい。暑さにやられています。韓国映画見直せる作品です。
★★★★★★★★☆☆

それにしてもシネマート,韓フェス初日の初っ端作品の1時間経過でいきなり場内に照明がはいり,音声が消え画面も消えるってどうよ!!一時中断ですよ。いい感じだったのに,水差された感じ,だからって「少し戻して上映します。」で終わっちゃった。返金されるわけは無いと思ったけど,次回入場割引券とかさ,ドリンク1杯無料とかさあってもいいんじゃないの?みんな1800円も払っているわけだし。支配人に食って掛かっているオネエサマも居たようですが,なんかなー。そうそうそれからスタンプラリーの台紙,日付が去年だって知ってました?間抜けすぎるよねー。でも中天ファイルもらうためにアタシは頑張る。
by chikat2183 | 2007-08-25 19:54 | 映画2007

07'Hawa~ii

常夏の楽園ハワイへ行ってまいりました。すごく久し振りって思いましたが一昨年行っている訳でそんなに久しぶりなわけでもなく,相変わらずアウトドアなハワイではありませんが,楽しんでまいりました。
今回,初めから愚痴らせていただきます。往復JALWAYSに搭乗,ホテルはハワイの常宿アラモアナホテル。で,いい感じ…と思っていたのに,世の中進化しすぎだわ。JALWAYSはリゾッチャ路線を格安でってことで,外人のスッチーさんがお世話してくれるんですが,日本人も乗っているのに日本語のアナウンスなぜかこの外人さんたちが担当するわけで,何を言っているのかちーーーーーっとも理解できませんでした。でもって行きの機内食の質の低下もビックリ。だから私はノースウェストでOKだって言ったのに!!でもJALWAYSが東京から1日にホノルル行き5便も出しているから取りやすいらしいのです。行きのメインの機内食は焼きそばかパスタだって。機内食でパスタってちょっと敬遠したかったので焼きそばにしましたが,予想以上にまずかった。というより具が無いし,あんがないし,味が無い。
アラモアナホテル,いつの間にかアウトリガーにチェーン化されてる。だからだかどうだか,室内のインテリアが変わってる。お部屋の広さとかは申し分ないのに不手際が多くちょっと残念。今回5人で行ったので2部屋予約して,男2人と女3人でエキストラいれて使ったのですが,エキストラを入れても余裕の広さがあったのでこれはなかなかと思っていましたが,こちらの部屋に関して言うと,ハンドタオルが2日間こなかった。コップやカップが2人分しかない。TVが消えない=夜中つけっぱなしでねる。意外に必要なメモ用紙とペンが置かれてない。等の事があり,改善されたのはコーヒーカップが来たことくらい。隣の男部屋に関して言えば,毎日コーヒーがおかれているのに肝心なコーヒーメーカーがとうとう姿を見せなくてコーヒーは1度ものめなかったって。何度も催促したらしいけど,そんなことって考えられないですよね。こんなことって長い人生初めてなんですけど。ちゃんとチップは毎朝おいて置いたのに。
でも,お部屋にいるのは殆ど寝るときだけと思えば我慢しなければならない範囲(でも無いけど)と思うことにして過ごしました。

ハワイでの5日間
到着日 アロハタワーでランチをしてからホテルへ直行
1時半のチェックインから6時まで自由行動
夕飯はなんと初日からアラモアナセンターのマカイマーケット

2日め 5時まで自由行動その後レンタカーの予定
私はカッキーとランチの約束があったのでアラモアナ居残り
(マーくん,ユウくんも一緒。何年ぶりかで会ったマーくんは完全に格闘家の体型になっていました。強そう。翌日帰国して北海道で合宿だそうな,いいねえ,大学生!!)
あとの女二人はJTBの無料チケットでクルーズに行って船酔いしたとさ

3日め 母がアロハスタジアムへ行きたいというので車に乗って
パールリッジセンター⇒アロハスタジアム⇒Kマート⇒ワイケレ⇒ワイキキ

4日め ハレイワに行きたいという申し出があったのでずっとドライブ
東側の道から北上⇒ハレイワ⇒ドールパイナップルプラント⇒ワイケレ⇒カハラモール

5日め 帰国

レストランのグルメ記事とかゆっくり書こうと思います。
by chikat2183 | 2007-08-23 22:30 | 旅行

書き取りテスト

暑いです~!!
韓国語を忘れていたことは少しも無く,テキストを何気なく開いたり,映画をみたりとかしていました。久しぶりの韓国語会話に出席しました。1回の欠席と2週の休講でした。
ガガガガガガーーーーン。いきなり書き取りをします。と言われました。はっきりいって出来ません。前回,私は「オーシャンズ13」プレミア出席のため休みました。その時事務所の方に連絡して「今日の講義内容と課題を聞いておいて下さい。」と頼んでいきました。そして「6課終わったそうです。宿題はなしだそうです。」とのお返事を頂いて宿題無くてラッキー!!と思っていたのです。
「前回の宿題は…,全部メモで残しておきましたから覚えてますよー。」という先生。そんなの聞いてないよー。「じゃあ,皆さん暗記して置くように言って置いたので書き取りします。」ってウッソー。この流れは何なの?で,当たり前のように全くできません。1度でも出るところみてあればもう少し出来たであろう,簡単な文章なのに…。
先生が意地悪したのか,事務所がとろいのか,やっぱり私がバカってことか。
このとしになって書き取りをさせられるとは思いませんでした。小学校卒業以来かしら。すごい緊張感。嘘でもいいから書けばよかったと思うけど,こうなるとハングル書けないの。後でテキスト見てあまりにも簡単なことが出来なくてがっかり,焦ると出ないものなんですね。
まあいいさ,そんなに落ち込むことも無いと思う,単位取りに行く授業じゃないんだから。こんな素人相手にテストする先生もすごいよねー。みんなできているのかな?

旅行の記事は少しずつ書いていきますのでまたよろしく。
韓フェスも始まるし,中天のファイル狙いたいと思います。
by chikat2183 | 2007-08-22 23:19 | 語学