人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「守護神」

「守護神」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞
d0020834_18505570.jpg

ケビン・コスナー復活と聞いていたのでちょっと期待。それで裏切られるのがいつものケビン・コスナー。でもすんなりはまっちゃいました。船酔いするかもってビビリもありましたが、波が荒くても意外と平気でした。
アメリカ版「海猿」ってことらしいけど、私はどちらかといえば「トップガン」を思い出しました。優秀でハネっかえりの主人公があのときのトム・クルーズに似ていました。アシュトン・カッチャーとトムが似ているとは思いませんけど。あのころあの作品とっても好きでした。若くて何でも出来るってことがうらやましかったし、途中で友人を失ったり、そんなこともこの話の筋に入っているからそう思ったのでしょう。絶対若かったらケビン・コスナーはアシュトン・カッチャーの役をやっていたに違いないと思いました。いつも自分がトップに立とうとしたり目立ちたいって思うような役多いじゃないですか。だから脚本がいかにもって感じでした。しかし!!いい中年になったケビン・コスナーは自分の弱みをも見せる役でした。もうセクシーな男を演じるよりは熱い男を演じた方が魅力的。奥さんに捨てられようがいいじゃない、カッコイイと思う。すてきな中年親父です。逆にセクシーさもちょっと感じちゃったりしてね。顔はちょっと苦手なんだけどアシュトン・カッチャーもいい演技をすると思いました。重たい過去をみんな持っていたんですよ。訓練の場面なんかは海猿を思わせるところもありましたが、訓練、人間関係、LOVE、色々な要素が混じっている割にはうまくまとめてあったので2時間越えの作品も意外と飽きることがありませんでした。ただ引っ張ってあのラストはベタだよねー。失うものすべて失ってああなっちゃうのか、とかあれじゃあ救助しにいったことにならないなー、なんて。ケビン・コスナー50過ぎてもまだまだアクションやりたいんだなって思わせる作品でした。
結構海猿系好きかも。アクションに近いですものね。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2007-02-12 18:43 | 映画2007