人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「パフューム ある人殺しの物語」

「パフューム ある人殺しの物語」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞
「パフューム ある人殺しの物語」_d0020834_20395686.jpg

これがウワサの…、衝撃、衝撃、衝撃。たしかにすごい作品でした。グロい映像と相対して柔らかな光の加減、騙され続けるようにうまく書かれた脚本とその意外なストーリー。役者たちの飄々とした演技。予告で使われていたあのなんともいえないシーンはなんとも圧巻。本当ににおってきそうでした。なんだかとてつもなくすごい作品を見てしまって、面白いんだけれども、一歩引いて後ろから見ているのです。映像がすごすぎて前かがみではとてもみていられません。内容が濃すぎ。とにかく一口では言い表せませんが、よく作ったなと感心する作品です。バックに流れる音楽が画面を前に押し出すかのように上品に流れていて、はっとしたときは消えてる…。だから、少ない台詞とナレーションで、映像重視の世界、自分の感覚でにおいをかんで欲しいといっているよう。おかげで隣のカップルがそれぞれに持っていたポップコーンのボリボリ音が耳についてうるさく、このにおいはキャラメルポップコーンのにおいにさせる気かって突っ込みたくなっのでした。ずーーーーーーっとかりかりボリボリたべてて、手の動きもずーーーっとだから。少しは遠慮したら!って言いたくなった。状況ぶち壊し。アクション映画のときのどっカーンっていう大きな音響だったらちっとも気にならないのにこの状況把握して欲しい!
愚痴はともかく、とにかく劇場で自分の目で確かめて欲しいと思う作品です。DVDでTV画面だと、その匂う画面が体験できないのではないかと思います。映像だけでにおいって表現すること出来るということにも驚きます。人間ににおいって臭そうなのに、あんな美しい女の子たちだとにおいもそんなに幻想的で神経を麻痺させるような香りになってしまうっていう発想もすごいけど、ツインズはそんなにキレイとも思えなかったし、水槽に浮いている女の子も良いにおいが思想って感じもしなかったけど、雰囲気は的確に読み取れます。オーラスのシーンで伝えたかったことも、意外だったけど、あの香水を使いきるというのはわかったのですが私は発想が乏しく萌えてしまうんだと思ったのに、あんなラストってあー、やられました。
あの状況をもう一度体験しようとは思いませんが1度見れば相当なインパクトで記憶に残されること間違いなし。
★★★★★★★☆☆☆

もう一つ衝撃がありました。劇場内でおとなしく座っていたら、後から来た男性に、座席番号が違ってますと指摘されたので、「スミマセンでした」といって移動しようとしたら、その男性が「こんにちは、こんにちは!」って挨拶するのです。何でだろうと思って顔を見たけど帽子冠っているし、すでに薄暗くて顔が良く見えないし絶対知らない人と思っていたらその方が「あのー、2Fに勤めてるものです。」だって。ウチのビルの2Fの会社の人。驚きました!こんな事書いちゃってバレないよね?
by chikat2183 | 2007-03-03 20:33 | 映画2007