てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ローグアサシン」

「ローグアサシン」中野サンプラザで鑑賞
d0020834_8352878.jpg

上映終了後の感想、なんか悲しい、虚しい、そして笑える~。たぶん、始まる前の予想をこうも覆されるとは思いませんでした。この先超ネタバレです。
誰でもアクション映画というのはわかるところ。しかし、きっかけは日本のヤクザとは思わないでしょう。アメリカに上陸したことのないヤクザの親分の部下たちがアメリカで…、って、変な日本がまたまた登場。その前にジェイソン・ステイサムのヘンチクリンな日本語には爆笑です。ギャクです。ジェイソン・ステイサムが出てきた事で作品がB級になっちゃう事ってありえるのかも知れません。ジェット・リーのアクションを楽しむ作品だと思っていたのに、ピストル持ったり刀持ったり素手じゃないし悪役じゃん!ってジェット・リーって悪役やるんだ!と思いながらどんどん作品は進んでいきます。ちっとも親子に見えない石橋凌とデヴォン青木。日本語しゃべれないはずのデヴォンが普通に日本語しゃべっています。口の動きと言葉が合っているんだけどどうみても吹き替え。彼女のアメリカバージョンの日本語もちょっと変です。口の動きにあわせてふきかえているので台本変えられないんですね。日本人たくさん出ているんだし、スタッフだって絡んでいるんだからもう少し手直ししてあげればいいのに、と思ったけど、世界中の人が日本ってこんなところって思ってて、アメリカからみれば日本のシェアなんて気にしてないってことなのかもしれないとも思ったり。ケイン・コスギはヤクザの部下でほんのチョイ役で、彼は崇拝するジェット・リーとの共演を楽しむだけに出たのかと思ったけど、二人が絡むシーンもあまりなし、ケインのアクションはあまりみられません。
素手でのジェット・リーのアクションは少々物足りませんが、まあ、最後はどんでん返し、納得の成り行きとなりました。小道具を持ってもジェット・リーのアクションは動きが早いです。目がついていきません。
最後に、どんなに顔を整形しても、身長とか肉付きとか体形は変えられないと思うんですが…。けちょんけちょんにしているようですが、それでも終わったときに楽しめたんだな!って思います。アクション映画って内容わからなくても成り立っちゃうってことですね。
★★★★★★☆☆☆☆
[PR]
by chikat2183 | 2007-09-27 23:16 | 映画2007