てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

韓国ドラマ「ブレイン 愛と野望」

韓国ドラマ「ブレイン 愛と野望」
브레인
2011年 KBS作品 全20話
d0020834_12195996.jpg

シン・ハギュン主演の医療ドラマ。
医療ドラマって意外と面白くて好きなんですけど、これは医療よりも人間がすごい。
ここに出てくる「神の手」をもった脳外科の先生方、みんな変です。
まともな人間と思える人が一人もいないくらい個性豊かというか、人間の本性丸出し。
脚本のせいか、演出のせいか、また役者の演技のせいかわからないけど、狂ってます。
ほぼ的確に脳の手術と化するんだけど、日常の行動とかもすごく変で、実際にお医者さんってこんな人たちばかりだったらこの先病気になったとして考えてしまう。

映画のイメージの強いシン・ハギュンですが、この人の間の抜けたと言ったら失礼ですけどちょっとずれてる演技が好きです。
最近では「10人の泥棒たち」泥棒仲間じゃないんだけど、真面目な顔してめっちゃおかしかった。
この作品の中では天才なんだけど人間性、正確に問題がある医師を熱演。
こういう演技を熱演っていうんですよ、たぶん。
笑わないし、負けず嫌いで、ほぼ紙一重的行っちゃってる感じが凄く上手です。
全然クールじゃなくて冷たい人間なんだけど、情熱的じゃなくてホット!
わからないと思いますがそうなんです。
すべてに対し自信に満ち溢れているんだけど家族に対する劣等感とかがあって地位と名声をとるためには手段を択ばない男。
完全にイカレテる。
だから、面白いというか、この役者が面白いと思った。
ライバル医師として、お坊ちゃま医師役をチョ・ドンヒョク。パッと見てお坊ちゃま役にはぴったりのイケメンさんですが、初めて見た役者さんって感じ。
それで後半はこの人もPTSDでほぼ壊れた状態なんだけど、出演時間も少なくなっちゃって完全にトーンダウン。
d0020834_13272121.jpg

前半で戦わせる必要がなかったような気がする、でもラブラインには必要だったのかな?
そういう意味でマドンナ役のチェ・ジョンウォンさん、この子も見たことないような感じ。
そんな、カッコイイお坊ちゃまから告白されるのに、変な主人公をすきとか言っちゃって、そう見ても人間的に普通じゃない人を好きになるって考えにくいんだけど、この主人公もいい年して恋愛したことがないらしく、女の子の扱いに慣れてないのかな?
全く距離感アリアリのラブラインです。
そっちに重点を置きたくなかったという意図かもしれないけど、それなら最初からそういうシーンは必要ない気もする。

第2の主人公がチョン・ジニョンなんだけど、こちらも天才医師。
演技に迫力がありすぎて怖いぐらい。
天才医師なんだけど、途中で記憶喪失があったらしく、自分の過去をわかってないし、最後脳腫瘍で、この人もまともそうですけど、狂ってました。
とにかく出てくる人物が全員どこかおかしい人たちで、それがドラマを引っ張ってるって感じでした。
だから、最終的に面白かったかどうかはわからないです。
狂った演技をみることが面白かったかもしれない。
とにかく変わった医療ドラマだったということはたしか。
キャスティングが上手だったのかな?
脳外科の話なので、手術のシーンとかばかりなんですけど、その辺は視聴者おいて行かれます。
難しそうな用語ばかりだし、わがままな先生たちが手術のとりっことかするのはちょっと怖いかな?
「神の手」実はこういうのが真実だったりして…うわっ!
[PR]
by chikat2183 | 2013-08-09 13:25 | 韓国ドラマ