人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「初恋」

「初恋」 有楽町朝日ホールで鑑賞

エキブロのネームカード登録で画像の貼り付けが1Gになったそうです。ということで早速写真貼り付けてみようと思います。
d0020834_126327.jpg


あの三億円事件の犯人は18歳の少女だった…。すごくインパクトのあるコピー。その主人公を宮崎あおいが演じます。期待しますよね。時代は昭和1968年=昭和43年。またまた懐かしい昭和のお話しです。ALWAYS三丁目の夕日と10年も違うのに何だか同じ感じ。これも全部CGなんでしょうか?昭和のイメージってこんなに汚くてごちゃごちゃしてるのかなあ。特に背景はすっごく汚らしいって思える映像。色使いのトーンを落としているせいもあるかもしれませんが、昭和40年代初め、日本の高度成長期にしては古めかしい感じがしましたが、あおいちゃんの着ている衣装とかちっとも古い感じがしなくて全く今のものを着ている感じだったのですが…。あの頃は確かにミニスカート全盛でそれもヒップボーンと呼ばれた今で言うローライズ。そして上に着ているのはたぶんシャツブラウスでカットソーではなかったと思うのだけれど、んんー、やっぱりちょっと違うと思います。小出恵介は七三分けで20歳とは思えない老けた感じを良く出していたと思いますが、みんな孤独な少年少女たちなのですよ。ジャズバーにたむろしているニートみたいな。それがなんか貧乏クサイ感じがしてなくて何処から収入あるのかしらなんて思っちゃいます。
d0020834_1554720.jpg

三億円の強奪を考えたのはこの小出恵介演じる岸なんだけど東大生らしい分刻みの強盗計画には偉い!と思ったけど、実行犯を女の子にしちゃうって所は良くわからない。まあ、確かに無免許で女の子じゃ、疑いの目はかからないと思うけど最後に強奪した車を運転していたみすずはハンドルを握る手が素手でした。手袋してなくていいの?なんてまたたくさんツッコミたくなってしまいます。みすずが初めてバイクに乗るシーンは楽しそうで良かったです。自転車やのおじさんとの掛け合いも良かったです。そんな一つ一つのシーンはいいなと思うところもあるんだけれど全体の流れとしてはみすず以外の人物設定や環境が全くわからないし、個性も何も感じられない。中途半端までも行かない無いに等しい状況でした。必要なしといわれれば必要ないかもしれないけれど、なんかスッキリしません。みすずの兄、亮を演じたのはあおいちゃんの実兄の宮崎将。初めてですが見た目もきれいないい若者です。その愛人(恋人?)役の小峰麗奈がなんとも裸なのですが、これもいただけない。きれいではありません。裸はもっときれいに見せてあげたいと思いました。品があるとかないとかは別にしてなんか汚れすぎって感じ。あの金八先生に出ていた小峰麗奈ちゃんです。時代の流れを感じます。ストーリそのものはめの付け所いいと思うけど、映画としてはどうなんだろう。悲しい初恋ストーリーが…。クライマックスであるはずの自動車の強奪シーンも迫力ないしね。映像で見るよりも小説で読んだ方がいいのではないかと思いました。新橋の金券ショップで1枚700円で売っていたのがわかる気がします。★★☆☆☆
by chikat2183 | 2006-06-01 21:41 | 映画2006