人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2005年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「DEAE WENDY」ジャパンプレミア 渋谷アミューズCQN で鑑賞

ジャパンプレミアです。監督さんと主演の少年の舞台挨拶がありました。こんな小さな劇場でプレミアで挨拶があるんだ。とまず驚きましたが実はこのアミューズCQNの開館1周年の記念イベントだそうです。挨拶に来るのは「リトル・ダンサー」の少年だそうです。が大人になったと聞いています。というものの「リトル・ダンサー」見逃してます。2回ほど見るチャンスがあったのにもかかわらず断念。だからあまりこのジェイミー・ベルという少年の顔も記憶にないのです。いきなり始まった舞台挨拶。司会は山内トモコさんがやっていたようですが、自己紹介しないから…。何しろ劇場が狭いから舞台に近い!実際には舞台は特設みたいですよ。大柄の金髪のやたらにカッコいい青年登場。続いてちょっと突っ張って悪く見せてる風の少年登場。私はカッコいい方が俳優だと思っちゃいました。それぐらいカッコいい。でもそうすると少年が…、なのでカッコいい方の方は監督さんでした。監督さん、十分俳優でやっていけますよ!って、余計なお世話。でも二人とも仲がよさそうでほのぼのとした挨拶でした。
さて、映画は少々変わった青春ムービー。と言うのは題材が拳銃だからです。たまたま手にしたおもちゃだと思っていた拳銃が実は本物でその魅力に取り付かれた少年たちの話。主人公のディックはその拳銃に『WENDY』と名づけました。『DEAR WEDY…』と拳銃に手紙を書き朗読するような形で進んでいきます。貧しい暗い少年が拳銃を持ったことにより仲間を作り強く楽しく生きていくことになります。主演のジェイミー・ベル、実際には冴えない男の子にしか見えないのに画面の中に生きている彼はなかなかの美少年で表情も暗くそれでいて存在感があって、良い雰囲気があります。普通は本物の方がオーラがあって輝きがわかるのに、彼の場合は画面の中にオーラがある。珍しい俳優だと思いました。それだけ監督さんの作り方が上手だったのでしょう。監督さんだってまだ30歳そこそこに見えましたが…。作品中のいたるところでかかるゾンビーズの『二人のシーズン』(TIME OF THE SEASON)が心地よく耳に入ります。これおそらく1970年頃の大ヒットナンバー。こういう作り方何となく「スタンド・バイ・ミー」を思い出しました。年齢的には今回の少年たち設定は18歳らしいからリバーたちがやったコドモ!って感じよりはずっと大きいけど集団になっていたずらしてるみたいなところ。内容は全く違いますけどね。オールディーズなナンバーがかかるところとか。前半のゆっくりムードと異なってラストのクライマックスシーンはすごいことになってきます。警察と少年たちの銃撃戦。警察が子供相手にそこまでやるか?みたいな凄さ。CTかなんかのモニターで映し出される撃たれたシーンはあまりにリアル。そして最後の最後には…、自分で書いた手紙の1節がとんだ事になってしまったのです。最後無理な強引さがあったけどどうやらガン撲滅のメッセージかなんかが盛り込まれているらしいです。監督さんからは「コーラを飲んだりポップコーンを食べながら気楽に楽しんで…」というメッセージだったけどラストは気軽くない感じ。★★★☆☆
小さいながらもジャパンプレミアなんだからプレスくれればいいのに…、なんて思ったけど今日もなにもいただけず、せめてチラシは用意して欲しかった。手元に資料なるものが何もないのはちょっと寂しいよ。
by chikat2183 | 2005-10-31 22:33

TDL へ行ってきました

d0020834_21241583.jpg

今日のTDLは特別な日だったようです。ハロウィンなんだけど、ただのハロウィンではありませんでした。舞浜の駅を降りた時点で?????ここはアキバか原宿か…。みんなコスプレ!皆さんどこで着替えてきたのですか?んんん、不思議な光景。とにかく8時の開門にあわせて、7時半に新木場で待ち合わせてやってきたTDL。日曜は普段ならゆっくり寝ていたいけど頑張りました。健保組合の福利厚生事業で毎年10月のこのあたりに運がよければTDLのパスポートが安く手に入ります。ダメなときも結構ありますけど。だから日にち指定と言うのがちょっとナニで、こんな混んでいるときにしなくてもとも思いますけど。
スペース・マウンテン
スプラッシュ・マウンテン
白雪姫と7人の小人
バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
カリブの海賊
ビッグサンダー・マウンテン
マークトウェイン号(時間つぶしで15年ぶり2度目の乗船)
ロジャーラビットのカートゥーンスピン
これだけこなしました。目的の『ホーンテッド・マンション』と『プーさんのハニー・ハント』はファストパスで21:00とかだしスタンバイで180分なのできっぱりとあきらめました。途中で11:50のハロウィン・パレードは食事をしながら14:00のドリームス・オン・パレードは船を降りたとき目の前で見ることが出来ました。この混雑の中でかなり有意義。

d0020834_224412.jpgお食事です。
皆さんがパレードの席とりに夢中になっているときに、『プラザパビリオンレストラン』のオープンエアのテーブルでパレードが始まるのをまっていました。メニューはハロウィンのスペシャルメニュー。サラダかスープのサイドデイッシュ、メインディッシュ、ライスorパンデザート、ソフトドリンク。好きな物をチョイスで1780円。チャウダー、エビフライ(2日続き)、ライス、カボチャのプリン、アイスコーヒーです。

コスプレOKなのはこのハロウィンの10月30、31日の2日間だけ。でも明日平日ですからね。きっと今日が最高だと思います。ディズニーキャラクターに化けて、『ハロウィン ゲストシール』を貼ってもらうとOK。子供は1年中いいらしいけど大人はこの2日だけです。若い女の子は結構頑張っていてこの人たちが中心かしら。おばちゃんや男の子がコスプレしてるいているのはなんともほほえましいです。おじちゃんはほとんどいませんでした。キャラがないのよね。
by chikat2183 | 2005-10-30 22:22 | 旅行
d0020834_1429019.jpg

全く目立たないお店なんですが、最近出来たらしくてちょっと気になっていました。たぶん夏にオープンしたくらい。神戸洋食『懐』’なつ’と読みます。溜池山王11番出口のエレベーターを上がった目の前。よーーく見ないと見逃します。時間が出来たのでちょっとランチでもと入ってみました。ここの店、前は何お店だったかすら思い出せません。入ったら本当に狭いです。でもわざわざ打ちっぱなしの内装していて余計な飾りもなく感じ良い。4人のテーブル3つと2人が2つ。16人しか入れないのです。お店に入ったら4人がけ1つ除いて満席でした。手作りでランチ出していたらそれが限界かもね。メニューはカレーとハヤシライスがランチの中心です。どちらも880円。あと、定食でチキンカツ、メンチカツ、ハンバーグ、エビフライ、ビフテキ(この響き良い感じ)かな?チキンとメンチが880円。ハンバーグとエビフライは950円。ビフテキは1280円と1980円かな?(よく見てきませんでした)今日はエビフライ。パンかライスが選べてスープがついています。出来上がっているものを出すのではなくて注文してから揚げてくれます。このエビ、思っていたものよりもずっと良いエビで。太くて大きい。だから口当たりがさくさく、ぷりぷり。フォークやナイフはなくてお箸で戴きます。いいものをお安く食べました。と言う感じです。お水のかわりにピッチャーに入ったお茶、たぶん麦茶がサービス。1000円でおつりが来たので大満足です。コーヒーはありませんので、お向かいのドトールで飲んでください。夜も同じメニューで100円アップくらいの料金だそうです。

神戸洋食 懐
港区赤坂2-10-16 赤坂スクエアビル1F
03-3586-0262
by chikat2183 | 2005-10-29 14:44 | おいしいお店

豊川稲荷と日枝神社

毎月月末近くになると一人で豊川稲荷と日枝神社にお参りに行きます。今日も行ってきました。一人と言うのは一緒にいってくれる人が誰もいないし、他の人の時間に左右されなくていいから。ちょっと寂しいけど。祖母が生きていた時、必ず月末に日枝神社にお参りに行っていました。私は単に運転手だったのですが、なんでも商売繁盛と厄除けの祈願なのだそうです。ところが、日枝神社のお参りの際に奉納する特別な(?)品物があってそれがある意味面倒と言えるものした。(たいしたことが無いといえばそれまでだけど…。)それは小さな紅白のお供え餅なんです。祖母は餅つき機で自分で作っていたこともあったし、近所にあった和菓子屋さんに頼んでオリジナルで作ってもらっていちゃこともあったけど結局コストが高いのよ。自分で作れば時間もかかるし。ところがその紅白のかわいいお供え餅を、豊川稲荷の文化会館にあるお茶屋さんで売っているのです。1組260円。組というのはお供えだけじゃなくて豊川さんにお供えするためにお揚げとかが一緒にセットになっているの。あるときからそれを知って日枝神社に行く前に豊川さんに立ち寄るようになったわけ。でも、私は運転手だから車から降り無かったし、どういうお参りをしているか知りませんでした。でもどうせ神様まで来ているんだからお参りしなければいけないといってお参りしていました。祖母が亡くなってやめてしまえばそれまでなんだけど、長い間ずっとやっていたこういう宗教がらみの事柄っていきなりやめてしまってホラ…!みたいなことっていやなのでそんなに時間がかかる事でもないし一人で続けているわけです。文化会館の真ん中のお茶屋さんの「美吉」さんにいつも行くんだけどそこに80歳くらい(違っていたらゴメンナサイ)のおばあちゃまがいてお店やっているのね。まあ、女将さんなんです。私もあまりにずっと行っていて顔見知りになっちゃって「おばあちゃんいくなってからあなた若いのに偉いねえ」といって、たった260円のお供えを買うときに必ずおせんべい1枚とかクッキー1枚とか売れるわけ。「気は心」とか言って。私ぐらいの年の人間でも子供に思えるのねきっと。でもなんかうれしくなっちゃう。豊川稲荷は普通に神社じゃなくてお参りの仕方が今ひとつわかりません。でもま自己流でも勘弁していただこうと思っています。何が違うかと言うと神主さんがいなくてお坊さんがいる。鈴がなくてドラがある。そして本殿の脇、神様たちがたくさん祀られている辺り、なんとも霊気を感じますよ。ここ!いるぞ!みたいな。念のため、私はそんなに信心深い方ではありません。付き合い程度。(っていけない言い方ね。)あまりにたくさん神様がいるようなので申し訳ないですが本殿だけのお参りにしていますけどちょっと興味のわく場所であります。
by chikat2183 | 2005-10-28 22:56 | 東京

お気に入り スイーツ!

d0020834_19464428.jpg戴き物なんですけど…。
これ、シフォンケーキなんです。写真だと大きさがわからないけど、結構大きいです。秋のスイーツ!どこの店の製品かは定かではありません。渋谷あたりで購入したらしいです。大きいと言ってもシフォンケーキなのでお口の中でとろけます。たぶん、(当然?)秋、今の季節の限定商品。モンブランがたくさんのっています。(って、こういう表現はおかしい?)


南林間 「クドウ」 のケーキです
d0020834_2054694.jpg南林間まで配達に行ったらしいので「クドウ」のケーキをお土産に買ってきてもらいました。
イチゴのショートケーキ、これは定番だけどここのはちょっと違うよ。1口食べたら忘れられません。まずこだわりのクリームがふわふわ。そしてスポンジもふわふわ。小さめですけどね。
レモンパイは食べてないのコメントできません。
チーズケーキ。これはスフレタイプのとかクリームチーズとか数種類あるけどその中でもコクがあってめちゃめちゃ美味しい。これが食べたいから買ってきてといってわざわざ買ってきてもらったのです。他のチーズケーキも好きですけどネ。
アップルパイ?かな?りんごが入っているのはわかったけどパイじゃないですね。

http://www.yougashi-kudoh.com/


青山 「クドウ」のケーキです
d0020834_2122319.jpg 南林間が本店ですが、近場にだってあるんです。表参道駅のそば。これは夜の集会用に買ってきてもらったケーキ。とにかくあのチーズケーキは必ず入れてね!と言うことで後はお任せ。巨砲のタルト。紫いものタルト。チーズケーキ(2個)チョコロール。後の1個はよくわかりません。食べた人もわからなかったらしいです。銀座にもお店があります。お忘れなく。

http://www.yougashi-kudoh.com/free1.html

ケーニヒス・クローネ「クローネ」
d0020834_21215117.jpg予約して買わないと手に入りません。運良く10時の開店にいってショップまで間に合えば買えるかもしれません。1回一人20本までの限定。私は日本橋高島屋に行く予定があれば予約しておきます。カスタードクリームとあんこの2種類。私はあんこ派。カスタードクリームはどこでもあるよなーって思ってしまいます。そして普通はあんこじゃなくてチョコレートクリームが入っていますが、ここのはあんこってところが…。1個80円。
これはお得。パイのさくさく感が最高!

http://konigs-krone.co.jp/
by chikat2183 | 2005-10-27 19:47 | おいしいTAKEOUT
「イン・ハー・シューズ」 イイノホールで鑑賞

キャメロン・ディアス主演の感動ものと聞いても今ひとつピンと来るものがありません。頭の良い姉と美貌の妹。自分探しの旅に出るという劇場でのCFを見てもどういう話かはわかりませんでした。でもそのまま予備知識をいれずに見に行きました。キャメロン演じるマギーは自由奔放に生きているし、トニ・コレット演じるローズも弁護士としてしっかり生きています。ところがある決定的な事件をきっかけにこの姉妹が断絶してしまう…。登場人物のキャラクターが全員はっきりと描かれていてとてもわかりやすい。これがこの作品を面白くしている第一の要因であると思います。中途半端な人がいない。そしてみんな良い人たちだし、それがみんな誤解をうみやすいということもよくわかリます。私にも妹がいてこの二人の葛藤がとてもよくわかりました。この二人の女優の競演もすごいけどシャーリー・マクレーンがまた良い味を出してるし、二人のやさしいおばあちゃんには適役。まずこの二人の育った家庭環境が複雑で、小さいときに母親を失っています。その事実も話が進むうちにどんどん解き明かされていくんだけど小さい頃に母の愛情はあったけどそれからは肉親の愛情なしに育ってきている二人。姉は妹をどうにかしなくてはと言う状況にいやでもなってしまって追い詰められているのが理解できます。そして妹もそれに答えなければと思いながら上手に自分をコントロールすることが出来ないでいる。本当にそこら辺によくある話なんだけどそれをこんなに上手に映画に仕上げた脚本家と監督に拍手。暗いドラマで飽きてしまうのではないかと思ったけど、そんな心配は全く無くて随所に笑わせるシーンが組み込まれそして涙を誘うような話になっています。マギーが老人の介護を始めて詩を読むシーンなどからは泣かせモードに入って周りの人たちもちょっとぐすんぐすん始まっていました。といっても号泣するような話ではなくてほろりほろり…、という感じでしょうか。リタイアした人たちの施設にいるおじいちゃんおばちゃんがみんな良い感じで可愛いです。キャメロンのナイスバディも昨日のジェシカ・アルバに負けず、たくさん出てきます。年齢の関係かしら、キャメロンの体は筋肉!アップになった腕は筋肉が割れてて…。姉、妹のいる女性必見。キャメロン好きの男性も必見。★★★★☆
by chikat2183 | 2005-10-26 22:54
「イントゥー・ザ・ブルー」 よみうりホールで鑑賞

サメがうじゃうじゃ出てくると言う話を聞いてていて「オープン・ウォーター」をジェシカ・アルバがやるのかしら、まさか!と思いました。少し前の夜中の映画情報番組でスタントマンを使わずに、サメがたくさんいる場所であえて撮影をしたといっていたけど本当にサメが大勢(たくさんとかいっぱいとか言わず、あえて大勢)出てきました。お決まりのサメにがぶりとやられた出演者もいましたよ。実際にどこの海で撮影したかはわからないけど、設定上のバハマの海はこの上なく美しいです。海の映画は船酔いしやすいのに、今日はそんなこともなく美しい海と美しい魚と、なんともいえない雰囲気で、まるで大きな水族館の中にいるような錯覚さえも感じました。ストーリーは2組のカップルがダイビングをしながら宝探し。難破船を探していたらばそばに麻薬密輸の飛行機が遭難しているのも見つかってその麻薬や財宝をめぐって色々な事件が起こります。あまりにも事件のてんこ盛り、水中アクションもたくさんあって思っていた以上に楽しんできました。結構手に汗握るシーンもあったり、必要ないかもしれないカーチェイスなんかもあって、あれ?なんて思ったりしてね。ダイビングは、みんな素潜りが中心。あんなに深く潜っても素もぐりなんだなあって、泳ぎが得意でない私としてはなんとも驚くばかり。映画が終わったときに連れは「息苦しい!」と一言言いました。彼女、確かダイビングはしないけど私よりは泳げたハズ。そんな事いわれたら私だって息苦しいわ。ジェシカ・アルバは文句なしのプロポーション。作品中、体脂肪ゼロなんていっていたけど、まさしく、お腹もぺったんこ。よくパンツは脱げないね、と思うほどつっかかるものが無い。(ちょっと品の無い表現ですが失礼しました)他の出演者、ポール・ウォーカーも腹筋が8個くらいに割れてすごいすごい。といって水泳やっていると言うほど逆三角形の肩幅もなく、いい感じ。とはいえ、体育会系の作品に出ているポール・ウォーカーもなんか今ひとつ華が無いような感じ。結構顔立ち整っているのにね。バカップルみたいにべたべたしている演出も必要なかった思うけど、外人だから許せてしまいますけど。でも、ずーっと水の中で泳いでいてGパンとかはいたまま潜っていてあんなに動けるの?って思いました。それくらいダイビングに精通しているということでしょうか。サメはずっと映っているけど余り人間に害はなくアクションアドベンチャーとして楽しめました。とにかく海がきれいです。★★★☆☆
by chikat2183 | 2005-10-25 22:08
よしもとばなな著「Hight and dry(はつ恋)」 挿画/山西ゲンイチ 文芸春秋刊

見た目からとてもかわいい本です。私が読んだこのハードカバーの本は、第8刷。初版本が2004年7月25日で、これは同年の10月25日。たった3ヶ月の間に8刷というのにまずまず、「よしもとばなな」という人気女流作家のパワーを感じました。よくわから無いけどばなな女史はどういうときに「吉本ばなな」で「よしもとばなな」との区別は何なのでしょうか?ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。無知な者でよろしくお願いします。で、この8刷の本、表紙はピンク系で山西ゲンイチさんのかわいい蝶々のような、ティンカーベルのようなイラストが印象的なんですが、ピンクの内表紙の中にその青いイラストあるのですけど。そして、内表紙からかわいいイラストがたくさん入っています。かといって、ストーリーと直接関係無いような本当にかわいい絵なので、色もきれいで逆に見とれちゃったりしてたのです。モチーフに出てくるカッパはいったい何なのだろうとずっと考えていたら、ラストのところでカッパが出てきました。すっきりした。物語は14歳の女の子。全く普通の女の子が芸術家であって絵の先生であるキュウくんという年上の男性に淡い恋心を持って、これが初恋か?というなんともプラトニックな純粋なオハナシです。あっさりとした中にも結構ドギツイ情景を小説にする感じがするばなな女史ですがとにかく中学生の女の子になって純粋な気持ちを書いているなあと思いました。中学生の気持ちもそうなんだけど、この夕子ちゃんと言う中学生の女の子のお母さん、キュウ君のおかあさん。どちらもほんの少しだけの登場なんだけどとっても愛情を感じる人たち。久しぶりに全く毒の無いお話です。中学生に戻って忘れかけていた純粋な気持ちをほんのちょっと取り戻すのもいいのではないでしょうか。
by chikat2183 | 2005-10-24 09:51 |

鳥ぎん「釜飯」

d0020834_0291963.jpg
新橋のDoCoMoショップに用事があった人たちに呼び出されて急行しました。家からそこのショップまでプリウスで5分かからなかった。そういえばプリウスって最近レオ君がCM出てますね。オドロキ。日曜日ですからね。競馬の人たちも予想外にいなくて、工事車両もいませんでした。そうすると5分で着くって、考えれば普通だけど、平日、たとえば金曜の五、十日だと40分くらいかかってしまうこともあります。やっぱり平日は銀座線で行きましょう。さて、5分で着いてしまったのでまだ順番が来るまではしばらく時間があるというので、私は路上駐車のスペースの中に車を止めて中で待っていると言ったけどスペースが無くて適当なところに停めて本を読みながら待っていました。しばらくして彼らが用事を済ませてきたんだけどちょうど12時で食事でもしようということになり遠くまで行くのも時間の無駄と言うことで近くの「鳥ぎん」で釜飯でも食べようと言うことになりました。釜飯が有名な焼き鳥チェーン店。たまーーーに食べたくなるよね。でも釜飯注文しても20分くらいかかるから時間に余裕おある時しか食べられない。今日は時間があるのでチャレンジ。5年ぶりくらい。すっごく久しぶり。いつもは銀座の辺りだけど今日はこのレンガ通り、新橋西口店。私が今日注文したのはは鳥釜飯850円。味は美味しいのですがご飯も鶏肉もちょっと硬かったのですが…。鶏肉たくさん入っていたのに。弱っている歯が少々痛くなりました。メニューにあった焼き鳥弁当が食べたかったけど平日のビジネスランチなんですって。土日はなし、残念でした。熱々なのに、みんなあっという間に完食。私は硬くてちょっと顎も痛くなった。顎関節になりやすいので気をつけないとね。
by chikat2183 | 2005-10-23 23:33 | おいしいお店
「ティムバートンのコープス・ブライド」 丸の内ピカデリー2で鑑賞

初日1回目は吹き替えなので2回目の字幕で。11:30からの渋谷にしようかとも思ったけど、どうせなら大きな画面で見ようと思って1時間遅らせました。それにしても、ティム・バートンの偉大さに感服。今までに、たとえアニメであろうと作品に監督の冠が付いているのってありました?私の記憶には無いんだけどたいした記憶力ではないので当てにはならないけど。「ティム・バートンの…」って。日本で言えば「宮崎駿の…」とは言わないし、主演俳優だってたまーにあるけどあんまり付かないよね。黒澤明監督作品であって「の」はないと思うのですが。ストーリーも簡単で、巷で言うような『ブラック満載』とかそんな感じはありませんでした。私はもともとひねくれ者なのでブラックをブラックと受け止めなくて、ストレートに受け止めたのかしら?まあいいさ。アニメに関して言えば、ストップモーションアニメだそうです。プログラムによれば「特別な芸術スタイル」なんだそうです。たしかにCGとはちがうしそれなのに動きもスムーズで軽やか。ピアノを弾くところなどすごい。感動しちゃうくらい。こんな作品を「チャーリーとチョコレート工場」と同時進行で作った人ってすごすぎ。子供向けかどうかはわからないけど字幕と台詞を比べても台詞が聞きやすくて私でも理解できます。難しい単語を使ってないし、ジョニーもたぶん子供にもわかるようにゆっくりとハッキリと台詞を入れていたんだと思います。隣に中学生の女の子5人座っていたんだけど、本当の隣に座っていた子が途中から涙を拭いたりぐすんぐすんしだしました。何に感動しているのかと思ったら、死人の話で怖くなっちゃって泣いていたらしい。他の子供たちに「そんなにこわかった?」なんていわれていたから。会場内でのフィギュアも結構売れてて、お好きな方はいらっしゃるのね。私は絵本のようなプログラムを700円で購入しました。ジョニーの顔が1枚くらいあると思ったら全くナシ。ティムはちょっとあったけど。自分のイマジネーションを高めるためにもこういう作品は見ておいて損は無いと思いました。中学生の子じゃないけどそういうの苦手な方はやめておいた方がいいですけど。★★★☆☆
by chikat2183 | 2005-10-22 17:10