人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「クラッシュ」

「クラッシュ」よみうりホールで鑑賞

なかなか話がつかめなくて苦労しましたが、きっかけをつかんだらなんとも簡単につながっていきました。といってもこの作品はサスペンスではありません。人と人とのちょっとしたつながり、一期一会なんです。そして、人には必ずある裏と表、善と悪。その一瞬のつながり方が善か悪か、そんな感じでしょうか。始まりは交通事故なんだけど始めの怒鳴っていた中年女は最後の韓国人夫婦なわけね?そんな小さなお話がたくさんあって、誰が主役というわけでもなく沢山の登場人物、俳優人も豪華。そして見事な脚本。はじめ、マット・ディロンがでてきたときはまたセクハラかい?って思いましたが、そこが彼の悪の部分で、実際には正義感あふれる警官でした。逆に相棒のライアン・フィリップはマットと組んでいるときは超マジメな青年警官なのにちょっとしたハプニングで大きな事故を起こすことになってしまう…。とても美しい青年に成長しています。若いのにそういう事故をきっかけに悪いことに進まないで欲しいと願ってしまいました。ライアンフィリップも切なかったけど一番切なかったのはドン・チードル扮する私服警察官で母親に不良の息子を探して欲しいと頼まれて…、結局弟は死んで見つかるんだけど母親に「弟はあんたが殺した、探してといっているのに探さないから…」という台詞。ものすごくきつかった。家族のために悪の心を使いながらも一生懸命にやっていることが裏目に出てしまう。ものすごく心が痛かった。マット・ディロンにセクハラを受けていたサンディ・ニュートンは前からどうも好きになれなくて他の女優さんにやってほしかったです。そのほか、ブレンダン・フレイザーがずっとスーツ姿で登場したり、サンドラ・ブロックがでていたり。サンドラ・ブロックが主演みたいなCFがありましたが彼女はそんなに重要な役とも思えません。涙を流しそうになるのは鍵屋の娘がお父さんの代わりに背中に銃弾を受けるところ。ネタバレになるので書きませんが、彼女の天使の寓話は美しい物語になっていてほろっとさせます。そして雑貨屋のお父さんの心も変えてしまいます。小さな話の中に人間の心の動きをうまく出しているなと思いました。今の自分の心の中を考えさせられたり、友人や家族とのつながりを考えたり、そんなことをちょっと見直すきっかけを作ってくれる作品でした。★★★★☆
by chikat2183 | 2006-01-24 22:22 | 映画2006