人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「それでもボクはやってない」

「それでもボクはやってない」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞
「それでもボクはやってない」_d0020834_17255665.jpg

加瀬亮ってやっぱりオダジョーに似てない?前に何かで完璧オダジョーだと思い込んでみていたら加瀬くんでした。全く、どこ見ているんだ!といわれそうですが…。
痴漢での冤罪を取り上げた法廷劇、周防監督の11年ぶりの作品で完成度も高く製作発表の時点から話題の作品。脚本がうまいと思ったのは、誰もが冤罪だと思い込んでみているけれども、実際にやってない場面も誰かが痴漢をしたであろう場面も映されていないということ。被告側も犯人か犯人でないかもわからない。そして犠牲者である中学生も実際に痴漢被害にあったかどうかもわからない。やられたかもしれないし思い込みだけかもしれません。以前から何度も被害にあっているのは確かなのだろうけれど。痴漢で現行犯逮捕されて99.9%が有罪という現在の法廷裁判。もし本当に冤罪だったら1年もかけて裁判をしている間に実際の犯人は野放し状態、痴漢というのは繰り返されるわけだし、捕まえるのが難しいのもわかるけどそんなことでいいの?ずっと某大学のミラーマン教授のこと思い出してました。いたずらで有罪に陥れることって簡単な事なんだって思っちゃいました。こんな事件(って失礼な言い方かもしれませんが)弁護士も検事も裁判官もなんとも思ってなくて逆に面倒くさいと思っているのもわかるし、中学生だってまさか相手の人生を狂わせ、自分だって法廷に立つことがあるなんて思ってもいなかっただろうし、それのために検事に難しい注文つけられたりとか考えてもいなかったことが次々におこってくるということは彼女にとってもプラスだったのかどうかもわからない。外野はやられたら捕まえろ!といいたくなるのもわかるし、いったい誰の立場に立ってみるのが一番普通だったのでしょう。周防監督の莫大なる研究資料と傍聴体験により、息をもつかぬ法廷劇になっています。恐ささえ感じさせる緊張感なのにわかりやすい。法律のこととかはまったくわかりませんが、かなり忠実なことは理解できます。みんなこんな危険と隣り合わせで生きているんですね。
★★★★★★★★☆☆
by chikat2183 | 2007-01-28 17:24 | 映画2007