人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「アイランド」ジャパンプレミア

「アイランド」ジャパンプレミア 東京国際フォーラムA

20:00開演って遅すぎるーー。私も連れも「終電になっても歩いて帰れるね」と言える距離なのでいいんですけど。やっぱり予定通りには始まらず、司会の襟川クロさんが現れたのは20:15そして彼女が紹介もしないうちに舞台の真ん中に姿を現した監督。走ってついていく戸田女史。司会もさえぎってしゃべる監督。3分ぐらいで終わっちゃった。早く始めて上映後の挨拶でよかったんじゃないの?ユアン・マグレガーのコメントフィルムが唯一の救いでした。だいたいマイケル・ベイの作品って「パールハーバー」も「アルマゲドン」も私には今一なんですけど。だから超大作と言うのはわかるけど今日も本当はあまり期待していなかった。ところがこれが…、なかなか面白かった。近未来2017年ってあと一回りですよ。あんなに進歩しているとは思えないけど、普通にカーチェイスやってるのに、別の場面で高層ビルの間(空中)を列車が通ってたり、ちょっと行き過ぎの感じはあり。「フィフス・エレメント」の世界を想像してください。自動車が空中とんでいたでしょう。でも内容はクローン人間なんです。医療用に開発されるクローンはありえるかもしれないなあ、なんて思いながら完全にその世界に入り込んでいました。実際クローンが人間社会に入り込んできたらどうなるんだろうと思ったりして、少々考えさせられることもあった。一番お世話になるのはきっと私たちの年代だし、それまでして生きていたいかなあとか医療用として開発されても作品の中で言っているように膨大な資金も必要だし。実際それで長生きし続けることは遺伝子を変えてしまうことなんですよね。だから結末が納得できないんだな。あのラストはないなあ。時代変えちゃうし。元に戻してほしかった。クローンを追っかける成り行きのアクションシーンもすごく迫力もあったし逃げろ逃げろ!!って応援する自分があったりしたんだけど実際はやっぱり捕まえなきゃいけなかったんじゃあないでしょうか?ショーン・ビーンはどちらかといえば悪役。いい感じ。それよりか、超いいおじさん役のスティーブ・ブシェーミいい味出してます。CGも美しくあっという間の2時間16分。残酷と言うかグロいシーンもあったりするんですが★★★★☆
余談です。うわさの試写会コジキ(頭の薄いほうのおっさん)が近くにいました。知らない人が入れてあげちゃったのね。これだけ入場者が多いとね、防げないと思うけど「お一人でしたら一緒に入れてください。」というおっさんには気をつけましょう。
by chikat2183 | 2005-07-14 23:30