てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「神様はバリにいる」

「神様はバリにいる」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞
2015-007

d0020834_10490951.jpg
「アニキ」のスチールみっけ!
既にこのアニキ登場で持って行かれました。
このキャラだけで充分!
ニヒルな2枚目の堤サンがなんとこのアニキです。
題名からしてバリを舞台にした堤さんと尾野真千子の不釣り合いなラブストーリーだと思っていました。
良くあるハワイなんかで撮ってるような…作品。
開けてみたら全然違ってどちらかと言えばアニキがバリでみんなの人生を変えていく、って感じの作品。
このアニキのキャラクターが実際にこういう人なんだか作ったキャラクターだかわからないけど、外国でこんな「ヤ」って感じの人と出会ってしまったら引くこと間違いない。
しかし、めっちゃいい人だしオヤジギャグが臭いし、映画とはいえ良く使ったし堤さんもよくこのキャラこなしたなって思いました。
一番好きなギャグ尾野真千子に対して「胸がタランティーノ!」
翌朝「おーーい、クウェンティン!」
こんなところでタラちゃんの名前が出るとは恐ろしい。
そしてタランティーノって有名だと思うけど、普通の人には名前しか知られてないし、監督として俳優として作品がどんなだか知ってる映画ファンには受けるよね。
バリも大昔行ったことがあるけれど美しい島で神様があちこちににいることは知っていたけど、実は日差しが強すぎて私には合わない場所だったのでその時しか行ってないんです。
でも、画面の中で見るバリ島はとっても素敵な場所に見えました。
ちゃんと振る整備して行けば行けるかも。
なんってね。
尾野真千子は半分遊びの婚活疲れでの癒し旅。
ストーリーテラーがこの人。
映画初出演のナオト・インティライミは婚活のお見合い相手。
玉木くんはちょっと印象が薄いけど眼科医でアニキ子分みたいな関係。
出演者もあまり多くないし、言いたいこととバリの風景が美しいということがとってもよくわかる作品。
なかなかよかったと思います。

by chikat2183 | 2015-02-21 11:10 | 映画2015