人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2006年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

久しぶりの幹事会です。幹事会=飲み会と言われています。幹事じゃない人大歓迎らしいです。どうも私の都合に合わせてくれたらしく約2ヶ月前から決まっていましたがいつもは土曜日なのに今回は金曜となりました。男子諸君が出やすいように?出席は11名。今回はジュンコが幹事会の幹事を務めました。場所は表参道「京都おばんざい 茶茶Ryu‐rey」まだ新しいお店らしいです。とても雰囲気のある感じの良いお店。幹事のジュンコは遅れてきましたが彼女にとっては運よく世界のD社J氏と近くになりこの二人シモネタ連発で。前回新年会でジュンコはD社J氏と一番離れてしまったため不完全燃焼だったとか。良かったね。今回は近くて。そしてジュンコご指名のハジメちゃんもJ氏の隣にいたし。(J氏とハジメちゃん怪しいかも?)写真を撮りまくっていたのでこのブログを探すらしいので今回のキーワード世界のD社J氏。もう3回も書いたからヒットさせてよね!!
d0020834_11312881.jpgまずはビールから








d0020834_11321732.jpgd0020834_11323394.jpg








d0020834_1137182.jpgd0020834_1137254.jpg








d0020834_11375696.jpgd0020834_1138107.jpg








d0020834_1139698.jpgd0020834_11391785.jpg








d0020834_1140751.jpgd0020834_11402149.jpg








d0020834_11405520.jpgd0020834_1141879.jpg








d0020834_114158100.jpgd0020834_11421476.jpg








d0020834_11435973.jpgd0020834_11441467.jpg








d0020834_1145444.jpgd0020834_1145197.jpg








d0020834_11461338.jpgd0020834_11463659.jpg








d0020834_1148449.jpgd0020834_11481627.jpg








d0020834_11493769.jpg
茶茶サラダ         水菜サラダ
寄せ豆腐          湯葉のお刺身
出し巻き卵         おばんざい3点盛り
しいたけのソテー     ギンダラ西京焼き
たこのしょうが醤油    牛肉たたき
茶茶コロッケ        大根と豚の角煮
茶そば            梅ソーメン
            焼きおにぎり        〆のおにぎり
バニラアイスとあんこの春巻き     ブリュレ
抹茶アイス                 最中アイス
わらびもち                 クーポンのお抹茶セット
そして世にも珍しい(?)山口県特産フジヤマサイダー
みんな勝手に注文して勝手に食べて勝手に飲んでいるので誰が何を食べているかさっぱり解りませんでした。しかしD社J氏はアルコールを飲まず。何かをつまみながら茶そばとおにぎりを食し、そしてお決まりのデザート類へ。そして会話は…。

ぐるなびはこちら
by chikat2183 | 2006-06-30 23:59 | おいしいお店

「幸せのポートレート」

「幸せのポートレート」よみうりホールで鑑賞

本日の試写状こまったちゃん。に交換していただきました。交換品は明日の「ブレイブストーリー」これで当選4組目。アニメって当たり易いの?とにかくありがとうございました。
d0020834_15341491.jpg

サラ・ジェシカ・パーカーってドラマも映画もみた事ないのですが、余り好きではありません。食わず嫌いかと言うとそうでもなくてやっぱりあのべたべたした話し方が好きではないようです。美人なんだろうけどなんか受け入れられません。このサラ・ジェシカ・パーカーが中心かと思ってみていたのですがなんとエンドロールにクレジットされていたのはクレア・ディンズでした。後半しか出てこなかったのに驚きました。確かに、主人公のメレディスは変です。婚約しようとしている彼氏の家でクリスマスを過ごすのに、自分の変なところを理解していないし、理解しようともしないしだから直そうともしないし、受け入れようとする家族も拒絶するのはこの先家族となるのは無理。エヴェレットもなんでこんな女と付き合っているのかと理解しがたかったです。それもやっぱりサラ・ジェシカ・パーカーが好きでないので女優サラとメレディスとどうも被ってみてしまったような気がします。実際この作品の撮影中にサラ・ジェシカ・パーカーとダーモット・マローニーは犬猿の仲でひどいことになっていたとか聞いたような気がしますが…。自由な家族と堅物のキャリアウーマンを対照的に見せているようですが、メレディスを浮かせる設定が実際に演技でなくて浮いている感じ。コメディタッチで作ってあるのでげらげらと言わないまでもくすくすは笑えます。クレア・ディンズは全く演技をしているんだかどうか解らないような普通の女の子で好感度大。久しぶりに見た感じもするけど…。相変わらずダイアン・キートンの落ち着きぶりと貫禄はお見事。かっこいいよね。最後ポートレートの中のダイアン・キートンもテーマになっているだけあって素敵です。彼女は悲しい結末ですけど、とても前向きな生き方にあこがれます。全体に軽く流せる程度のストーリーですが、何気なく終わったとにほんのり暖かい気分になれました。どうしてかはわからないけど。クリスマスムービーなのにどうして日本公開は真夏なんだろう?★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-06-29 22:01 | 映画2006

「ブレイブストーリー」

「ブレイブストーリー」ニッショーホールで鑑賞
d0020834_1022524.jpg

宮部みゆき原作の長編冒険ファンタジーをアニメ化した作品。テーマは家族愛。しかし…。
ジブリ作品の緻密で繊細で美しい画像とはまたちがったとてもアニメらしい親しみやすく受け入れやすいキャラクター設定。アニメの原点を感じさせます。設定が小学校5年生のごく普通の少年ワタルなんだけれども、5年生にしてそこまで思慮深くなれるかどうかは疑問。もう少し年齢が高くてもよかったかな?たとえば中学生ぐらいに。ファミリー向けアニメと言うことで父の離婚、や母の病気(原作は父の浮気、それを追う母の自殺未遂らしいけど)その辺はあっさりと。でも、父が家を出て行く理由と言うのが余りに幼稚で聞いていてばかばかしくなりました。それぐらいにしないと小学生には受け入れてもらえないかも。そして子供のかわいらしい顔に比べて、この両親の顔つきの地味なこと。お父さんなんて怖いくらい地味。作品中80%はワタルの台詞。この声を担当しているのが松たか子。初めは子供同士の生活だから気にならなかったけれども、話は進むにつれ感情表現がかなりヒステリックで甲高い声がかなり聞き苦しく辛いです。決して下手ではないのです。耳に突き刺さると言うか頭に響くと言うか…。それに比べてウエンツ君は控えめ。キャラクターそのものがそうなんだけれども感情をいなくしていました。
d0020834_1024648.jpg

この作品、色々なタレントさんが声優を務めていてどうやら声優さんは使ってないみたいです。初めから誰が何の役をやっているか知ってからいったほうが面白いかもしれません。そして協賛しているシャンプー「メリット」通り過ぎるバスの側面広告に1度出ていましたが、それは企業イメージや商品イメージだからタイアップして宣伝するのにはいいかもしれません。
肝心のストーリーですがお母さんを救うために勇気を出して…だけれども、勇気を出すと言うより成り行きでああなっちゃったね、こうしなくちゃね。と言う感じに取れました。周りのキャラクターがほとんど活かされていなくてワタルばっかりだったのが残念。でも最後はお母さんじゃなくて…。少年の成長過程をあがいているらしいですがちょっと物足りなさを感じました。夏休みのファミリームービーとしては誰でも楽しめるようにできているのでいいと思います。「カーズ」よりも万人向けだと思います。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-06-28 22:28 | 映画2006

「STAY」

6月18日「STAY」恵比寿ガーデンシネマで鑑賞
d0020834_10101023.jpg

やられた!と言った感じ。はっきり言って(いつもそうなんだけれど)私の理解力がないためほとんど理解できてないけど、監督の言いたいことは良くわかった気がします。一所懸命謎解きを心がけた私の見方が間違っていたようです。謎解きを始めてしまうとどんどんストーリーが進んじゃって謎解きが追いつかなくなって自分が苦しくなる、そんな感じです。特にもう10日もたってしまってから書いているレビューなので画像は鮮明に記憶にあるのだけれどストーリーが理解の枠から外れてきています。理解できなきゃ理解しないで映像とともにどんどん行っちゃえば良かったのだと思うのですが。画像は本当にすごくて上のフォトでも語りつくせないけれど、とにかく上からとか下からとか斜めからとか直線なんだけれども角度がすごいのです。うまく表現できませんが。一番記憶にあるのは階段。螺旋階段を下から写したり下から写したりスパイラルな感覚で写すことは良くあるけれど普通の階段を横に写してきたシーンには驚いた。こんな映像は初めて見ました!!!まさに感動。ユアン・マグレガーもナオミ・ワッツも俳優としての露出が多いので特に書き留めることもないのですが、ライアン・ゴスリングは見直しました。「君に読む物語」なんとも冴えなかったじゃないですか。特別イケメンでもないし。その彼の演じる画家志望の青年、おどおどしているところとか、とにかく陰のある(精神を病んで自殺願望があるんだから当たり前?)難しそうな役どころを好演。この路線いけるんじゃないでしょうか。
d0020834_10252245.jpg

謎解きするなって言われればもっと楽しめたのかなこの作品。とにかく難しいので興味本位で行くと後悔します。当たったチケットだったので得した気分。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-06-27 21:25 | 映画2006

「サイレントヒル」

「サイレントヒル」 東京厚生年金会館で鑑賞
d0020834_14514589.jpg

夏はやっぱりホラーでしょうか?最近のホラーってあまり恐怖を感じないのですが、特にハリウッドのホラー。日本の怨念のこもったホラーがアメリカよりは1枚上かな?ドロドロしたところは多少韓国もいいかも。この作品の原作は日本のゲームメーカー コナミが作ったゲームだそうです。ゲームはしないのでその点は良く知りません。ゲームでも相当怖いといううわさは聞いたのですが、さて。ホラーなのにビジュアルがすごいというふれ込みですが、今までとどこが違うのか私には解りませんでした。廃虚、怨念、血、虫、火、魔女…。ホラーにつき物のそれぞれの要素は全部あるのですが。確かにホラーだけれどもファンタジー作品的な要素はかなりありました。初めからゲームだと思っているので多少辻褄が合わなくてもいいとしても…。この作品にショーン・ビーンという名優が必要だったかどうかはかなり疑問。
d0020834_14522347.jpg

内容はネタバレになってしまうので書きませんが、この家族初めからどこか変だし(別居してるみたいな雰囲気あり)、婦人警官もなんで近寄ってきたかが全く解らないし、途中から普通の世界と闇の世界が別々に描かれている割にはショーン・ビーンの存在している世界がどっちつかずみたいになっているし。魔女が「ここがゴール」と言った時、またまた謎解きの大事な字幕が真っ白な灰の中に白字で書かれて読めなくて不完全燃焼。勇敢に立ち向かう母親のローズ役のラダ・ミッチェルはシャーリーズ・セロンに雰囲気が似ていました。実の親でなくても母は強し。しかし…。ラストの衝撃はキライじゃないけどあまりに簡単。子役の女の子の怨念に満ちた冷たい視線もものすごく印象的。今でも思い出せるあの視線。他に一箇所鳥肌が立ちそうなシーンがあったけれどどこだったかはわかりません。たぶんあの女の子の冷たい表情が一番怖い。もうひとつローズが「何故私なの?」魔女「あなたがシャロンを選んだから」この台詞もすごく解るんだけど父親無視しすぎだと思うんですけど。それなりに恐怖は体験できます。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-06-26 22:13 | 映画2006
来月早々にヨーロッパへ転勤するT氏の送別会。今日も東京全日空ホテルの清水さんのお力添えで36F「マンハッタンラウンジ」です。遅い時間からのランチビュッフェの設定で(早くからだとその分飲みまくるから)T氏家族全員と長男の彼女も出席、全員で13名。T氏は世界のタイヤ○○○○○○にお勤めで今日の出席者は全員家族ぐるみのお付き合いというか、腐れ縁というか、会話がすべて本音。気の置けない仲間たちです。で、彼もここにいるときだけが心の癒しといってくれているので日ごろのストレスは大変なものなのでしょう。単身赴任するT氏ですが「絶対行くからね!」といったらずっと黙っているので「冷たい人だ!」といったら「断ったってくるでしょう?」だって。三社祭りのときにYちゃん23歳が「おじさん行くからね」といったら「ウン、いつでもおいで待ってるよ」だって。スケベオヤジじゃない。みんなからの忠告は「セクハラはしないように」でした。こんなことを書いちゃうと本当に変なオヤジに感じますが、実際には東大卒の超エリートで結婚前に現夫人に生まれて初めて「あなた馬鹿じゃないの?」といわれて大ショックを受けたというお方。それまで彼女と知り合うまで誰にも「馬鹿!」といわれたことがなかったのだそうです。やっぱり東大の人は違うのねえ!といつも言われております。
清水さんから全日空ホテル開店20周年の記念のペットボトルに入ったミネラルウォーターをお土産にいただきました。
d0020834_1525019.jpg1皿目はいつもサラダ系です
今日のスープはクラムチャウダー






d0020834_1535754.jpg炭水化物と温野菜
パスタは貝割れとツナ
あとカレーも少々いただきました。
あなごご飯がとてもおいしかったです。



3時間ばかりここで過ごした後2次会はアークヒルズのカラヤン広場で缶ビール。つまみなし。公園で缶ビールという発想だったのに、こんなところでやっちゃうところがすごいところ。トゥーランドットのカリスマシェフ脇屋氏が通りかかりました。
by chikat2183 | 2006-06-25 22:32 | おいしいお店

広尾 「のろ」

広尾「のろ」で大阪風お好み焼きを食べました。島田紳助が共同出資してTVなどで宣伝しているのでずいぶん有名になってしまったようで、予約が取れないことでも有名。なんと問い合わせてKさんは予約が取れるその日のその時間に待機してまで予約を取ってくれました。ありがとう。お店はまだ新しくとてもキレイです。1Fはテーブル席で20席ほど。予約のためか私たちは2Fの個室でした。入り口が狭いお茶室のような個室ですが落ち着きがあります。6人でしたが10人以上は入れると思われる大きなお部屋でくつろげました。
d0020834_11145542.jpg
まずはサラダから
豆腐のサラダ






d0020834_11153514.jpg水菜とベーコンのサラダ








d0020834_11174456.jpgふんわり山芋たっぷり
とんぺい(チーズ入り)
ふんわりとローーーーリが絶妙で美味しいです。
必ずお好み焼きを食べる前に食べてみてください。味が繊細なので濃い味の前に食べないと物足りないと思います。
このあと、キムチ入りも注文しましたが見た目は同じ。
d0020834_11234763.jpg
塩焼きそば







d0020834_1125611.jpgのろ焼きスペシャル
こちら側はカイワレ中心ですが反対側はにんにくのトッピング






d0020834_11265324.jpgのろ焼き明太もちチーズ
実際はもっとピンク色
これは注文したお好み焼きの中でみんなの一番お気に入り。





d0020834_11285240.jpg広島越え山口風









全体にマヨネーズとソースがかなりたくさんかかっていて味が濃い目。ということはお酒が飲みやすい味付けです。塩焼きそばもかなり塩辛いです。お酒をのんでわいわい騒ぐのにはいいですが、食事には不向き。お店の雰囲気はとてもいいですが、TVで絶賛されるほどのものでもないような気もします。TVの影響力、オソロシヤ…。
次回の集まりは夏のビアガーデンで。

グルメぴあはこちら
Yahoo!グルメはこちら
by chikat2183 | 2006-06-24 23:29 | おいしいお店
「カーズ」2回目 日本語吹き替え版 TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン5で鑑賞

何故か「カーズ」ばかり当たります。それだけ色々なところで募集していたのですね。あまり貰い手がいなかったのですがそれでも家族や知人に配りまくっていってもらいました。みんなの反応がすこぶる悪く「つまらなかった…」「わからなかった…」ばかりであまりいい評価を得ませんでした。せっかくディズニー+PIXERなのに。そして今日のこの試写会もこの前一緒に行った連れに「もう一度行かない?日本語なんだけど…」といったら「1度で結構。面白くなかった。」といわれたのです。そのほか何人か誘ってみましたが皆さん用事があるようでダメだったので1人で行きました。この前、前から2列目で大失敗だったのと今日は1人なので六本木に開演10分前でした。受付が結構列が長くて、私がチェックインしたときはもう時間を過ぎていました。会場はこの前の1/4位の広さ、スクリーンも同じく1/4くらいに小さくなっています。お客さんの入りも劇場2/3位でしょうか。もう少なくなっていました。でも好きな席が選べたので私としてはベストポジション。(普通の人の好む席と違う)
ストーリーは1度みているので追いかける事が無く楽です。画面も全体が見渡せているし、字幕追わなくていいし…。気楽にみていたら結構面白かった。コレ、見に行くなら吹き替え版オススメです。メーターの山口智充は知られていますが、サリーに戸田恵子、レースの実況に赤坂泰彦と福澤アナが当たっています。あとはほとんど声優さんなので本当に初めからこっちにすればよかったと…。セリフも台本がよく出来ているのか細かいところまでよくわかります。字幕で入らなかった言葉も「へ~!」って感じです。画面の中に日本語もかなり取り込まれていて作り直しの手間がかかっているのもわかります。ドックのトロフィーにはしっかり「優勝」の字が入っていますが、最後のレースのトロフィーは「CHANPION」です。(たぶん)初めメーターの声ぐっさんに聞こえなくて、彼が自分のキャラでない別のキャラで演じているのが何故かかわいいです。芸達者なんだな。戸田さんは安心して聞いていられます(ジュリア・ロバーツと同じ声)。初めから吹き替えでみていたらポイント高かったかもです。とにかくオススメします。お金払ってみるならば絶対吹き替え版です!!!
1回目をみたときには全く気にならなかった車型の虫はワーゲンのビートルでした。ちょっとこじゃれていてカワイイ!!
by chikat2183 | 2006-06-23 23:52 | 映画2006
「ウルトラバイオレット」中野サンプラザで鑑賞
d0020834_23553954.jpg

近未来のSFアクション。らしいけれど、初めのタイトルを見ている限りアメコミの実写?と思っていました。でもそのノリでみたほうがしっくりいく作品。ミラの演じるヴァイオレットはほとんど変身ヒーロー状態。強いの何の。そして美しい。ミラってこんなにキレイだったんだと認識させていただきました。画面は「M:i:Ⅲ」に引き続き上海ロケをしたようですがほとんどCGで作られた世界だと思われます。ミラの顔ですらCGに見えます。全体にメタリックな感じのSFだなと思わせるつくりです。悪役の鼻栓が気になっちゃって出てくるたびに顔が笑っちゃいました。ミラはずっとヘソ出しコスチュームでナイスバディを見せ付けてくれますが、あんな軽装でよくもまあ何処にも傷がつかずにずっとキレイでいられるものだと思います。とても漫画チック(死語)です。体の中のどこかに武器がたくさん埋まっていて戦うときにスパッと出てきて気持ちがいいです。ストーリーは人間の最終兵器としてウィルスに感染した少年をミラが孤独なもの同士として救うのですが、ちょっと的外れ的な感じです。何かね…、何だろう。人間を倒すとかファージを倒すとかそういう権力争いよりも少年を守る事がメインに感じなかったのはどうしてでしょう。CGも汚くは無いけど驚くほどすごいともいえないし。みんな中途半端だったのかな。ミラが好きな人は是非見に行ってください。とにかくカッコいいです。★★★☆☆
d0020834_2357024.jpg

by chikat2183 | 2006-06-22 23:17 | 映画2006

「M:i:Ⅲ」

「M:i:Ⅲ」ニッショーホールで鑑賞
d0020834_23191219.jpg

どんどん迫力は増しているようです。でもどんどん緊張感は失われています。ハラハラもドキドキも感じない。それはイーサンが死なない事が保障されているからでしょう。SWでハンソロ船長がジャバに捕まって!?!?!?な状態で、続きは次のお楽しみ…みたいなものもそろそろ欲しいかもしれません。誰が裏切ったのかも途中でわかっちゃったので謎解きの面白さも失われましたが、そこは逆にド派手なアクションを楽しんでしまおうという、イケイケ的なノリで2時間越えの作品を楽しんできました。これでもか、これでもか…と色々な技を出してきて飽きないけどなんかどこかで見たことあるような。場所が上海に移ってからはジャッキー・チェンの映画を見ているのと錯覚するようなシーンの連続。結構パクっていると思います。イーサンもジェームズ・ボンドみたいな色男なのに今回結婚しちゃいました。ネタバレしてすみません。この先いいのかコレで。だって奥さんになる人に自分の職業も明かしてなくて(最後に明かしてたけど)信用できない人間じゃないかと思っちゃいます。で、奥さんまで敵に捕まっちゃって。自分まで命の保障が無くなって、どうしてそれで結婚しちゃうかな?まして命がけの仕事。誰かのセリフに「この仕事は結婚は長続きしない」私もそう思いました。でも今回大変勉強になったのですが、IMFは国家の組織でイーサンは超エリート国家公務員なんですよね。そう考えると結婚もありなんだな。
ラスト近くに頭に埋め込まれた爆弾にスイッチ入れられて1度死んで生き返って…、不死身!でその爆弾とらないまま新婚旅行へ行くの変!サイボーグじゃないんだから!イーサンの活躍がだんだん返信ヒーローみたいに感じたのは私だけ?面白いけどもう少しひねっても良かったかも。一番気に入ったのはトムのコスプレ。宅配のお兄ちゃんはすごく似合っていましたが神父は全く似合わない。でもとても印象に残っています。色々考えないで、トムはカッコいい!!って思ったり、いろいろな車を見て楽しんだりしましょう。私の前に座っていた少年(小学生2名)は完全に飽きていました。こっち向いてた。子供は無理だと私も思います。マトリックスの黒人の人(名前忘れちゃった。)重みがあっていいです。フィリップ・シーモア・ホフマンもすごく不気味でいいですよ。★★★☆☆
d0020834_23195920.jpg

今回のチームなんか美形で素敵です。
by chikat2183 | 2006-06-21 23:21 | 映画2006