人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

第18回釜山国際映画祭騒動記①ことのはじまり

先ほど釜山から戻ってきました。
今年も釜山国際映画祭に行ってきました。
今年も…。
何から書いていいかわかりませんが、オク・テギョンさんをみに行ったというわけではありません。
結果的にはそうなりましたが、あくまでも映画祭に行ったんです。
今年は8月にはまだ「行くか行かないかわからない状態」だったのですが、決定的な瞬間が訪れました。
d0020834_0482736.jpg

この韓国映画「結婚前夜」のスチールとティーザーが突然発表されたんです。
下半期公開とは言われていましたが、公開日も11月19日になったみたいです。
そして思ったのです、11月は韓国へ行って映画を見ることは無理なので、映画祭での上映があればみられる、という浅はかな考えで、マイレージに空席があったのでいきなりポチッと航空券をただで手配してしまったのです。
ティーザーはこちら
8月ってまだ映画祭の情報は何も流れてないのであくまでも「やればいいなあ」段階です。
結局上映はなかったみたいですね…(私が滞在する間にはないです)
それからも、しばらくは気分が乗らず過ごしていましたが、9月も半ばになってホテルさがし。
気分が乗らなかったのでホテルも探してなかったのです。
釜山ナビとかコネストとか、そういうサイトではソウルはたくさんあっても釜山に関してはホテル数が少なく、すでに満室のところがほとんどです。
なので専門的なホテルあっせんサイトでagodaで宿探し。
某ゲストハウスでダブルのお部屋を個室で予約しました。
トイレやシャワーは共有だけれどゲストハウスもなかなかいいものだと言われて予約したのですがしばらくして「オーバーブッキングでお部屋はありません」と宿からの連絡。
それから再び宿探し。
残っているのは1泊数万円の超高級ホテル、1泊1万数千円の高級モーテル、そして1泊2~3000円のゲストハウスのドミトリー(2段ベッドのシェアルーム)ばかり。
その中でおしゃれな名前のペンション発見、ダブルベッドのお部屋1泊○000円で安くはないが個室だし、どうにかなるだろうとポチット予約。
しかし、ここからが悲劇の始まり、住所はあるけど電話番号はなし。
どういうこっちゃ?
ポチする前に気がつけよ!!ってことで電話がないということはそういうことなんですよ。
最悪、友達が泊まってるところに潜り込むか野宿もありってことで覚悟して出発です。
そんなごたごたしていた開幕の1週間前、いきなり「結婚前夜」テギョン&イ・ヨニ参加のニュース。
夜中にもかかわらず現地で合流する友人に伝えると、あちらも興奮状態。
そして彼女は仕事場でのごたごたから往復の飛行機を変更し、テギョンと遭遇し握手するという幸運に恵まれたわけです。
何なんだこの雲泥の差は。
こんな状況の中から今回の旅は始まりました。
by chikat2183 | 2013-10-06 23:48 | 旅行2013