てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「グラン・トリノ」

「グラン・トリノ」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞
d0020834_14244930.jpg

この監督さん、まじめで自分の人生よく考えてるなあと思いました。
「チェンジリング」公開したばっかりなのに、同じように重ためな題材で作って持ってくるって只者ではない。
そして主演までしちゃって、それも出ずっぱり。
とにかく渋い。
若い頃、昔はいろいろあったでしょうが、基本的にこの方はまじめなんだと思いました。
最近、若者中心の話も軽くたくさんあるけど爺さん主演のものも意外とたくさんあることに気がつきました。
しかし、こんな爺さん…なんというか、意地っ張りで、頑固で、聞く耳持たず、世界中にどれほどいるんでしょう。
おじいさんになるととかくみんなこうなるんですね。
妻の葬式のシーンで始まって自分の葬式のシーンで終わるこだわりは、年代あってのもののような気もします。
こんなことセリフでも言っちゃっていいのかと思うような汚い言葉や人種差別用語なんて出てますけど、オリジナルのセリフってきっと字幕よりもっと汚いんでしょう。
ちなみに字幕は戸田センセイです。
アメリカ人って基本的に黒人嫌いやアジア人嫌いって残っていると思います。
イエローとかブラックとかって散々言ってましたから、オリジナル脚本を書いた彼の中にもきっとそんな思いは残っていたに違いない。
それはこの頑固爺も人からある意味差別されているような気配さえ感じ、心を開いたのは心を閉ざしたイエローの少年だったという皮肉のようなお決まりのようなそんなメッセージを伝えられました。
イーストウッド監督、今回は有名人は自分だけでしたがその分きっと車がすごいんでしょう。
クルマわからないから何も言えないんでづけど。
特に癒されることもないし、感動するものでもありませんが、観終わってから「なにかいいもの観たみたい。」という気持ちが起こる作品でした。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2009-04-17 22:59 | 映画2009