人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「ヒューゴの不思議な発明」

「ヒューゴの不思議な発明」TOHOシネマズ有楽座で鑑賞
2012-028
「ヒューゴの不思議な発明」_d0020834_21355171.jpg

ジュード・ロウ目当てに行ったわけですが、主演の子のパパ。
出番意外と少なかった、がっくり。
とにかく3D好きではないのですが、どうせならと思ってみてます。
無駄に高いし。
今年2本目かな3Dみたの。
「アバター」で奥行きが出たと言われた3D。
スコセッシは観客側から画像出してた気がしたけど。
どっちにしてもきらい。
2Dで「映画」っぽいほうがやっぱり好き。
スコセッシはこういう子供向けのファンタジーをどうして作りたかったんだろう。
いい作品にできてはいたけどスコセッシのイメージってファンタジーじゃないでしょう。
スコセッシって自分がファンタジーに出てくるキャラクターっぽい。(ごめんなさい)
そんなこと言ってる割には意外とスコセッシの作品って見たことがありません。
3~4本しか見てないのであまり偉そうに発言できません。
で、一番驚いたのは何てったってパパ・ジョルジュ。
誰だ?これ…見たことあるんだけど見たことないような…。
ハタ!(ハゲ?コラ!)と気が付きました。
髪の毛だ!
髪の毛に見覚えがないってこと。
髪の毛とったら「なんだ、やっぱりベン・キングスレー」
髪の毛で化けてインパクト弱くするとは…、なんか髪の毛生えたらいつも以上にセクスイーだわ。
もちろん主人公はあのまっ青な目の少年ですが結局はこの爺さんが映画を作るわけで…。
スコセッシの映画へのこだわりって感じの作品かな?
あの機械人形ちょっと顔が怖かった。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2012-03-10 21:58 | 映画2012