人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」

5月6日「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」アミューズCQNで鑑賞
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」_d0020834_18562545.jpg

朝早くからみる映画だったかなあというのがまず一番はじめに思ったこと。
何とも重苦しいさを感じる長い作品でした。
画面暗いし…。
これはダニエル・デイ・ルイスにやられた。
こんな人近くにいてほしくない…。
石油って恐ろしいですね。
人間も変えてしまうような力があって、こわ~いお話です。
(あ、うちにも石油会社の人いたっけ。)
重苦しい画像を更に重苦しくしている風変りな音響。
耳障りなほどにムカつかせる音。
これは、みているほうの心理を読み切っている演出なんだと思わせられました。
もう一人、宗教に行っちゃってるイーライもちょっと怖すぎ。
宗教はいい風に描けば心も穏やかに癒しにつながるけど、こういう風に行っちゃってると、怖すぎです。
紙一重ってところは恐ろしいです。
このダニエル、相当のやり手で稼いでいるハズなのにちっとも金持ちって雰囲気はなくて金に対する汚さばかり出てきて身なりも汚い。
いったいこいつは何が楽しくて石油掘っているのか。
石油だして金持ちになって何に使おうとしているか、そこが理解できませんでした。
楽しい映画ではないし、気分のいい作品でもなく、ダニエル・デイ・ルイスをひたすら見させられる、ある意味辛い作品でした。
★★★★★★☆☆☆☆
by chikat2183 | 2008-05-10 18:50 | 映画2008