人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ユナイテッド93」

「ユナイテッド93」ヤマハホールで鑑賞
d0020834_2255133.jpg

この秋最大の話題作。とにかく疲れました。自分もしっかりユナイテッド93の乗客になっていて、後半は心拍数が上がりっぱなし。結果もわかっているのに興奮していたというよりは不安がつのっていました。映画として捕らえていない自分がいたことに驚きました。2001年9月11日。その日からすでに5年が過ぎようとしています。しかし、記憶に新しい、そして記憶が鮮明。TVの画面でツインタワーに飛び込んでいく2機の飛行機。最初の画面は意味がわからなかった。何で旅客機がツインタワーに突っ込んでいったのか。なぜペンタゴンが燃えているのか。だんだんその真実が明かされていったとき、それでもアメリカの話じゃないか!と冷たい目で見ている自分がいました。でも、自衛隊が戦地に向かったり、段々日本も戦争の中に引き込まれていく様子を見ながら、他人事じゃないんだと改めてテロの恐ろしさを知らされました。自分としては考えられないけど自分の命を懸けてまで他人を巻き添えにする必要がどこにあるのでしょうか。イスラム圏の洗脳された思想に恐怖を感じます。冒頭よりこのハイジャック犯たちは身を清めたり拝んだり。そして前半はドキュメンタリータッチで進んでいきます。舞台は各空港の管制塔や国防総省の管制室。あそこまで飛行機がモニターでチェックされている現代の航空事情にも驚かされます。ドキュメンタリータッチというのはとても現実味がありますが、ついていくのに必死。画面に○○空港という文字が出てもどこの管制室もあわてているんだけど、見方によっては以外に冷静でそれでも同じような状況が各所で行われているのです。後半はハイジャック犯が乗っているユナイテッド93便の機内へと移ります。はじめから、直に体の中に忍び込ませたナイフとかどうして簡単に通ちゃうんだ!と思ったけど、乗客、乗務員、犯人のやり取りへ。実際にその現場に居合わせた人は実存していないわけで、これは作られたものなんだと思いながらも、その空間の中に引きずり込まれていきます。ラストとってもベタな終わり方なんだけどその暗闇が気分を重たくさせます。考えちゃう!!
夏の旅行をやっと決めて代理店のお姉さんに「ユナイテッド便かもしれません」と言われたか母が「あらいやだわ!」といってきたという意味がわかったような?なような。ハイジャックされたのはユナイテッドだけではないけれどもやっぱりちょっと恐怖心を持ってしまったというのは確か。乗客の気持ちになる必要はないかもしれませんが、そしてどこまでが事実かということもわかりませんが、記憶の中に残しておく必要はあるのではないかと思いました。★★★★☆
by chikat2183 | 2006-08-02 22:22 | 映画2006