人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「レッドクリフ PartⅠ」

「レッドクリフ PartⅠ」試写会 よみうりホールで鑑賞
「レッドクリフ PartⅠ」_d0020834_2229016.jpg

この超大作、ジョン・ウーったらあっという間に作ってしまったのね、すごい。
近年、活字離れが激しい私はこの歴史絵巻が上っ面しか分からず、もっと勉強してから行くべきだったと、ちと後悔。
これから
PartⅡにむかってコミックだけでも読んでおくべきなんでしょうね。
まあ、いい、今作豪華キャストで楽しむ作品じゃない!!ってはじめから思っていたので、顔だけみていればいいじゃないの。
と思い、半分寝不足解消に寝てしまうかとも思いましたが、意外にもほとんど寝ないで完走しました。
(記憶が飛んで別の世界に行っていたことは数回あったけど、瞬間的だったのでクェンチャナ!)
はじめ解説を日本語でナレーションしたり何もないところで字幕が出たり…、そこからしっかり入った方がいいと思いました、
でも理解しようとするとその前に消えちゃって、ちょっと早すぎるけど、これ以上伸びてもつらいだけだしね。
さて本編に入ると吹き替えが…、金城君の声出してるの誰?
広東語じゃないと思ったのですが、それでも金城君吹き替えられちゃうのね。
と思っているうちに、他の出演者もみんな自分の声で吹き替えているのかどうか不安になってきましたが、そしたら、日本語吹き替えでみた方がわかりやすいのかしら?
どうせ吹き替えならもう一度見るときはそうしてみようかなあ…。
膨大な費用をかけセットを作り、大勢のスタントを使い、更に随所にCGも。
とにかく凄いとしか言いようがないのです。
そして、この出演者。
トニー、カッコよすぎないか?
「ラスト・コーション」でおっさんと思わせてくれたトニー、コラーゲンでも入れたように肌がつやつや、若くて素敵ですの。
金城君とのもはや見慣れたツーショットもしっかり絵になって二人とも素敵!
ストーリーよりかそんなところばかりみているけど、今回のトニーは(まだ)不死身でアクションもこなしとにかく皆さんみてくださいとしか言えません。
ヴィッキー・チャオのお転婆ぶりとかも健在だし、チャン・チェンの妖しい魅力、リン・チーリンの艶めかしい美しさ、そして獅童さまの鬼顔。
ストーリー追わなくても見どころ満載。
それから忘れていめない、ジョン・ウーの白鳩。
ただ、鳩の飛んでいく後ろ姿って、あんなに変なんだ!って思わせるシーンでした。
とにかくまだまだ序章、本編はこれから、楽しみが待っています。
★★★★★★★☆☆☆

キャストが決まるまでに2転3転と替わりどうなっちゃうの?って思って待っていました。
結構、始まってみると、みんな合っているように思うけど。
あー、チョン・ウソン 惜しい。
by chikat2183 | 2008-10-01 22:36 | 映画2008