人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「イーグル・アイ」

「イーグル・アイ」TOHOシネマズ錦糸町で鑑賞
「イーグル・アイ」_d0020834_7412585.jpg

みようかみまいかずっと悩んでいましたが、予定の時間内に終わる作品がこれしまなかったので、みてきました。
思っていたよりは断然面白かったのですが、そこまで辿り着くまでには、連れともども、前半の長い睡眠時間が後半の頭脳との戦いに大きくものを行ったようです。
終わってから「前半何があったの?」
と二人で聞きあっても答えはでませんが、ほとんど必要なかったし、みていなかったのに辻褄が合ってしまった。
そんな作品でした。
ただ、覚えておかなければいかないのは、主人公ジェリーには、突然に亡くなった双子の兄がいて、彼はテロリストという認識でFBIから追われていた。
ということです。
あとから思い出しても十分なんだけど、その事実だけ分かっていれば、あとは人間の作り出した人工頭脳との戦い。
言ってみれば構想10年、スピルバーグらしい莫大な費用をかけた作品でした。
シャイア・ブラーフが頼りなさそうにみえて意外に頑張っているという印象でした。
ネタばれになってしまいますが、生体認識装置って、双子ぐらいで識別できないようじゃヤバイのではないですか?
それも、人間の作り上げた装置が勝手に捕まえるなんて、国を牛耳るなんて誤入力じゃないの?
ヤバイとかじゃくて危なすぎるでしょ?
作品に期待をしていたら、どこが新しさがないのでがっかりするけど、単にアクションとしてみればそれなりに楽しいと思います。
空港のバッゲージラインに乗っているところはとても興味深くみてました。
あんなに複雑なものなのね。
たまあーに、荷物無くなったという人聞きますが、わかるような気がしました。
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2008-10-18 22:20 | 映画2008