人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」
신데렐라의 언니 全20話
2010年 KBS作品
d0020834_9575480.png

話が終わりに近づくにつれて、「シンデレラのお姉さん」という題名に?
シンデレラをどういう風に受け取ればいいのかわからなくて考えたけど「深く考えないで単純に感じろ」と。
そうか!
主演のグニョンちゃんがシンデレラのお姉さんなんだからシンデレラはソウちゃん。
なるほど、両親を亡くした女の子が継母に育てられ、血のつながらないお姉さんとの物語。
お姫様になる話ではなかったのです。
もちろんお分かりとは思いますが、私はテギョンがみたくて、というか見ておかなければいけない義務感。
d0020834_1031745.jpg

(うわ~、テギョン指が長いね!)
たった2年前に撮影してた作品とはいえまだまだあどけなさが残る20歳の少年っぽさが初々しい。
だけど、アイドル歌手のくせになかなかやるじゃん、コイツ。
泣きのシーンとかあのバンビのお目目からしっかり涙を流す。
この作品で新人ながら役者として認められてしまったので、彼いつの日かは入隊し除隊しても役者としての道が残るのではないかと期待。
こういう演技みてると野獣になって野獣オーラガンガン飛ばす肉体派の彼との使い分けが実に上手なんだなあとおもいました。
私がテギョンに堕ちたのは生のプライベートなテギョンだったものね。
作られた野獣よりも役者のほうが素のテギョンに限りなく近い。
d0020834_10125834.jpg

しかし、役柄は子供のころでぶっちょの坊やがいきなり大きくなってテギョンになる?
いいなあ、夢があって、ありえないところがすごい。
顔立ちが違うのに。

さて、国民の妹ムン・グニョンも子役からすでに美しい女優へと変化を遂げています。
作品内容がシリアスで「メリは外泊中」のコミカルな愛らしいムン・グニョンを想像していたらこれはやられましたね。
孤独で強く生き抜くマッコリ造りに命を懸ける女性。
小さいころからの愛らしさは感じられるけどもう立派な大人。
当然のことながらその人気が維持できるキャリアと実力を兼ね備えています。
それでも、笑わないムン・グニョン。
笑わなくたって若者もおじさんもムン・グニョンの虜だとおもうよ、かわいいもん。
相手役はチョン・ジョンミョン。
除隊後の初作品なんですかね?
彼も子役さんでしたよね。
体育会系の元気のいい作品でしか見たことなかったので(キツネちゃんはすごく昔みた)こんな落ち着いた大人の役をやるような子ではないと思ったけどきっと、支部に役者になるだろうなと思いました。
Mさんが「声が好き」って言ってたけど、声というよりしゃべることそのものが美しい。
流れるように発される言葉は何の違和感もなく聞こえるのですごい役者に成長してると思いました。
これからの作品に期待。
そしてソウちゃんは…下女でフンさまの奥さまをやってましたね。
きわどいセリフガンガン言ってた。
そんなソウちゃんではなく「キヤンダリ~~」と叫ぶ少女のころのソウちゃん。
女性の私からすれば顔がどんどん変化しサイボーグ化してるんだけど憎めないキャラ。
元の顔がどんなんだったんだろうってもう想像できない域に達してるけどおじさん方にはすごい人気あるらしい。
なんてったってこの作品のシンデレラはこの子なんだからそれなりに華もあり存在感のある子でなければならないと思うのです。
大人になりきれない少女の微妙な役柄を上手にこなしていたと思います。
そのほかにキム・ガプス、イ・ミスクのベテラン大物が共演。
イ・ミスクさん色気も衰えず素敵なのになんでああいう役柄ばかりやるんでしょう。
Yさんが言いました。
「今までに見たことない硬派な作品で好き」
たしかにラブラインをぐっと押さえて酒造りしてた。
あ、Yさんはキッチンドリンカーだった。
最後にテギョンもう一枚。
d0020834_10415992.png

by chikat2183 | 2012-03-08 09:54 | 韓国ドラマ