人気ブログランキング | 話題のタグを見る

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「クライマーズ・ハイ」

「クライマーズ・ハイ」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞
「クライマーズ・ハイ」_d0020834_1444228.jpg

御巣鷹山の日航機墜落事故をモチーフに描かれた、地方新聞社の内側を描いた社会派ドラマ。
もっともっと事故に対して深く突っ込んだドキュメンタリータッチの作品かと思ったらばそうではなく、その事件を伝えることに必死になる人間たちのドラマでした。
感動作というわけではなく、当時の新聞社の動きがよくわかります。
当時、まだ携帯電話も存在しなく、無線機で情報を収集する姿、また無線機もなく、記者自身が現場から電話がある場所までいって電話で状況を伝えること。
たった20年前とはいえこんなに過酷な状況にあったのだということを物語ります。
そして伝えることの意義。
当時の事故現場を再現したようなセットは迫力もあって本物の事故現場ではないかと思ったほど。
堤真一も一匹狼の記者を熱演して、結構彼にはなったような気分になって入り込めました。
堺雅人演じる記者は原作者の横山氏の当時の新聞記者の姿だとか。
締め切りに対して数分で間に合わなくなって没になってしまったり、情報があるのにも関わらず確証がないために没になってしまったり、記者としての駆け引きとか編集者としての駆け引きとか、新聞記者とは何なのかすごく面白く描かれていました。
決断する勇気がポイント。
すごく男っぽい作品に仕上がっていますが面白かったです。
原田監督は苦手だと思い込んでいましたが、この作品は大丈夫でした。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2008-06-13 15:58 | 映画2008