人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」

韓国ドラマ「美男(イケメン)ですね」
미남이시네요 第1~20話
d0020834_1346548.jpg

先に1~19話まで見ていましたが、最終話トラブルがありまして少し遅れました。
大した問題ではなかったようですし、終わってしまえば見なくても話は終わっていたようです。
このドラマが日本で話題になってから、若者向けのドラマだと言って甘く見てはいけないと散々言われていたので気にはしていたのですが、なかなかチャンスが無く、やっと見る事が出来ました。
貸してくださったSさんに感謝。
さて、何が甘く見るな!と言わせたかというと、脚本の練り方と主演の4人の若者だそうです。
全員子役上がりで演技がしっかりしているというのです。
チャン・グンソククンは映画でも数本見ましたし、「ベートーベン ウィルス」でかわいい男の子というイメージでした。
この話の中では、カリスマアイドル?ミュージシャンの役ですが、役の為に濃いメイクをしていたので今までの彼のイメージとは多少違うものがありました。
だけど、おばちゃんとしましては彼の演技の中にかつてのHIROMI GO が見えちゃったんです。
「キミたち女の子 gogo!」のHIROMI GOです。
それでなんか新しいんだか古いんだかわからない錯覚がありました。
と言って、グンちゃんに惹かれたわけではなく、私はすっかりヨンファくんに惹かれたわけで。
なんか、彼ストライクゾーンに直球で入ってきたわ。
ですが、彼はまだ20歳そこそこで惚れたのなんだのと言わる年齢ではないので、ニタニタしながら見ていました。
すっきりしたお顔立ち、無駄なところが無い。
そんな彼が少し変装して明洞の街の中を歩くシーンが印象的。
私にも道案内出来そうよ~。
あんな子絶対に明洞には歩いてないけどね。
それは置いておいて。
主人公の紅1点、パク・シネちゃんがとってもわかりやすい韓国語ではっきりとお話しするので、字幕なしで見るように散々言われていたけれど、やっぱりそれは疲れるので結局は字幕読んじゃいました。
自分に余裕があって時間をかけて理解する気持ちがあったなら多分字幕なしで理解できると思うのです。
話の内容も特にひねりが無いのでわかりやすく、気楽に見られるところがいいです。
去年ソウルへ行ったときにいとこが「1時間で周するバスはどこを走ってる」と散々言っていて、私はバスには乗る気が全くないので知らなかったのですが、画面見てたら、江南~九老デジタル団地当たりを循環しているようです。
次に行った時にはまた乗りたいっていうのかしら?
by chikat2183 | 2011-03-08 23:00 | 韓国ドラマ