人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2006年 10月 ( 41 )   > この月の画像一覧

「Sad Movie」2回目 中野サンプラザで鑑賞
d0020834_22234111.jpg

2回目の鑑賞はプレミアで…と勝手に思い込んでいましたがそう簡単にいくわけもなく、プレミア撃沈。それならば大きなスクリーンでみたかったのでサンプラザへ行ってきました。
今頃、同じ東京にいるというのに。ううううう…。これから7日のスーパーアリーナの「SUPER STAR FESTIVAL」終了まで日本縦断挨拶行脚でしょうか?

今日は、泣けるわけもなく、泣くわけもなく、ただただウソンさまをみるためにだけという理由です。私は泣けなくても泣ける人は泣けるらしく、後ろにいたウソンファンは「何度みても泣ける話よねー」とぐすんぐすん鼻をすすっていました。そして、団結しているわけではないウソンファンの多さにびっくりしました。私は新座者、肩身が狭い。まずは防災ポスターのシーンがわからなくていらいらしていたんだけれども、それもスッキリ。
さて、ウソンさまですが、この作品はやっぱりウソンさま中心に作られているらしく主演8人って、ウソンさまダントツに出ていらっしゃいますではないですか。切り替わりは必ずウソンさまに行くのです。で、前髪が短めにたれていてダサいんだけれども、それでもやっぱりウソンさまです。これってわざとダサく見せているのかと思うんですけど、かっこよくっちゃいけないんじゃないの?って思ったわけです。ごくごく一般人でなければいけないのですよ。でもかっこいいんだわ。隠せないかっこよさがあるわけ。いつものようにオーラがんがん放つのではなく控えめにそれでも、誰よりもいいぞ!とはいえやっぱり戦うウソンさまをみたいと思う夜でした。
劇場券も持っているので次は映画館で!

前回レビューはこちら

ところでこの作品、韓国では去年の秋に公開されたそう。日本でもアメリカでも韓国でも秋はラブストーリーというのが定番なんですね。ここ数年の傾向は秋の韓国で当たる映画は1本だけなんだって。何本も公開になっているのに。そして、この作品はこけました。豪華俳優陣が出演しているにもかかわらず…です。そして去年の秋に大当たりした作品が「ユア・マイ・サンシャイン」なんだって。作品内容はどっちもどっちって感じだけれども(私の個人的意見です)、カリスマ俳優チョン・ウソンがファン・ジョンミンに負けるのね。メロドラマの女王ソン・イェジンもチョン・ドヨンに負けるんだから仕方ないか、って、「四月の雪」じゃあ、ね。今年の秋の韓国映画は、カン・ドンウォンとムン・グニョン作品(共演しているわけではありません別の作品です。)にお客さんはいっていました。まだ、韓国で映画をみる勇気と時間がないのでみて来ていませんが、次はなにかみてこようかなー、ってもう行く気になっていますが、行けても来年の5月かな?
by chikat2183 | 2006-10-31 22:21 | 映画2006
「7月24日通りのクリスマス」ニッショーホールで鑑賞

ニッショーホール、ウソンポスター貼ってない。消防会館でしょうが!消防官募集とかそんなのばっかり。ウソンポスターで消防官募集すればいいのになんて余計なお世話でした。
d0020834_2223452.jpg

根っからのクリスマスムービー。商魂たくましい誰かがクリスマスを年に一度の恋人の日みたいに変えてしまいました。メリーチョコレートがバレンタインデーをチョコレートの日に変えてしまったように。学生の頃はこんなに盛り上がるようなクリスマス商戦もなく、純粋にキリストの誕生を祝ったものです。学校で配られるクリスマスケーキがやたら嬉しかったり、キャンドルサービスがやたら楽しかったり。聖歌隊の歌に心底聞きほれていたり…。今のクリスマスは大嫌い。もともと学校行事でクリスマスをお祝いしたけれども、仕事をしている現在はそんな余裕もなく、年末の1日を早朝より深夜まで仕事に使っていて、その日が終わった頃に今日はクリスマスだったのかと感じる程度。なんだかロマンチックも何にも感じたことは1回もないし、これから先も無いでしょう。ってひがんでいるわけではないのです。時代がそうさせているのだかはわからないけれども、私の周辺にクリスマスを浮かれているひともいないのでピンとこないのです。
ハリウッド映画が特別な日としてクリスマスを映し出すことはお国柄もあるしなんとも感じないし、最近は韓国映画もそんな雰囲気作ってきていますよね。そんな中で日本で作ったクリスマスムービーは王子様にあこがれる大人の女性。クリスマスのデートムービーとしてはいい感じかも知れないけれども、男性サイドから見るとこれはどうなんだ?と聞いてみたいです。コミックの世界と自分の人生が重なってしまっている設定。ただ気になるのは中谷美紀が何歳の女性を演じているのかということ。30過ぎて王子様を追いかけているんだったらアホじゃない?25歳までだったらどうにかゆるせるかな?役所に勤めているわけだし、現実があるということはわかっているはずなのに怪しい女に思えてしまいます。もう少し若い女優さん使っていればもっと共感できたかも。ってラスト近くのクリスマスツリーの前のツーショットシーンは中谷美紀が柴咲コウにみえてしまって仕方なかったのです。やっぱり似てるよねあの2人。はじめからラブファンタジーの世界を堪能するためにみていれば王子様にうっとりしたりとか自分の恋愛に重ねたりとかかなり入りこめるかもしれません。ラスト王子様を手に入れてしまうところはコミックの世界です。バックに流れるクリスマスソングの数々がテンポのいいリス無でかなり音楽に乗せられている効果があるようです。テーマソングはKが歌っているんだけれど、連れが「誰?」というので「韓国人」といったら「キレイな日本語だね!」って。最初平井堅かと思うようなきれいな高音でしたがやっぱり違うのでだれかなーと思っていたところクレジットされたのはKでした。クレジットといえば中谷美紀じゃなくて大沢たかおがトップだった。王子様強し。たしかに王子様にはいい配役かも。脇もかなり豪華なので楽しいです。中谷美紀は「松子」と微妙にかぶってしまっているのが残念でした。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-10-30 21:40 | 映画2006
「トリスタンとイゾルデ」新宿武蔵野館で鑑賞
d0020834_1134729.jpg

こまったちゃん。にいただいたチケットです。
たくさんたくさん試写会が当たっていたのですが、全部スルーしました。一番の原因はSMAPの東京ドームのコンサート。配りきれないほど当たっていたのですがあげるたびに「あなたはどこへ行くの?」と聞かれ「ずいぶんいいところへ行くね」といわれ…。すごく昔に感じますがそんなに前でもないのです。そのとき一番最初に感想を教えてくれたまりこさんは「若者向けに出来ていて共感し辛い」というものでした。その後「こういうの大好き」という私たちと同年代のおじさんやら「共感できないわけでもないし、意外に良かった」という意見も聞かれました。みんな感想は違って当たり前だから。ただみんな口をそろえて「王様が渡辺謙に似ているけど、すごくいい人だよ。」って。予告とか雑誌の紹介欄を見ていると確かに似ているけど、スクリーンでみる限りはそんなに似ているかなー?というぐらいでした。
私にしては珍しく冒頭からはまっていました。食い入るように画面をみて、涙すら流していました。自分でもおかしいなー、と思ったけど、そんなこともあるのです。ハンカチ出して涙を拭いている姿を見て隣の席に座っていたオジサンはどう思っていたんだろう。ってちょっと恥ずかしくなりました。監督はケヴィン・レイノルズ「ウォーター・ワールド」ってみた事あるんだけど、ケヴィン・コスナーのうろこが生えている半魚人みたいな?地球が水で覆われちゃう?みたいなストーリーだったと記憶していますがそれでも「ナンじゃこれ?」でした。今回は製作サイドにトニー・スコット、リドリー・スコットなどをむかえ壮大なプロジェクトで作られた歴史大作。といってもフィクションでありファンタジーなんだと思います。たしかチラシには「ロミオとジュリエットの元になった…」というようなことが。敵同士の悲恋であって上司の妻との不倫であって、面白い要素がかなり詰まっているのが良かったです。ジェームズ・フランコもスパイダーマンではそんなに気にしてみていませんでしたが、若く美しい中世の戦士を熱演。戦う男は素敵です。そして男の泣き顔に弱い私なのです。美しいとは言ってもツボにはまるタイプではないのに、涙を流しながら王様の相談にのっている姿には全く泣かされました。ソフィア・マイルズもキレイだった。そんなキレイな人たちにも負けず景色もめちゃめちゃきれい。やっぱり女性としてはまる要素はたくさん持っている作品だったと思います。私は好きな作品です。★★★★☆
by chikat2183 | 2006-10-29 23:58 | 映画2006
d0020834_102353.jpg
d0020834_1024578.jpg


ポイント消化の宿泊ですが、なんとコーナースイートです。一泊115000円もするお部屋らしいです。なんかウチより広い気がする。ホテルは無機質で邪魔なものがないし、そう感じるのかもしれませんが。でも寝室だけでも相当広いし、リビング(?)はさらに広い感じです。
今月は3週続けて外泊ですが、一番広くて一番清潔で一番豪華。日本のホテルのレベルの高さってすごいなーって感激しました。今日は家族3人で宿泊。喫煙ルームのため2Fという低層階。見える景色は日枝神社の杜。ギリギリでもポイント消滅の前に泊まれてよかった。危うく捨ててしまうところでした。それにしてもホテルごと壊してしまうんだからもったいないよねー。
なんとスイートってアメニティも違うのです。この前普通に宿泊したときは国産のシャンプー、リンス、石鹸だったのですが、今回は全部おフランス製ザンスよ。香りも微妙におフランス。純国産人間の私にとってはちょっと合わないところがあったらしく、朝起きたら髪の毛が大爆発を起こしていて、今日は1日爆発のまま。久々にとんでもないことになっておりました。広いせいか室温がちょっと低めだったのか暑いと思って片足をベッドから出して寝ていたらしく、そっちの足、明け方につってしまいました。昨夜、飲み会の2次会で、「年取ると足つるでしょう?」って誰かが言っていたのを思い出しました。なんとも暗示にかかりやすいタイプなので。今日は右のふくらはぎが1日痛かった。髪の毛爆発と2重の苦しみ。
思い起こせば、おねぎちゃんとツネくんの結婚式はここだったよね。何年前かはひみつだけれど。だから一緒に泊まろうって誘ったのに!実は2人で宿泊ということになっているのでアメニティが全部二人分しかありません。タオルは持ってくればよかったと後悔。でも広いリビングの応接セットは10人くらい座れるようになっています。
キャピトル東急といえば…。ビートルズ?マイケル・ジャクソン?ピンク・レディ?(ピンク・レディの二人は一番売れているとき、マンションのかわりにここに住み込んでいたんですよ!)
イヤー、「MUSA」などのプロモーションのときはチョン・ウソンssiも使ったってしっていましたよ~~~ん。そして去年、ヨン様が来たとき、ファンのおばちゃんの交通事故事件があってオータニからヨン様は脱出してここに泊まっていたんですよねー。すごいところなんですよ、ここのホテル。
by chikat2183 | 2006-10-29 21:30 | 旅行

d0020834_1042197.jpg
月一の飲み会は、全員未体験のジンギスカンへ。全員が一番出易い場所、六本木ということはほぼ決まっていたので『くろひつじガーデン』を予約。未体験というのは、全く初めてというのではなく、このジンギスカンブーム中で(もう下火?)東京では未体験という意味。北海道にも皆さん行っているし、マザー牧場とか色々なところでは体験済み。実は私は今日のランチは福鮨でした。昼夜違うメンバーだけれど同じ場所だよなー、とちょっと複雑な心境。前はカリフォルニア料理だったこの福鮨の2F。いつの間にかジンギスカンに変わっていて全く知りませんでした。、雰囲気はジンギスカンの店という感じではないです。ガラス張りの店内が広く感じられるし、こんなに火を使うところなのに全体的に白が基調にされている店内。4人だったらボックス席なんだろうけど、6人だったのでテーブル席で七輪を運んできてくれました。全員がビニール風呂敷のようなエプロンを着て食べるぞー!という雰囲気。ホットペッパーからクーポンを打ち出してもって行きましたが、クーポン上の4000円で飲み放題つきのコースがなんとクーポンなしで3000円ということで、クーポンは無用でした。
キムチ、トマト、肉、野菜、ごはん、ソフトクリームに飲み放題が付いて3000円です。肉は追加すると別料金といわれたけど、追加料金取られませんでした。3000円ぽっきり。
満足のジンギスカンでした。

写真は写しましたがPCに接続できないので貼り付けが出来ません。カメラが治ったら乗せようかな?

ぐるなびはこちら
ホットペッパーはこちら

11月の集まりは「六本木ヒルズクラブ」から一転、代官山(?)もつ鍋「蟻月」になりました。
by chikat2183 | 2006-10-28 23:05 | おいしいお店
「ドラゴン・スクワッド」シネマート六本木で鑑賞

若くて美しい男の子たちのアクションエンターテインメント。毎週シネマートに通っていたらいつの間にか看板が「トンマッコル」と「ドラゴン・スクワット」に変わっていてどうしてもみたくなったので行ってきました。ウソンさまもいつの間にか「Sad Movie」だけになっちゃったし、消しゴムも今日でおしまいだしね、ここの劇場ともしばらくお別れ。それでもポイントは7つたまっているのです。
若手エリート警官たちと世界的マフィア(?)組織との戦いを描いた作品。特別ひねりもないし、ありきたりなストーリー展開。ま、それはそれでいいと思うし「インファナル・アフェア」のような複雑なストーリー展開や感情を持った作品を期待していたわけでもないし、頭を使わないでたのしくみられればいいなくらいの気持ちでいってそのまんまそんな作品を見てきました。
ヴァネス・ウーもショーン・ユーもかっこいいし、それだけでいいわ。なんてまた不純な動機。敏腕刑事の役だから、ヴァネスは左利きのスナイパーだし、ショーンはまたまた敏腕ドライバーでドリフトさせるようなシーンもあって「頭文字D]を思い出させるようなところもあります。ショーンは口ひげ生やしていて最近のアジアンスターは口ひげがはやり?
そんな彼らも最後のシーンは派手にやられてしまって目を覆いたくなりますが、それでもキレイです。
マイケル・ビーン、マギーQ、ホ・ジュノなど各国の俳優さんたちが共演するのもちょいと楽しい。
世界的悪の組織なんですものね。連合軍なんだもの。
なぜか今日は感想にもならない感想です。
何も考えずにみて楽しいです。ちょっとカメラワークが早すぎる感じもありましたが。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-10-27 23:39 | 映画2006

「虹の女神 Rainbow Song」

「虹の女神 Rainbow Song」新宿シアターアプルで鑑賞
d0020834_043514.jpg

久しぶりに上映後にさわやかな気分になりました。嫌味がない、そんな作品。
熊澤尚人監督の作品はみたことが無いけれど、はじまってしまえばこれは岩井ワールド炸裂でした。今回岩井監督はプロデューサーであって今回監督はしていないはずなのに、明るさを抑えながらも美しい映像。ドキュメンタリーを感じさせる台詞まわし、役者さんたちの息使いすら聞こえてくるような自然さ。イッチーも上野樹里も素でやっているのではないかと思わせる演技。市原隼人にしても蒼井優にしても岩井監督にすれば子供の頃から彼らと接し作品中には無くてはならない存在。今回は脇役の蒼井優も変則技での登場。なんと盲目の少女。これがまた上手いので盲目の役をやる役者さんたちは是非見習っていただきたい。なんて思わされました。上野樹里もいつもながらに元気な役どころではあるけれども、結果的には飛行機事故で死んでしまっているわけだからさわやかに感じるという表現はおかしいかもしれないけれども、やっぱり気持ちのいい終わり方。そう感じました。作品の中心は大学の映画研究会。とにかく、大学ってこんなところだったよな~、とかサークルに没頭する姿が懐かしくさえ感じられました。サークル活動も、いってしまえば体育会も同じようなもので、私なんて特に体育会に振り回された生活をしていたから、活動そのものが好きでなかったのにやめる勇気もなく、今考えればみんなそんな時代をすごしているんだな、なんてかわいくさえ思いました。部室って狭かったよねー。なんてね。仲良しだった応援団の部室は一回り大きかったよなーとか変なこといっぱい思い出しました。(チアリーダーでもなく一般の女子学生が応援団の部室に出入りしていた私も今になって思えばやっぱり変だったんだなー。)
劇中劇というのも、ここまで素人っぽくへたくそな演技をするというのもあの2人の演技ならではのこと。逆に自主制作映画の中でお坊さん役の父親小日向文世は素人のクセに上手すぎる!何てことも感じました。この作品の中で一番違和感があったのはイッチーの年齢で大学生の役は普通にそうみえるしOKなんだけれど24歳社会人のイッチーはちょっと無理。あの童顔は普通じゃないもの。お肌はつるんと卵肌だし。それにしても上野樹里、蒼井優、沢尻エリカ、宮崎あおい、この若手4人の今の出方って普通じゃなくない?勢いって言うのはこういうものなのですね。
必ず誰か出てるでしょう。そんな中で上野樹里と蒼井優、姉妹の役といってはじめは???だったけど、この2人の上手さに普通に思えてしまいました。
途中、相田翔子もかなりおかしい。無理やり突っ込んだストーリーみたいな感じもしますけどね。そんなに期待していかなかったけれど何気にすんなりとみてしまった青春ラブストーリーでした。若い人はタイムリーに今の自分として、若くない人はその頃の自分と重ね合わせて共感の出来る作品です。★★★★☆

ところで夜の歌舞伎町というのは東京じゃないね。異星です。もう異国でもないもの。ガイジンさんなんて普通だもの。ヒゲガールのお嬢さん方は掃除してるし、ホストらしき人たちは客引きしてるし、893屋さんらしき人たちもたくさんいるかと思えば、なんちゃって高校生やらメイドやら一般人でいることのほうが恥ずかしくなってしまいそう。あたらしいテーマパークかもしれません。
by chikat2183 | 2006-10-26 22:29 | 映画2006

「麦の穂をゆらす風」

「麦の穂をゆらす風」TOKYO FMホールで鑑賞
d0020834_732179.jpg

カンヌでパルムドールを獲ったからといって誰でもがうけいれられる作品であるとは限りません。作品がいいとか悪いとかそういう問題ではなく「麦の穂をゆらす風」という邦題から感じられる作品内容とは全く違うものなのです。だからこれにだまされてみてしまった!と思う人も多いと思います。この邦題、実際に和訳すればこうなるんだけれども、バックに流れる曲の題名であって、作品内容はかなりきついです。そんな曲すら私は知らないし、どの曲がそうなんだかもわからないです。美しい音楽は流れていなかったと思うのでそれも監督の狙いなのでしょう。実際私の隣にいた女性、かなりの映画好きらしいけれども30分で退席しました。その後10分でその連れの方も…。それからすぐ真後ろの人も。隣の女性はもう頭を下に向けて顔を手で覆い、ほとんど画面を見てはいませんでした。それぐらい内容を下調べしてあればそんなシーンの連続であることは理解できていたと思うけど、しかたないかも。とにかく戦争映画のような派手な銃撃戦ではないけれどもそれよりもみるに耐えない残虐なシーンの連続です。監督はいったい何を伝えたくてこの作品を作ったのか、私には伝わるものが無かったそれぐらい厳しいシーンや恐怖におびえるシーンの連続。早い話が反戦何だろうけど、銃撃戦よりも人間のいやらしさが出ていてて、実際にはこんななんだろうと思わさせられます。しかし、戦いも誰と誰が戦っているのかを理解するのがとても難しいのです。仲間であったはずの兄のテディとデミアンがいつの間にか敵になっているんだけど、微妙な感情や思想の行き違いとか権力闘争とか、宗教上の問題とかそんなものが複雑に絡まって結局は兄の手によって弟は処刑されてしまうのです。前作「プルートで朝食を」で妖艶な女装姿を見せたキリアン・マーフィーですが今回は何だろう、良くわからないけど主演です。彼が中心に描かれているけれども彼ばかりではなく彼を取り巻く仲間とか遠目で見た感じでしょうか。作品は丁寧に作られていることは感じられます。賞をとるのも納得できるような作品ではありますが、とにかく残虐さばかりが印象に残ってしまいます。たまーに写される美しい風景がほっとっせてくれます。キャッチコピーに書かれている感動とか涙とかそういうものは期待しないほうがいいと思いました。
★★★☆☆
今年は兄弟をテーマにした作品が多いですが、それぞれが個々の人間であって同じ環境で育ったとしても同じ感情を持ち合わせないし、考え方や生き方そのものが根本的に違うので血が繋がっているだけに複雑なものだということは理解できました。
by chikat2183 | 2006-10-25 23:03 | 映画2006
「ユア・マイ・サンシャイン」サイエンスホールで鑑賞
d0020834_22191427.jpg

後半泣きモードに入ってる人がたくさんいたようです。鼻水をすする音が結構聞こえました。でも私は泣きモードにはまったくならず。つぼには入りませんでした。どこがツボだかもわからない。
韓国での実話を基にした作品だそうで韓国でのラブストーリーNo1の作品だそうです。「私の頭の中の消しゴム」を一気に抜いたんだって。それはすごいことだと本気で思いました。それは何故かというと主演のファン・ジョンミンはちっともかっこよくないし、チョン・ドヨンもそんなにきれいとかかわいいとかいうタイプでもなかったから。ラブストーリー=美男、美女という認識からはみ出ているところがすごい。ストーリー上美男ではいけないのかもしれないけどあそこまでダサくていいのか!なんて思っちゃいました。ド田舎にあんなに垢抜けた美人風の人はいないだろうケドね。って言っちゃったら田舎の人たちに怒られるよね。キレイというかケバイというか派手というか、美人に見えるんだろうな。そんな美人さんに一目ぼれしちゃうのもありえねー!と思ってしまいます。人は見かけによらず純粋に人を愛せるということをつたえたかったんだろうとは思うけれども、なんか韓国の法律がわからないので彼女は売春で捕まったんだか病気で捕まったんだもかわからない。大体韓国で売春ってどうなのよ。基本的にそこからわかってないんだから。あんな昔の吉原のような歓楽街が存在しているのとつかまってしまうのとそのあたり文化の違いでわかりません。そしてその中も人身売買で仕組まれているんだから昔の日本みたいだけど今でも本当にそうなのでしょうか?そして、彼女だってそんな仕事をいていて続けているのだったらもっと自分の体を大切にすると思うのです。HIVに感染することぐらいそういう仕事をしている以上一般人より詳しいはずだし自分を守る術を知っているはずなのに、「知りませんでした」ではすまないことぐらいわかると思います。相手の男性だって仕事を理解してまで愛せるとしても結婚する前に検査ぐらいするでしょう。こっちも「知らなかった」ではすまないはず。そしていい年の男の純愛。それはわりと許せるんだけれども、あそこまで一途に愛されるとどんな女性であっても落ちちゃうのかなー。逆もあり?いい年のオトナの純愛というのが泣かせる要因なのかもしれません。日本では「消しゴム」を抜くというのはありえないでしょう。「猟奇的な彼女」を抜くのも無理。だって韓国って「グエムル」が記録持っているんでしょう。やっぱりお客さんの入り方って日本とは違う何かがあるんですね。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-10-24 22:23 | 映画2006
「私の頭の中の消しゴム」シネマート六本木で鑑賞
d0020834_23293647.jpg

泣けない!何で?
チョン・ウソンSP最後の作品。
今週一週間の限定特別上映なので、どうしても大きなスクリーンでみたかったので行きました。本当は「Sad Movie」をみようか迷っていましたが、これが劇場でみるチャンスは最後かもしれないし、この状況でグスグスいいながら泣けると思ったの。ところが…。
上映2分前にチケットかってあの部屋の中3人しかいませんでした。それでも予告上映中に3人増えて6人。2度と上映してもらえないような感じ。雨だしね。寒いしね。
さすがにストーリーが完璧に入り込んでいるので、シーンも台詞も勝手に先走って出てきてしまいます。極端なことで無精ひげの生え方まで。でも最初にみたときはほとんど無意識にみているのでそんなに細かいところまではチェックしていないし、DVDでみたところで完璧ではないので大きな画面でそれこそヒゲの生え方などばっちり。チョルスが車の中でヒゲをそっているシーンで口ひげがなくならないのには笑いそうになっってしまいました。
6人しかいないので、誰かが泣けば…一緒に泣ける予定だったけど、全く涙も出ないのは何故?ここが泣き場と思ったのはチョルスが病院に症状を聞きにいったときとスジンの置手紙。そして壁に貼られた1000枚に及ぶメモ。ハングルがわからないのは悔しいです。
上映終了後に思ったこと。殺し屋パクウィのほうが私は好き。髪の毛が長すぎる。やっぱりこの作品をだけだったらはまらなかったと思います。

昨年のレビューはこちら
by chikat2183 | 2006-10-23 22:33 | 映画2006