人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ラブストーリー」

「ラブストーリー」シネマート六本木で鑑賞
2003年/韓国 原題/클래식 Classic
d0020834_22122963.jpg

恋に悩む女子大生が手にしたのは、35年前の母の手紙と日記。そこにはせつない初恋の日々がつづられていた。時を越えて感動を呼ぶ、愛のドラマ

女子大生ジヘは友人から、演劇部の先輩サンミンへのEメールの代筆を頼まれる。ジヘも先輩へ密かな思いを寄せていたが、奥手な彼女は打ち明けることができない。そんなある日、ジヘは家の棚から小さな木箱を見つける。その中には35年前に書かれた手紙と日記帳があり、若き日の母の初恋の物語が記されていた。高校生ジュナと親友のテス、そして2人の想いを集めた若き日の母ジュヒの日々を…。

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督の新作。『猟奇的な彼女』は「単なるラブ・コメか」という予想を心地よく裏切り、後半にいくにつれて切ないラブ・ストーリーに。本作はストーリーも設定もまったく別の話だが、あの映画の後半の雰囲気のままに作られたと言ってもまちがいはない。そういった意味で『猟奇的な彼女』の続編的な作品だ。何人かの傍役は引き続き登場し、何よりも印象的に使われた「パッヘルベルのカノン」が、ここでも高らかに流れている。

この作品の主人公たちは、今どきの若者ではなく、年齢の割には手をつなぐことさえドキドキするような幼い恋をする。そこには「もし自分がこんな初恋をしていたら」という“理想の初恋”が込められている。だから観客は映画を見ている間、ふだんは自分の心の底にしまわれている思春期の感情を、再起動されてしまうのだ。とにかくこの映画を見る前に、まずハンカチの用意を。そして思いきり気持ちよく泣きながら、恋をした時の喜び、胸の高まり、我を忘れる一途な気持ちを味わってみては。

映画生活より

公開当時2回ほどみた記憶があったのですが,今日までシネマートでモーニングで上映するのでみてきました。当時,まだまだ韓国映画が劇場公開される回数も作品も少なく,韓国映画をみる機会というのも限られていたので,知っている俳優さんも少なかったし,新たな気持ちで見ることができました。なんといってもチョ・インソン。この人気俳優さんが出ていることは知っていたけど全く記憶に残っていなかったのです。ストーリーはわかっていて現代を演じるジヘの相手役ということもわかっているのに顔が出てこない(顔がわからないのではなく)サンミンを演じるチョ・インソンのイメージも記憶もないのです。でも,みているうちに,あ,そうか!とわかってきて後はすんなり。そしてイ・ギウも。まだまだ顔にニキビのある少年っぽい顔立ちで憎めないキャラで,彼がいるからこそ,チョ・スンウも引き立っているのに,タイトルでクレジットされたのは,ソン・イェジン,チョ・スンウ,チョ・インソンの3人でした。でも私はその3人がクレジットされていることをハングルで確認できたということで大満足。日々の成果が何となく見えてきたと思えました。(最近結構ハングルが読めるようになってきたというのは自分でもわかってきているのですが,固有名詞なら大体いけると思います。でもコンビニのレジに書かれてる注意書きはまだ無理。)ソン・イェジンの可憐さとかチョ・スンウのさわやかさとかチョ・インソンのかっこよさとか。雨のシーンが効果的に使われていてクラッシック中心の音楽とよくマッチしています。現代では美術館でのシーンが映像的にも面白い手法が使われていて印象的でした。ベートーベンの悲愴って曲は聞いているだけで涙が出るのに,主演の3人がよく泣いているのでつられて涙を流してしまいました。特にチョ・インソンの最後の秘密をばらすときの涙。やられた。でもあの感じで彼は自分とジヘの運命的な出会いをどこまで知っていたんだろうって,単なる偶然なのか,仕組まれたものなのか,そこんとこちょっと知りたかった。純粋に恋愛映画をみました,といった感じです。
by chikat2183 | 2007-05-04 21:49 | 映画2007