人気ブログランキング |

てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

「BALLAD 名もなき恋のうた」

「BALLAD 名もなき恋のうた」試写会 一ツ橋ホールで鑑賞
「BALLAD 名もなき恋のうた」_d0020834_2353447.jpg

原作がクレヨンしんちゃん。
だから、現代に生きるあの少年は本当はしんちゃんなのよね。
それにしてはおりこうさん。
だけど、しんちゃんと思ってみちゃうと、思わずしんちゃんの実写版と勘違いしてしまってしんちゃん普通の少年じゃんとか思ってしまいます。
あのしゃべり方で1度でもセリフ言ってみたらおもしろかった?
しんいち少年が戦国時代にタイムスリップして、戦国時代の人々と信頼を得る温かいお話。
監督は「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督、といううことでVFX使いまくりのたいそう費用がかかった大作です。
戦のシーンのエキストラなんか、すごい数。
ここでふと思ったこと。
もしかして草なぎつよぽんの主演作品「日本沈没」だけしかみてない?
なので彼の演技じっくりみた感覚がなくて特に突っついてはいけないところかもしれないけど恐ろしく滑舌が悪い。
時代劇なのでセリフ回しが普通でないからすごく聞きにくい言葉になっています。
チャンバラは普通。
上手とも思わないけど下手とも思わない。
時間に余裕を持たない人気者が演じているんだからこの程度で仕方ないし、本気だったらもう少し頑張ってほしかったというところ。
その分ガッキーは若いのにしっかりしているなあと思いました。
ストーリーもわかっているし予想通りの展開でもちろん子供向け風に作ってあるけど、忘れている何かを大人は思い出すかもしれません。
村の人たちに現代食カレーを食べさせるシーンが印象的。
★★★★★★★☆☆☆
by chikat2183 | 2009-09-01 23:28 | 映画2009