人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「オオカミの誘惑」

「オオカミの誘惑」シネマート六本木で鑑賞
2004年 韓国/原題 늑대의 유혹/英題 Romance Of Their Own
d0020834_2133172.jpg

やつらのトゥルーロマンス「オオカミの誘惑」
性格と外貌で‘只今上京’な感じを漂わせるハンギョンはソウルで母親と共に暮らすために言葉とおり‘只今上京’中、ガンシン高に転校して来ることになる。
しかし彼女のソウル生活は精神的、身体的衝撃の連続だ。バスに乗っているのに誰かが投げた上履きが頭に向かって飛んでくる。
ところで問題はそこで終わらない。上履きを投げたバン・へウォンという奴が普通ではなかったのだ。
隣近の学校の女の子たちをうじゃうじゃと従えて歩くキンカーバン・へウォンはじたばたするハンギョンの哀れで可愛い姿に惚れる。
そして性格どおり猪突的にダッシュする..
問題は隣の学校ソングォン高のキンカージョン・テソンもこのジョン・ハンギョンに目を付けたという事だ。はにかむような顔の後に隠れている強い拳と頑固なテソン。
自尊心と愛をかけた二人の対決は一寸の譲歩もないけんかと変わってゆき、二人の間でハンギョンは感動と同時に葛藤を経験することになる。
しかしテソンはハンギョンを愛したくても愛せない運命的な秘密があり、これを知らないハギョンは二人とも傷つけない方法を捜すため悩む。
結局ハンギョンのそばを離れるテソン、そして一歩遅れてテソンの秘密を知ったハンギョンとへウォン。
彼らの胸を痛い、明るい姿が大人たちさえ泣かす。


カン・ドンウォンきれいだなーとかチョ・ハンソンかっこえーなーとかミーハーな方からみてしまいました。公開当時、チョ・ハンソンとイ・チョンアの舞台挨拶があってみたのです。このブスかわいい主人公の女の子本物めっちゃかわいかったし、チョ・ハンソンもまあそれなりにかっこいかったけど、2年ぶりにみたらえらいワイルドでカッコいいわ。あのとき、最初はカン・ドンウォンも来るとか言われていたのに結局は来ませんでした。ちょっと残念。ということで、2回目なんですが、大まかなストーリーは憶えていたものの、細かいところまでは残っていなかったのでじっくり鑑賞しました。女の子はともかくこの二人のイケメン高校生やけに老けてるけどそこは韓国映画なので仕方ないところ。暴力シーンも満載で最期死んじゃうところとかふたりの秘密とかはしっかり記憶にあったのでよくよくストーリーに入ってしまって、途中で涙を流してしまいました。役とはいえこんなダッサイ女の子よくもあんなカッコイイ男の子たちにモテてしまうよねー、なんてネット小説ならではのものなのかな。私が涙を流したのもまたもや男の涙、それもカン・ドンウォンがきれいな涙を流すからグサッと来てしまいました。参りました。
言葉も聞き取りやすく割りと簡単な台詞なのでなかなかいい勉強になりました。
ラスト盲目の女の子字幕のテソンって名前でなくてオッパーって言っていたけどどういう関係だったんだろう、なんて余計なことも考えたりして。名前の呼び方がフルネームだったり名前だけだったり、テソンは最初から最期まで彼女の事ヌナ=姉さんって呼んでました。韓国は兄弟をの呼び方男女で違ってかなり難しいので単語ひとつマスターしたかな?でもわたしは女なのでヌナと呼ぶことはありません。オンニです。(お兄さんは妹からはオッパー、弟からはヒョンです。)最近ちょっといい感じで聞こえるようになってきたけど、先生の言っていることは何も解らないのでどうしよう。初級講座今週でひとまずおしまい。このまま中級にいけるのか?
by chikat2183 | 2007-07-16 21:15 | 映画2007