人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「バンテージ・ポイント」

3月15日「バンテージ・ポイント」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞
「バンテージ・ポイント」_d0020834_8584534.jpg

もうずっと前に鑑賞済みでしたが、出遅れていました。
忘れ去る前に書かないと、本当に忘れてしまいそうなので、アップです。
終わったときの私の個人的な感想は短くまとまっていて面白かったのですが、まあ、色々な感想があるわけで、同じ場面を繰り返すわけなのでしつこさばかりが目立つとの意見も当然のことながらあるわけです。
8人の視線というよりも、視線はデニス・クエイドが中心なわけで、角度が違うんですよね。
影武者も含めて余りにも簡単に襲撃されてしまう大統領もどんなもんかと思いますが、あんな狭い場所でだからこそ色々な角度が活かされていている設定です。
アメリカのSPお粗末過ぎるのにまず笑えたんですが…。
そして、大統領にものすごく信頼されていて、だからこそ同僚たちに邪魔者っぽい扱いをされている、いかにもありがちな主人公、デニス・クエイドって適役だなって心底思いました。
さらに、アメリカの大統領が来ているのに、ご当地国の警備の甘さ、尋常じゃないくらい軽い。
アメリカのSPばかりが動いているし、まあいいや、映画だから。
そんなことは除外して、それでもTBカメラとかデジタルカメラとか一般人の目線とかありえるようなありえないような製作者側のめの付け所が面白いと思いました。
デニス・クエイドとシガニー・ウィーバーがとても老けてて、ちょっと可愛そうな感じでしたが、どちらも敏腕のプロデューサーでありSPであり、貫禄充分で良かったと思います。
デニス・クエイドといえば、最近お目にかからなくなっているメグ・ライアン、どうしているんでしょうね、気になっちゃいました。
by chikat2183 | 2008-03-28 22:27 | 映画2008