人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「王の男」

「王の男」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞
d0020834_2143994.jpg

今年韓国で4人に一人がみたという大ヒット作品。16世紀の韓国の韓国宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ。それまでの記録をトンマッコルが持っていたかなんだかわからないけれど、そんなすごい作品なら早くみようと思っていたのに試写会は全滅するし、土日に用事が入ってみにいけないし、こんな年末の押し迫った時にやっとみに行くことが出来ました。でもね、ちょっと不安が…。あっという間に観客動員だか興行収入だか1位の記録を「グエムル」に抜かれてしまったでしょう。それってどう?他の作品で納得の行くものならいいけど「グエムル」だから。あの作品が悪いとは思わないけど1位の記録を塗り替えるような作品とは絶対に思えない!ということで期待はちょっと落ちてしまったのでした。「グエムル」がどうのというより韓国と日本の価値観の相違なのでしょう。
さてさて公開前からイ・ジュンギの美しさがクローズアップされていましたが、意外にさっぱりとした役でした。単なる女形役者だったのね。もっとセクシーな役柄かと思ったけど、たしかに相当セクシーなのですが女形という枠を踏み外さない順当な役で、性格も素直であれなら男性方はほれてしまうのでしょうね。この物語の中の王様が女形コンギルに熱をいれるのも理解できる。おばちゃんたちが松井誠や竜小太郎に熱を上げるのと同じだと思うのです。描き方だけなので実際に王が目的としていたことはわからないけど、結局ペットみたいに自分のそばにおいておきたかっただけなのかしら?イ・ジュンギの美しさも見ものではありますが、それにもまして冒頭でカム・ウソンがいきなり綱渡りを始めたのには驚かされました。あれ、本人がやっていたのに間違いないですよね。ラスト、障害を持ってもやっていたシーンは本人かどうかはわからなかったけど確かに本人がやっているなーと思いました。カム・ウソンどこかで見覚えがある人物だけど記憶の片隅から消えかけておりましたが「スパイダー・フォレスト」の役者さん。思い出しました。
イ・ジュンギが韓流の次世代を担うスターであり、カム・ウソンが演技派の役者でありそしてもう一人王様役のチョン・ジニョン。この人の狂気に満ちた目つきとか実際恐ろしくなりました。本当に狂い始めているのかと思わされました。すごいです。この人も。そんな3人の絡みによって作られたこの作品。ドラマとしてみていたらば結構面白かったです。下ネタが多かったのも時代劇のためでしょうか?基本的な下ネタでしたね。あの逆立ちして足を開くシーン、イ・ジュンギが自分で考えたらしいです。お尻を振りながら踊るシーンも。画面の色も鮮やかで衣装も綺麗で飽きないように構成されていました。韓国映画にしてはストーリーがドラマチックです。★★★☆☆

余談
チョン・ウソンとカム・ウソン。エンドロールをしっかりみていたのですが、同じウソンという名前でハングルも同じ文字でした。しかしチョン・ウソンはJung Woo-Sung。カム・ウソンKam U-Seong。この識別って韓国の人はできるワケ?Jungは実際にはジョンって発音してるんですよ韓国人は。露天商のキャラクター商品を扱っている店なんかではチョンでも通じるけどジョンといったほうがわかるらしい。だいたいね、チャングムって日本人は教えられてるけど韓国ではチャングミって発音するのです。もともと訳す人の訳し方ひとつなのかしら。
by chikat2183 | 2006-12-31 22:26 | 映画2006

火の用心!!

d0020834_2343479.jpg年末に行われる「火の用心」1年がたつのは早いものです。8時過ぎに消防署の署長さんご一行と警察署長ご一行様の挨拶があり、それを聞いてから出発。少し出るのが遅かったので今日は間の休憩なしでAB両コースから同時にスタート。約40分の歳末警戒でした。いつもならにぎわい続ける都心の歓楽街と商業地を融合するこの地域。今日は人影もほとんどなく閑散としていました。
火の用心の後の軽食にはピザーラからデリバリー。4種類のピザをとりましたがやっぱりカニがおいしい!!
写メがへたで何時になったら上手になるかしら。ジャック・スパロウが邪魔をするのです。(どういうことかわかり辛いですね)
by chikat2183 | 2006-12-30 23:39 | 東京

あと3日です

d0020834_23251923.jpg

忙しい日々が続いています。この仕事は毎年のことですが31日までとまりません。まだ3日あるのです。つらい。明日で銀行もおしまいなのでまだまだ忙しいです。

今日は少しだけお正月の準備をしました。エントランスに玉飾りを飾りました。毎年、松と梅を届けてもらっているしおん花店さんの店長さんが「おみやげ」といってもってきてくれたアレンジ。すっかりお正月。葉牡丹、千両、など季節のお花がしっかり入っていていのしし君もいました。すてきでしょ!!ごひいきに…。
by chikat2183 | 2006-12-28 23:42 | おみやげ
d0020834_0273542.jpg

日曜に久しぶりに渋谷へ行きました。1000円以下でランチをご馳走すると約束したので、頭に浮かんだところは『コンコンブル』でした。行ったら満席でした。仕方がないのでスペイン坂の中央あたりで見つけたここの店『#002 其の二』へ行きました。パスタとかピザでよかったのですが、夕飯がパスタといわれていたので和食系で。定食は色々ありましたが松花堂1000円に飛びつきました。まあ、松花堂で1000円じゃあ文句言えないかもしれないけれど、ちょっとボリュームに欠けるかな?先日食べた赤坂『転石亭』の1000円の松花堂がかなりお得感があったので余計にそう思っちゃったかも。でもお刺身もおいしかったし、南蛮漬もおいしかったし、お腹がいっぱいになったので合格です。

ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2006-12-28 23:17 | おいしいお店
「リトル・ミス・サンシャイン」シネクイントで鑑賞

『人生は勝ち馬か負け犬』すべてがこのどちらかに当てはまるということからこの一家の悲劇が訪れます。そして最終的には『子は鎹』
余談ではありますが、ディープ・インパクトはもって生まれたものすべてが勝ち馬なので、努力したからといってここまでぶっちぎりで他の馬に勝つことができるわけではなく、スタッフに恵まれたり、この花道を飾って引退したり生きてることがすでに勝っていると思いました。運命的な勝ちってあるんですよね。
それに比べて、私の人生は何よ!と思うわけです。なんかこの家族にえらく共感しちゃって、面白い!という言葉では表せなくなってしまったのでした。自分と対比して考えても自分がそこまで真剣になって生きてきたことはないけれども、やっぱり何をやっても裏目に出てしまう。それって普通のことなんだと実感しました。思想のことがキャラ付けでちょっと出てくるんだけれども、そういうことはあまりわからない。基本的に、両親、兄、妹、おじいちゃん、そしてたぶんパパのお兄さん。この6人で繰り広げる珍道中。笑わそうとして作ったとも思えないし、出来たらこうなっちゃった、って感じがするのです。それぞれが個性豊かで面白い。トニ・コレットのお母さん役はあまりにも普通でおかしかったりします。結構ブラックな笑いが盛りだくさん。おんぼろの黄色いワーゲンのミニバスを押しながら飛び乗る家族が印象的。テーマパークのアトラクションみたい。気をつけて、ちゃんと乗れよー!!って応援したくなります。
by chikat2183 | 2006-12-24 22:56 | 映画2006
d0020834_20225831.jpg

父の所属するライオンズクラブのクリスマスパーティーです。昨年までキャピトル東急ホテルだったフランチャイズがクローズに伴いホテルオークラ東京に移転しました。初めてホテルオークラでのパーティーです。当然のことですがホテルがランクアップ(?)してしまったので会費が変わらないということはこういうイベントに支障が来るわけで、会員1名+同伴者1名までが去年は無料だったのに、今年からは会員1名分だけ無料。同じく春の歌舞伎も2名無料だったのが1名になってしまいました。無理にオークラにすることもなかったのに…。という意見もちらほらあるとか。まあ、おじさんたちのそんなのはどうでもいい話のクリスマス会です。小学生は無料なのです。中学生でも小柄な姪は無料だったらしい。で、父は仕事が抜けられないということで女ばかりで参加しました。料理もコース料理かと思ったら、ビュッフェでした。
d0020834_20243180.jpg
洋食の前菜 
サラダ、マカロニサラダ、ペンネ、シーフードグラタン
d0020834_2029799.jpg
中華はふかひれスープ?
コクもなかったし、これに関してはいまいちでした。
d0020834_20301743.jpg
あわびの煮物とエビチリ
d0020834_20312586.jpg
中華前菜と高菜入り肉まん
d0020834_20323483.jpg
私が選んだ本日のお食事は野菜たっぷりカレー。
大きく見えるけど、お茶碗に半分くらいのご飯です。シェフがよそってくださいました。
d0020834_20383131.jpg
デザートはこんな感じ

会場にいたこの方ご存知でしょうか?
d0020834_20403035.jpg
人形作家の辻村ジュサブローさんです。最近ここの会員になったらしい。
ここのクラブ、意外に有名人多くて道場さんとかも前はいたし、菊五郎さんは今でも会員です。

そして今年の戦利品
d0020834_23411989.jpg
銀座大和屋の真珠のネックレス、菊五郎さんの音羽屋の浴衣地も当たりました。

なんとここの会で高校のクラスメイトだったゆかりちゃんと遭遇。彼女が嫁いだKくんは私とは幼稚園からの友人ですがお父さんがここのクラブに所属していることは知っていたけど、今まであったことはありませんでした。彼女に会うのも十数年ぶりかもしれません。
by chikat2183 | 2006-12-23 22:12 | おいしいお店
tomozoのうれし★たのし★大好きのtomozoさんよりいただいていたバトンです。
ちょっと自分と向き合ってみました。


《ルール》
1.回ってきた質問の最後に「自分の考えた質問」を足してください。
2・終わったら必ず誰かにバトンタッチしてください。
3・まとまりのないエンドレスバトンなので、「どんな質問を加えてもOK」です。
4.バトンのタイトルを変えないこと。
5.答えるのが面倒な問題は消しても良い。
6・ルールは必ず掲載しておいてください。

★最近ショックだったこと。
やばい!!
成人病検診で「十二指腸潰瘍だった」といわれ、「胃にポリープがある」といわれまずはそこでへこんだのに先生は「そんなことは気にする価値もない」といわれ「一番心配なのは貧血」だそうです。子供の頃から貧血で当然献血も参加出来ず、部活中に倒れたことも数回。でも、二桁維持していたのに、今回なんと…。とうとう増血剤出されてしまいました。だって、ヘモグロビンが一般人の役半分ですよ。この前同級生のお医者さんたちに「貧血進むとどうなるの?」とたずねたところ、「くらくら」といわれたけどそれは前からそうなので症状がどうのという話ではなく原因を探さなければいけないらしいです。たとえば本当に潰瘍があるとか女性の場合子宮筋腫とか。そういう原因がない場合は体質だから仕方ない。といわれました。「外見からはどうみても貧血にはみえない」そうです。やっぱり?「増血剤出ているなら飲んでなさい」だって。結局、女性の場合閉経すれば解決するらしいです。私の美白の要因はここにあり。(って誰かに言った気がする)それに伴って、「コーヒーやめなさい、乳製品やめなさい」だって。これ一番ショック!!
ところで十二指腸潰瘍ですが、自覚症状が全くなくはないけれども、ちょっと胃が重いと思ったのは1週間ほど。こんなんで十二指腸潰瘍なんですねー。痛くなんて全くなくてそんなことになってしまうのですね。原因は何なのだ?やっぱりストレスなのでしょうきっと。なんでもストレスが要因なのですよ。「痛くなくても潰瘍ですか?」と聞いたら「そんなもんですよ」だって。だから痕跡だけ残って治るのも簡単なのですね。

★今、食べたいものは何?
超こってりのチーズケーキと超濃い目のコーヒーをカフェオレにして。
ダメといわれれば食べたくなるものです。

★どの季節が好き?
てんびん座の人は秋が好き。(誰が決めた?)

★住んでみたい県は?
住んでみたいのはハワイ。ここ以外は考えられない。でも県ではないから。
県は一切住みたいと思ったこともありません。日本の国内だったらやっぱり都心しか住めないと思う。千代田、中央、港区限定といいたいけれど、もう少し、新宿、渋谷あたりまではOKかもしれません。生まれてから現在までここしか住んだことがないのです。かわいそうでしょ?

★あなたの今のケータイの待ち受け画面は?
意外にも携帯がもっている元の画面そのまま使用中。

★自分が映画に出演することになったら(既存のストーリーで)何の映画で、何の役がいい?
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のキルスティンの役
 子供だからみんなから愛されてブラッド・ピットとおてて繋いで…。最後は焼かれて死ぬの。
「セブン」のグウィネスの役
 大和撫子、内助の功といった日本人がすきそうな奥さんの役。でしゃばらない。夫に愛されているのに何故か不安で私とは縁遠い性格のよう。最後は首を切られて死ぬの。

★あなたの好きな飲み物を3つ教えて!
●コーヒー  なければ生きていけない。2日に1杯にしなさいといわれたけど結局毎朝2杯はやめられない。これで限界。少し慣れたら1杯にしてみようと思います。
●濃い目のアールグレイをストレートで。ミルク入りもOK。香りが好き
●コーラ? そういえば10代の頃は中毒だった。今はめったに飲まないけど飲みはじめたら又中毒になっちゃうかも。体に悪いものっておいしいよね。ハワイに行けばやっぱりコーラ飲んでるかも。

★あなたがこれから公開される映画で観たいトップ3は?
●ディパーテッド
●バベル    ここまではtomozoさんと一緒ね。
●中天     韓国では12月21日公開、前評判は上々ですが。釜山映画祭で各国が上映権を買ったそうですが、日本の配給会社が買ったといううわさがないのでちょっと心配。そして、チョン・ウソン出演作品はこれでいまのところおわり。次は監督デビュー。主演も自分でやるとかいううわさもあるけど、どちらにしても来年になってプロジェクトが始動します。
で、密かに1月中に又もソウル行こうかと計画中。まだはっきりしないけど「中天」みたいよー。
そして、本気で韓国語勉強しようかという意欲に沸いている今日この頃。
d0020834_21175845.jpg

★あなたの一番好きな俳優は?
d0020834_21262451.jpgブラッド・ピット(はずせない。私の映画人生はここから始まるのです。)
結局、ベッドの脇のポスターは変えられず。
SoftbankのCMがうれしくて…。久々にブラピらしいブラピでいい感じ。
チョン・ウソンという答えを書くと思っていた方期待に沿えずごめんなさいね。


というわけでした。次の人にまわすようなルールがありますがこれから年末年始を迎え皆さん忙しいしここで止めておきますね。やりたい方はどうぞ拾ってください!

と書いたところで、こまったちゃん。が拾ってくれたので渡したいと思います。
by chikat2183 | 2006-12-19 20:35 | ETC
d0020834_12312571.jpg

赤坂ではちと有名な『とんかつ末吉』から出前でお願いしたお弁当。600円のとんかつ弁当から種類も豊富ですが、この日に頼んだのはお好み弁当。「おいしいお弁当をお願いします。」という皆さんのご希望に忠実に…。です。でも、最近食べに行かなかったら内容が少々変わったようで、コロッケがホタテフライに変わっていました。これがお見事というか卵みたいな大きさの塊。写真で言うと左上の塊です。エビフライ1本、ひれかつ2枚とこのホタテフライです。写真でみると大きなかつ1枚に見えますがひれが2枚あるんです。豚汁は別付けで100円、合計で1300円。ここはご飯がおいしいので年配の方たちも揚げ物でどうかなーと心配はしましたが、皆さん完食されたようです。良かったー!!

yahooグルメはこちら
by chikat2183 | 2006-12-18 22:30 | おいしいTAKEOUT
d0020834_1133244.jpg

明日が祖母の命日にあたるので午前中にお墓参りに行きました。行くことがわかっているのに10時を過ぎても誰も起きてこないのでしばしムカツク。だって、午前中に何も出来なかったのですよあの人たちのおかげで。ただ待機しているだけ。その後お昼を食べることになっていましたが、「デニーズ」といった言いだしっぺはさっさとどこか出かけてしまっていないし、次の人は「お寿司」をリクエスト。しかし、駐車場がない場所は却下され、駐車場があるファミレス、デパート、ホテルに限定されました。誰からともなく祖母の好きだったホテルオークラに行って鶏の汁麺を食べようということになったのですが、今日は日曜、ビジターで行っても入れないことが多いのでまずは電話。やはり予約がいっぱいで2時からしか席は取れないといわれたのですが3時に新宿で待ち合わせをしている人がいてそれは無理です。と言ったところ、1:15までに退席すればOKという席ならあるという返事。どうせコース料理を食べるわけではないのでそれでいいです。ということで急いで牛込にあるお墓まで行ってお参りし、ホテルオークラへ行きました。今年のお盆のときに行った記憶があります最近はなかなか行くチャンスがありません。今日はおそばだけだけれどもまあ雰囲気だけでも…、ということで。写真は豚細切肉と高菜の汁麺。なんか、味が前ほど!!!!!という感動がないのです。味が変わったのかしら?おいしいことはおいしかったですが。
本館ロビーのクリスマスツリー。シックです。
d0020834_1321280.jpg

by chikat2183 | 2006-12-17 21:12 | おいしいお店

「名犬ラッシー」

「名犬ラッシー」イイノホールで鑑賞
d0020834_2312196.jpg

小さな頃TVでずっとみていた気がするラッシー。何度もリメイクされているようですが、平成版ラッシーは原作の本を忠実に映像化したものらしいです。原作はなんと1940年に出版されているんだとか。コリー犬がとても印象的だったのを覚えています。
今回のラッシー、ふさふさの毛並みで品があるお顔立ち、とても見た目の美しい犬です。作品の中でもいっていたけど、いつも冒険しているラッシーなので当然男の子かと思っていたらラッシーというのは少女という意味だそうです。60へーでした。主人公の少年は新人らしいですがあまり可愛すぎず普通の子だったので逆にかわいかったです。さすがに品格があるピーター・オトゥールやサマンサ・モートンなどそれなりの配役もぴたっと決まっていて良かったです。が、そんな俳優人も犬の演技には完全に負けています。犬に演技させちゃうのって反則だわ。このラッシー嬢表情は豊かだし、本当に演技が上手。物語は誰でも知っている、ラッシーが我が家を目指して色々な困難を乗り越えて知恵を使って800Kmの距離を家路に戻るお話。イギリスの風景もとても美しく行った気分になります。旅芸人の小犬がやられるあたりから会場内は号泣モードで、子供たちはウェンウェン声を出して泣いていました。やはり今日も私は泣けませんでした。ちょっと必要がないなと思われたのは湖の???かな。このシーンに限ってはぶっ飛び。なぜこんなの入れたんだか趣旨がわかりませんでした。それ以外はストーリーもわかりやすく、やっぱりクリスマスシーンをちょっぴり入れてお正月のファミリームービーでした。特に愛犬家の皆さん必見。こんな犬なら私も飼いたい。まるでラッシーを買った女の子の気分。でも場所がないなー。★★★☆☆

今年も残り2週間足らず。年末のお仕事モードに入ってまいりました。どうやら今年の試写会もこれで最後のようです。試写状はまだ結構持っています。今月はかなり無駄にしてもったいなかったー。今年お正月作品の試写会がまだあるって遅いと思うんだけど。この先お客さんが減るのが目に見えているのに、まだまだ結構あるのですよ。みたいさくひんは劇場に行かせていただきます。
by chikat2183 | 2006-12-14 23:04 | 映画2006