人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「キング・コング」

「キング・コング」 日劇1で観賞

一昨日訳ありで見損なった「キング・コング」縁あって本日鑑賞することが出来ました。腰が痛いので3時間頑張るためには環境のいいところで見ないといけません。先行レイトショーで、日劇か六本木と言われましたが、六本木で見たいけど帰りを考えると有楽町の方がいいので有楽町を指定させて頂きました。3時間超の大作のレイトショーでも結構人が入っているのです。小さな劇場だったら満員に近いくらい。とにかく3時間…、が頭にあって飽きちゃうかな?と思ったけどどうにか最後まで見ることが出来ました。でも、やっぱり長すぎるというのが率直な感想。最近は1時間半位の作品もたくさんあるからざっと2本分。ナオミ・ワッツはキレイでした。というのも変な言い方ですが今まで見た作品できれいだと思ったことがあまりなかったから。今回はチョット見、金髪のグイネス・パルトロウかニコール・キッドマンのような超美形の、雰囲気さえ感じられました。でも、コングとの愛情表現がもう少しわかりやすく表現できていたらよかったのにと思いました。ジャック・ブラックは「スクール・ロック」の時舞台挨拶を間近でみてやわらかいイメージだったのですが、この役は豪腕のプロデューサー、最後の最後まで自分の欲のために動く人、熱演してました。何でも出来る人なんですね。アンディ・サーキスはどうしてもゴラムのイメージが強くて今回キングコングも彼の動きで作られていると聞いたら、キング・コングの動きもゴラムと同じに見えちゃってあれれれ?人間の彼は(船員の役)予想外に体が作られていて肩幅とかとても広いのに驚きました。謎の島に上陸して、現地人は必要だったのかなあ、途中ジェラシック・パークみたいな感じでした。恐竜は許せるけど、虫とか変なわけのわからない生物はかなりグロテスクで私はNO。アドベンチャーよりも恐怖映画の様相すらありました。でも皆CGでこんなに作れてしまうのですね。この島の中での様子は動きが早くて目が疲れました。目が回りそうでした。そうそう、ジェイミー・ベルは「DEAR WENDY」よりか生き生きしていて存在感がありました。コリン・ハンクスはどうでも良い役で残念でした。親の七光りでもっときらきらしているかと思ったけど、こんなもんでしょうか?全体的にはいろいろ組み込まれていておもしろかったけど、エイドリアン・プロディの役は良くわからない。結局アンを好きな脚本家があそこまでする?みたいな。つかみきれない設定でした。終映後拍手起こってたけど…。★★★☆☆    
by chikat2183 | 2005-12-14 23:43