人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」東京厚生年金会館で鑑賞
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」_d0020834_1234245.jpg

予想以上に面白かったです。
ブログ小説が原作って言うことで半分実話半分フィクションなので、かなり「ありそう!!」的な要素がてんこ盛りでツボを刺激されました。
会場内も大爆笑の連続でかなり一般受けも良かったみたい。
相当大掛かりないたずらながらほほえましさが元になっているのでだれも憎めません。
とにかく、いたずらもここまでやればやりがいがあるというもの。
受けてたつ駐在さんも本気でやっていそうなところがツボ。
主演のイッチーはやっぱり適役、そして駐在さん佐々木蔵之介もまじめな顔でコメディやるので怖さ倍増。
一番化けて出たのは石田卓也くん。
最近では「Sweet Rain 死神の精度」でチンピラな役でこれも彼にすれば結構斬新な役だったと思うけど、今回は見た目リーゼントのツッパリくん。
といっても、別に不良でもなんでもなくてただのリーゼント少年なんですが、見た目で笑えます。
いたずらといってもみんな純粋さを残していて悪い子は一人もいないところが作り手の優しさを感じさせるところ。
設定が1979年というので昭和の要素もとりいれられており懐かしさもちょとあり、昭和歌謡というにはかなり新しいと思える曲も涙もの。
お母さん役の石野真子ちゃんにもツボだけどコンビニに貼られた石野真子のポスターが遊び心を感じさせます。
しいて言えば主役のイッチーが今風過ぎて垢抜けしすぎていること。
田舎の子には見えないです。
高校生の頃に戻って少年少女の心を持って愉快にみることをオススメします。
誰でも童心に返ることができると思います。
★★★★★★★★☆☆

終映後 ファンキーモンキーベイビーズのライブ2曲がありました。
ヴォーカルの二人は一所懸命だけどDJの人、違世代の私からするとちょっと寒かった。
ファンの人ごめんなさい。

そして石田卓也くんの舞台挨拶というか、挨拶してたかな?
ほとんどしゃべらなかった気がする。
by chikat2183 | 2008-04-02 23:11 | 映画2008