人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

2005年 06月 12日 ( 1 )

「フォーガットン」

「フォーガットン」 日劇で鑑賞

『ラストを話すと記憶をなくす』話したくは無いんだけど。話したらオシマイ。ってか台無し。またキャッチコピーに負けました。結構衝撃的な作品ですよね。物語そのものは。いいところに目を付けたね。と思って、初めから画面に釘付けだったのに。あの別荘(?)がぶっ飛ぶまではね。そこで謎が解けちゃったら何て安易な発想なんだと思ってしまいいました。実はそっち系のストーリーだったのかと。でも、テーマは親子愛じゃないですか。愛情の大きい彼女が記憶を消せなかったって事でしょう。親の愛情に感謝しなくちゃね。しかし、他の親達は愛情が少ないって事なんでしょうか?あの父親役の人見たことあるんだけど思いだせない。あの女性の刑事さんぶっ飛んで帰ってこないんですかね。皆帰ってきたのにねえ。突っつけばいろいろあるんだけど結末がわからなければめっちゃ面白い。結末知ったら最低。全部がその中に納まっちゃうから。ゲイリー・シニーズ影が薄すぎるんですけど。どうしてあんな役やら無きゃいけないの?犯人の協力しちゃってさあ。子役の男の子可愛かったんですが、両親が黒髪(ジュリアン・ムーアは少々赤い)なのに一人だけド金髪で。犯人の顔が一瞬ムンクの叫びになったのは笑えました。あの内容にしたら爆発はしすぎじゃないですかネエ。CG使わないでほしかったなあ。ジュリアン・ムーアのアップがやたらあったけどメイクのせいか実際かわからないけどかなりかわいそうでした。もともと目がくぼんでいるんだと思うけどメッチャ老け顔で。走って走って逃げている。大変な撮影だったんだろうなあと推測します。どんな結果にも付いていける人にオススメ。★★★☆☆
by chikat2183 | 2005-06-12 15:29