人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ヘアスプレー」

「ヘアスプレー」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞
「ヘアスプレー」_d0020834_124913.jpg

この秋一番楽しみにしていた作品、やっとのことでみる機会がもてました。期待以上の楽しさ炸裂。大満足。
オープニングからトレーシーの歌とダンス、なんか、この子既にかわいくて魅力的で歌がうまくて画面に釘付けです。こんなところで感動してしまうとは思わなかったんだけど、この子あってのこの作品なのに、クレジットされるのは常にトラボルタ。トレーシーは登場するだけで感動物なのに、ママは出てくるだけで笑いを持っていきます。それにしてもよく化けたものだ!!なんて別の意味で感動してしまいました。体中にあんなに肉を貼り付けて踊るってのも苦労したんでしょうね。もちろん顔にも肉が付いているので顎の割れが気にならなくて一瞬トラじゃないみたいにみえるけど、やっぱりトラなんですよね。そしてもう一人、クリストファー・ウォーケン演じるパパもとぼけた感じがいいです。そしてこの二人のダンス。特にフラメンコ風にママが口に花をくわえてきたときがツボでした。あ、上のきらきらド派手ドレスのシーンもかわいいので好きです。短いシーンなんだけどほんのりしててかわいい夫婦です。途中でご愛嬌でキスシーンでもあるのかと思ったけど、なくてよかったね。若いころのダンスの切れはないんだけどこれ、トラボルタ、わざとかどうだか気になるところ、歌もダンスもヘタウマなんですよね。クリストファー・ウォーケンも歌ったり踊ったりする人だと思っていなくて、渋い役しか知らなかったのですごいイメチェンと思いましたが、彼は舞台出身でもともとできる人だったんですね。とにかく、ミシェル・ファイファーもクィーンもすごいとしか言いようがありません。
ここまで楽しむことに徹底してつくられた作品を最近みたことなかったので心底楽しむことができました。もっと大きな画面でゆったりと楽しみたいと思うので、公開したら早くみに行こうと思った次第であります。
多分近年みた作品では一番よかったと思います。
★★★★★★★★★☆
by chikat2183 | 2007-10-11 23:02 | 映画2007