人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「トンマッコルへようこそ」

「トンマッコルへようこそ」ヤマハホールで鑑賞
d0020834_15463343.jpg

韓国では珍しいファンタジー作品だそうです。真夏のGTFでの試写会からすこぶる前評判のいい作品。あまりに期待していたらなかなか当たらなくてやっと今日みてきました。基本は朝鮮南北戦争。よくわからないけれども、南北戦争でもヤンキーとか他国の応援ってあったのですね。第一次世界大戦と混ざり合ってそのあたりのことが私はよくわかっていなかったのですが。そんなときに山奥に「トンマッコル」という村があってみんな平和に暮らしていてある意味文化が遅れていてみんなが純粋に生活しているところ。そこに3組6人の戦士たちがやってきて一緒に生活をしていく、お互いはじめはいがみ合ったりしているけれども村の人たちの純粋さの中で自分たちも純粋さを取り戻していく癒し系の作品。トンマッコル=子供の純粋さみたいな意味らしいです。規模は小さいけれども戦争の痛々しさも随所に入れられ反戦に対するメッセージもとても感じられます。めちゃめちゃ有名な俳優さんは出ていませんがどの人も何気に見たことのある人たちです。特にカン・へギョンの不思議少女ぶりがものすごく印象に残ります。「オールド・ボーイ」の時よりも数段存在感アリ。たぶんこの子が癒し系の中心。特別美人でもないしとても不思議な空気をかもし出しています。文化の違いによるさまざまなおかしさが爆笑を誘います。そして田園風景を初めとする映像美の世界。ポップコーンが降ってくるシーンはこんな世界はじめてみたと思いました。場内大爆笑だけれど、そんな発想気がつかなかったですもの。いのししを退治する場面や蝶が飛ぶシーンはGCが使われていますがこれもなかなかいいです。蝶は特殊なときにでてきてなかなか大きな役割を果たしています。そんな感じに色々な要素がてんこ盛りに詰まっているけど変な嫌味も無く上手に作られています。基本的に戦争映画がだめな方ちょっと目を瞑っていただいて、他の場面はじっくりとみて癒されていただきたいです。ベタな恋愛はなしでなく韓国映画のパワーを見せ付けられた作品。面白いです。★★★★☆
by chikat2183 | 2006-09-25 22:08 | 映画2006