てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「アンストッパブル」

「アンストッパブル」TOHOシネマズ日劇で観賞
2011-006
d0020834_23154631.jpg

初日ですが見られるときにどんどん行かないと1カ月なんてあっという間です。(たぶん)
この手の作品は数多くあって、何度も見ていると思うのです。
この作品は一応実話をもとにしているというので作られたストーリーとはまた違った恐怖感があるかと思ったのですが、前半はあまりに緊張感が無く、眠かった。
一人のケアレスミスから大きな事故へと発展してしまいます。
サスペンス・アクションと言われていますが、人間のアクションシーンはあまり多くなく、ひたすら貨物列車が暴走していくのです。
早さは少し感じるけど、それが体感できる映像ではなかったような。
後半、列車がスピードをあげて行くあたりから、人間と列車との戦いが始まります。
それをどうやって食いとめるかという話なのですが、列車が走っている間マスコミの報道などで一般人も引き込まれパニック映画のような気分にもなります。
ハリウッドの爆破シーンはやっぱり凄いなあと思わざるをえないすごい爆発も何度となくありました。
主演のデンゼル・ワシントンはいつものスマートなおじさんではなく泥臭い機関士。
暴走する列車の上を渡り歩くシーンはありましたが、いつものような、派手なアクションシーンはなく、それを見たかった私には少し残念。
クリス・パインの生意気なところはちょっといい感じですが、彼は最後のクライマックスで暴走列車とトラックを行き来するシーンはすごい!
スタントマンがやったのか彼が実際にやったのかわかりませんが、拍手です。
お正月上映の尺の長い作品が続いていたので、短くすっきりまとまられていて良かったです。
★★★★★★★☆☆☆
[PR]
by chikat2183 | 2011-01-07 23:30 | 映画2011