人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「サマータイム・マシン・ブルース」

「サマータイム・マシン・ブルース」 ヤマハホールで鑑賞

本広克行監督作品。SFか、コメディーか、アドベンチャーなのか、サスペンスか…。ジャンルは何なのでしょう。おばかムービーとも言えるしよくわからないのですけど。内容も大学生のSF研というサークルの学生達が突然現れたタイムマシンに振り回される話。おもしろいっちゃあおもしろい、くだらないっちゃあくだらない。ただ本広監督らしく遊び心がいっぱいで色々な謎やパロディーがちりばめられていて終わってからお土産にもらった『ギンギンDX』なんだけどこれがどこに出てきていたかがわからないなあ。あギンギンの人形はこのドリンクの販促物なのかなあ。d0020834_0205961.jpg
構成上仕方の無いことなんだけど、初めのシーンから時間がいったり来たりしてとてもわかりにくい。これから見に行く方々はタイトルが出るまでの約10分間よーーーく目を凝らして見ていてください。私も注意深く見ていたつもりだけどまだまだ。なぞのポスターも私が読み取る時間は無かったなあ。でもなんか引っかかっていると言うのはわかるんだけど。どれもちゃんと複線が貼ってあって、ここ見ろ!!みたいな所はわかるんだけど理解する迄には行きません。昨日と今日がめちゃめちゃに入り組んでいるので最後は現在が正しいかどうかすら理解不能な状態になっている。大学生のサークルのノリというのはとてもよくわかって、みんなが楽しそうにやっているのがわかりました。気になったのは真夏の暑さの中で銀杏の葉がちょっと黄色かったことでしょうか?あれはCDで処理できないのかなあ。何も考えずに楽しめる作品ではありません。時間のからくりがわからなくなるから。でもそういうのを気にしなければ大きな声でげらげら笑いましょう。ストレス解消になることは間違いありません。お土産は『ギンギンDX』ってこれスモモ味って書いてあって、宣伝用の商品香川県で作ったみたいですけど、ヴィダル・サッスーンのシャンプーセットでも良かったけど…。まあ、いただけるものは感謝いたしましょう。★★★☆☆
by chikat2183 | 2005-08-22 23:56