人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

2005年 06月 23日 ( 1 )

「アルフィー」

「アルフィー」 イイノホールで鑑賞

ジュード・ロウ カッコいい!!ジュード・ロウ扮するプレイボーイのアルフィーのラブストーリーと言うよりは人間ドラマと言うのでしょうか?口八丁手八丁にプレイボーイぶりを発揮し女性を面白いように口説き落とし自分のものにしていくアルフィー。最後にはみんな彼から離れていってしまうのですがそういう物語ですからその後もきっとモテるんでしょう。出ずっぱりのジュード・ロウ、にこっと微笑めば世界中の女性が彼にイチコロ。みたいな…。映画としてみているからか、彼の人柄かあんなプレイボーイの役でも憎めません。女性の口説き方もクサイ割にはいやらしくないし。この作品はジュード・ロウが主役であって、語り部であって、解説者でもあります。だからずっとしゃべっているといった構成。ラブシーンの最中にカメラに向かって微笑みながら途中経過や解説をし始める。珍しいといったら珍しい作り方。演じている人はどういう感覚でやっていたんでしょうね。舞台やってるみたいな感じなのでしょうか。この役ははまり役と言うか彼のために脚本書きましたと言うような作品で、他のイケメン俳優がやってもちょっとダメかもと思いました。$1000000の微笑みと言えちゃうかも。贔屓目の見方かもしれませんがそんなかな。女優人もスーザン・サランドンは今回もカッコいい。いけてるおばさん。セクシーで付け込む隙が無い。それでジュードとラブラブなシーンをやっちゃって(ベッドシーンは無かったと思うけど)ティムひがまなかったか?しかし注目はシエナ・ミラー。私生活でジュードの婚約者と言う事だけど、初めてお目にかかるので期待したけど見慣れるまではビビビッ!と来るものは無くって逆に地味な感じすらしたのですが、段々やっぱ綺麗かもと思えてきました。もう少しいろんな役やってみないとね、覚えられないかも。と言う事で★★★☆☆。作り方は面白いけどストーリーが面白くない。ジュードファンは必見。
イイノホールを出て、虎ノ門の交差点で信号を待っていたらばタクシーが2台、ドラマか映画かそんな感じのカーチェイス。キキキキーーーーーと猛スピードで急カーブきったりUターンしたり、前のタクシーは逃げてたんだなきっと。都会の真ん中であんなものが見られたなんて…。衝撃でした。
by chikat2183 | 2005-06-23 23:43