人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「シリアナ」

「シリアナ」イイノホールで鑑賞

中東問題は複雑で全く理解していません。かなり複雑な内容だというのでストーリーだけは予習しました。読んでもあまり理解は出来ませんでしたけど何も無いよりはいいだろうと思いました。G・クルーニーはCIAの職員(裏切られる)、M・デイモンは石油アナリスト、ジェフリー・ライトは企業買収の弁護士、石油王の息子、(跡継ぎ問題)そして中東の石油発掘で働く青年たち(解雇される)。ここまでを予習。さて物語りはどう結びつくのか…、石油発掘会社を買収するとか何処と業務提携するとか、アメリカだけに限らず日本でもかなりタイムリーな話として興味はもてます。しかし、ソダーバーグの作品はその流れとか展開とか、最後はわかるんだけど途中がこんがらがってわからなくなります。どちらにしてもわかりやすい話ではないし、台詞が多くそれだけ字幕を追って行くのがとても大変。手っ取り早く言えば末端で働く人間はその企業や組織のために血や汗を流し尽くしているのに、その大元の組織は自分の利益や有利さを得るために手段を選ばず冷酷な仕打ちをする…、という事でしょうか。かなりブッシュ批判的な要素が含まれていて心底理解したら相当面白い作品なんだと思うけど、理解する能力が」備わっていなかったので、こんがらがったままで終わってしまいました。不完全燃焼。そして家に帰って復習。70%くらい理解できたかなあ。とにかく社会派の作品。遊びのシーンも殆どなし。(全くかも)中東の人たちは顔区別がしにくくそこがまた理解できないところ。クルーニーはこの作品のために体重を13Kgも増やしたというけど、普段のセクシーオーラを全く感じさせなく熱演。髭に覆われた顔からはCIA職員らしい目の輝きがやけに印象に残ります。マット・デイモンは言ってみれば一般人の役ですが、何のクセも無いまっさらな普通の人を演じています。結構好感度大。ジェフリー・ライトは優柔不断な弁護士を好演。コイツはいい人だか悪い人だかよくわかりませんでした。それでも、もしかしてもう一度見たらもっと理解できるかもと期待してしまうような作品でした。もう一度予習、復習を忘れずに。★★★☆☆
by chikat2183 | 2006-02-08 22:24 | 映画2006