人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」

「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」九段会館で鑑賞
d0020834_23541333.jpg

上映前にトークショーがありました。こういう作品には適役というかデーブ・スペクター氏。でも、当別必要もなかったような。作品についての事前情報としては良かったかも知れませんが、特にTVカメラが入るほどのこともなかったような?

単なるコメディなのか、ドキュメンタリーなのかそのあたりは不明。目新しいといえばそういえるかもしれないし、なんだこれは?といってしまえばそれでおしまい。カザフスタン人レポーターに化けた俳優がカザフスタンでアメリカで突撃レポートをして文化の違いを見せている…、とうまく説明できませんが、好きな人はとても好きだし嫌いな人は絶対イヤな作品。日本での公開が危ぶまれたといいますが、別に公開しないでDVDでもよかったような。最近一番売れている日本のDVDは?高田純次の「適当伝説」なんで私が知っているのかはどうでもよくて、GW中にみるチャンスがあってみたのですが、すごく似ています。「ボラット」はより過激ですが、多分「適当伝説」をみて面白いと思って受け入れられる人は面白くみられると思います。だた過激さが半端でなくすごいので要注意です。そんな免疫があったので割と冷静にみられたとおもいますが、何度となく大声で笑ってしまったのもたしか。相当過激で相当下品。カメラがまわっているので映されているほうもある程度どういう状況かはわかっていると思いますが、よく撮影させたとおもうし、映画として上映するのに許可が出たとおもうし、やれ!といわれればなんでもやってしまう俳優もすごいと思いました。体当たりでゴールデングローブ賞をもらうのもいいけど、お金払ってまで劇場に足を運ぶ価値があるかどうかはわかりません。
★★★★☆☆☆☆☆☆
by chikat2183 | 2007-05-17 23:50 | 映画2007