人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

韓国ドラマ「砂時計」

韓国ドラマ「砂時計」
모래시계 第1~24話
1995年 SBS作品
d0020834_16222294.jpg

スミマセン、個人的嗜好により画像貼り付けました。
このドラマ見たのもそのためです。

何年前でしょうか?
初めて韓国語を習い始めたときに担当の権先生が
「レンタルが1枚100円だったので砂時計全部借りたけど見終わるかどうかわからない。」
といいました。
それを聞いていた同じクラスの某さん(昔のことで名前忘れました)が「イ・ジョンジェ命」といいました。
私は「ふ~~ん、イ・ジョンジェか~」と鼻で笑っておりました。
それなのに。
韓国の歴代最高視聴率第3位という輝かしい冠を持ったこの作品、3人のカリスマ俳優が繰り広げる壮大な愛と野望。
光州事件をモチーフにした壮大な硬派人間ドラマで社会ドラマです。
ヤクザの世界はわかりませんが重く暗い作品ですが私にも理解できました。
イ・ジョンジェはセリフも少なくて若くて前半はなんじゃこれでしたが、後半はなかなかよろしい。
私にもあんなボディガードついてくれないだろうか。
d0020834_1654890.jpg

この主人公の3人ですが、年代として私たちと同じくらいの人たちを演じています。
日本で学生運動があったのは昭和40年代後半でしょうか?
高校生のころに大学の構内に入れなかった記憶があります。
浅間山荘の事件で1年だか2年後輩のお父様が現場にいて実況をみて大騒ぎしたものでした。
たぶん、韓国は日本よりも学生運動が1~2年遅いのではないでしょうか。
光州事件は1980年。
チェ・ミンスは韓国のカリスマ映画スターで、こうドラマでじっくりみるとそのカリスマ性が本当に良く伝わってきます。
かっこいいわ~。
この手の男好きです。
パク・サンヒョンさんは「憎くてももう一度」しか見たことないですが、当時のフンナムの代表。
いい人キャラですごい人気だったそうです。
誰もがこういう人と結婚したいと思ったとか。
劇中でも「ハンサム」とか「素敵」とか言われてたけど、私はチェ・ミンスのほうが好き。
でもジョンジェのほうがもっと好き。
そしてミシルさま。
知性と品の良さを持ち合わせて韓国の超アイドルですが、このドラマを最後に寿引退します。
めちゃめちゃきれいです。
韓国中の男が惚れたそうですよ。
そして財閥に嫁ぎさらにカリスマとして生き続けました。
が、離婚して復帰。
復帰作が「春の日」なのだそうです。
主人公の3人そしてジョンジェとそれぞれが生き方に1本筋が通っていて、路線がはっきりしているのがわかりやすい。
こんな生き方はできないですね、特に最近の私は。

60%超えという視聴率、どんなもんだかよくわからないとてつもない数字ですが、誰もが受け入れられるドラマではなかったはず。
なのに「帰宅時計」とまで言われドラマを見るためにさっさと会社から帰ったというのだからすごいです。
軽い韓国ドラマが多い中、たまにはこういう作品も見ておくべきだと思いました。
by chikat2183 | 2011-04-14 16:47 | 韓国ドラマ