人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「DOOM」

「DOOM」一ツ橋ホールで鑑賞

アメリカで人気のあったゲームが原作らしいです。ゲームってやってことがないのでほとんどわからないのです。予想外の作品でした。普通にザ・ロック主演のアクション映画かと思っていました。ちょと違っていたんですね。もちろんアクションっぽいのですが捕まえる相手はゾンビかエイリアンかそんなヤツで容姿もそれがかわいくないんだな。「サウンド・オブ・サンダー」のあいつも変だったけど、もっと変。人間が変化(進化)したはずなのに正体不明だし、血みどろだし、気持ち悪いです。もう少しビジュアルにこだわった怪物(?)にしていただきたい。そんな感じのちょっとあやしいSFホラーアクションでした。とにかくゲームとしては謎の生物を追いかけて捕まえるわけでバズーカみたいな銃をぶっ放すだけのアクションというか、やっぱりゲームです。ただ追いかけているだけなのでストーリーがなくて途中で飽きてしまいました。不思議と眠くはなりませんでした。状況が変わらないので「まだやるの?」という感じです。ザ・ロックもはじめはかっこいい軍曹だけど最後は…だし、暴れないし、ちょっともったいない感じでした。前作「Be Cool」で別な一面を見せてくれてなかなかやるな!!と思ったのに今回はハズレです。やっぱり彼は最強の悪役がいいですね。でも、ムキムキ肉体はなんとなく見られます。最後に残ったのは双子ちゃんでしたが実際ザ・ロックよりもこっちの二人が主人公のようです。ゾンビ系エイリアン系お好きな方は是非どうぞ。ザ・ロックのファンの方もどうぞ。配役としてはいまいちだけど顔とか姿とか見ているのにはやっぱりかっこいいと思います。顔立ちがはっきりしているからね。★★☆☆☆
by chikat2183 | 2006-03-23 22:39 | 映画2006