てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat
'식사하셨어요' 2PM 장우영, 택연과의 전화로도 빛나는 존재감 '자연인과 방송인 사이'
’食事しましたか’2PMチャン・ウヨン 電話でも輝く存在感’自由人と放送人の差’
元記事は
'식사하셨어요'에 출연하지 않은 2PM의 장우영이 택연과의 전화에서 현장에 있는 택연보다 존재감을 발휘했다. 우영이 '식사하셨어요'를 찾은 적이 있기에 가능한 일이었다.
’食事しましたか’に出演しない2PMのチャン・ウヨンがテギョンとの電話で現場にいるテギョンより存在感を発揮した。
ウヨンが’食事しましたか’に出演ことがあるので可能なことだった。

23일 오전 방송되는 SBS '잘 먹고 잘 사는 법 식사하셨어요'에서 2PM 택연은 김수로, 임지호와 함께 제천 청풍호로 여행을 떠났다. 택연은 앞서 '아부다비' 편에 나왔던 닉쿤과 우영 다음으로 '식사하셨어요'를 찾은 2PM 멤버다.
23日午前放送されたSBS’よく食べて良く生きる方法 食事しましたか’で2PMテギョンはキム・スロ、イム・ジホと一緒にテギョンは以前’アブダビ’編に出かけて行ったニックンとウヨンんの次に’食事しましたか’を訪れた12PMのメンバーだ。

이날 우영과 택연의 재미 하드캐리는 전화통화를 통해 이뤄졌다. 우영은 방송이라는 것을 알기 전 캐주얼하게 전화를 받았다. 그의 전화 통화는 평소에 잘 알고 지내던 사람들과 편하게 할 수 있는 전화였다.
この日ウヨンとテギョンの面白いハードキャリーは電話の会話を通し行われた。
ウヨンは放送ということを知るにはカジュアルに電話を受けた。
その電話の会話は普段よく知っていて親しくしている人たちとの楽にできる電話だった。


d0020834_11420709.jpg

하지만 우영은 김수로로부터 현재 '식사하셨어요' 녹화중이라는 사실을 듣고 바로 태도를 바꿨다. 앞서 그의 대화에 격이 없었다면, 녹화라는 사실을 알자 존대말을 쓰고 사무적인 말투로 바뀌었다.
しかしウヨンはキム・スロから現在’食事しましたか’録画中だと事実を聞きすぐに態度を変えた。
以前彼の対話に隔たりがなかったというならば、録画という事実を知るや否や敬語を使って事務的な話し方に変わった。

뒤늦게 녹화라는 사실을 안 우영과 현장에 있었던 택연은 귀여운 호흡을 보여주며 하드캐리했다. '식사하셨어요'는 본래 잔잔한 분위기의 프로그램이지만, 두 사람의 모습은 웃음과 귀여움을 유발했다.
ずっと後から録画という事実を知ったウヨンと現場にいたテギョンはかわいい呼吸を見せてくれてハードキャリーした。
’食事しましたか’は本来落ち着いた雰囲気の番組だけれど、二人の姿は笑いとかわいらしさを誘発した。

우영은 지난 방송에서 '아부다비 댄스'를 즉석에서 창조하면서 활약했다. 목소리로 보여준 존재감 역시 성공적이었다.
ウヨンは以前の放送で’アブダビダンス’を創作しながら活躍した。
声で見せてくれた存在感もやはり成功的だった


[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-24 12:05 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
‘식사하셨어요?’ 2PM 택연, 우영에 기습 전화한 사연?
’食事しましたか?’2PMテギョン、ウヨンに奇襲電話した理由?
元記事は
d0020834_10294533.jpg


‘식사하셨어요?’ 2PM 택연이 방락식객에게 ‘하나뿐인 밥상’을 선물받았다.
’食事しましたか?’2PMテギョンが放浪の食客から’一つだけのお膳’(この世に二つとない特別なものという意味)を受け取った。

23일 SBS 방송되는 SBS ‘잘 먹고 잘사는 법 식사하셨어요?(이하 식사하셨어요?)’에서 택연이 출연, 촬영 도중 우영에게 기습 전화를 걸었다.
23日SBSで放送される’よく食べてよく生きる方法、食事しましたか?’(以下食事しましたか?)にテギョンが出演、撮影途中ウヨンに奇襲電話をかけた。

2PM 택연은 추석특집 ‘식사하셨어요? – 아부다비편’에서 다채로운 매력을 보여준 닉쿤, 우영의 권유로 출연을 결심하게 되었다고 밝혔다. 특히 이날 ‘세상에 하나뿐인 밥상’을 방랑식객에게 선물 받은 택연은 이를 자랑하기 위해 우영에게 즉석에서 전화연결을 시도한 것.
2PMのテギョンは秋夕特集’食事しましたか?-アブダビ編’で多彩な魅力を見せてくれたニックン、ウヨンの勧めで出演を決心したと明かした。
特にこの日’この世にたった一つしかないお膳’を放浪の食客から受け取ったテギョンはこれを自慢するためにウヨンに即座に電話連結を試した

택여느 우영이 전화를 받자 다짜고짜 “방랑식객 임지호 선생님이 나만을 위한 밥상을 차려주셨다. 닉쿤이랑 너는 못 받았다던데? 아침에 잡은 민물고기로 끓인 매운탕도 먹었고, 쏘가리로 만든 완자도 먹었다”며 끊임없이 자랑을 이어갔다. 이를 듣던 우영은 “몸보신 제대로 하고 있네”라며 부러움을 감추지 못했다.
テギョンはウヨンが電話に出るや否やがむしゃらに”放浪の食客イムジホ先生が僕だけのために食膳をこしらえて下さった。
ニックンとキミはいただけなかったでしょ?
朝捕えた淡水魚で煮たメウンタンも食べたし、
これを聞いていたウヨンは”体のために良いことをちゃんとやっているね”といい羨ましさを隠せなかった

이 와중에도 우영은 방랑식객에게 “선생님, 제발 제 문자에 답장 좀 해주세요”라며 귀여운 집착남 면모를 보여 깨알 웃음을 선사했다는 후문이다.
この中でもウヨンは放浪の食客に”先生、お願いですから私のメールに返信してください”とかわいい執着男の面貌を見せて(ゴマ粒のように)小さな笑いを届けたという後文だ

2PM 우영의 부러움을 산 ‘택연을 위한 방랑식객의 요리’는 오는 23일 오전 8시 25분 SBS ‘잘 먹고 잘사는 법 식사하셨어요?’에서 공개된다.
2PMウヨンの羨ましさを買った’テギョンのための放浪の食客の料理’は来る23日8時25分SBS’よく食べて欲生きる 食事しましたか?’で公開される


[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-20 10:30 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
テギョンさんが出演する”食事しましたか”で撮影して、ペリスコまで投下したあの山のペンションのオーナーのブログがアップされましたのでご紹介します。
個人のブログなので文章だけ訳して写真はテギョンさんの出ているものだけ拝借いたしました。
ブログは



d0020834_16285960.jpg
d0020834_16283346.jpg


조용한펜션가고픈흙집에 찿아온
SBS "식사하셨어요"
静かなペンションカゴプン土の家に訪れた
SBS"食事しましたか”

김수로,임지호님이 진행하는 SBS 교양프로그램 "식사하셨어요" 촬영팀이 가고픈흙집을 다녀갔다
キムスロ、イムジホ様が司会するSBS教育番組”食事しましたか”撮影チームがカゴプン土の家にやってきた

시골 조용한 흙집에 여러대의 승합차량과
촐영장비, 인원들로 잠시 시끌하다
田舎の静かな土の家に数台のワゴン車と
撮影装備、人員たちで騒々しい



흙집에서 경관이 제일 좋은 곳에
자리를 잡아 시작한다
土の家で景観が一番いいところに
場所を見つけて始まった



삼십여명의 촬영관련 인원의 수고로움으로
정보와 감동이 전달됨을 실제로 본다
30余名撮影関連人員のご苦労で
情報と感動が伝達されるのを実際に見た



지난 생생정보에서는 내게 말을 시켜서 부담스러웠는데 이번에는 장소만 제공하니
그저 구경꾼으로 즐긴다
前回の生情報放送では僕が話をさせられて負担が大きかったけれど今回は場所の提供だけなので
ただ見ているのが仕事でたのしい



조용한펜션가고픈흙집에 찿아온
SBS "식사하셨어요"
静かなペンションカゴプン土の家に訪れた
SBS"食事しましたか”




유명배우의 사회와 개스트는 톱스타(대외비)
도시 같으면 어느새 인파로 가득할텐데
조용한 흙집에서의 구경꾼은 주인장 혼자뿐이다 ㅎㅎ
有名俳優の司会とゲストはトップスター(マル秘)
都会だったらばいつのまにか人波でいっぱいになるだろうけれど
静かな土の家の見物人は主人ひとりだけ


조용한펜션가고픈흙집에 찿아온
SBS "식사하셨어요"
静かなペンションカゴプン土の家に訪れた
SBS"食事しましたか”





아줌마 팬이 많으시다는 임지호님
잠깐의 대화로 털털한 성격임을 짐작할 수 있다
おばちゃんファンがたくさんいらっしゃるイムジホ様
ちょっとの会話で堅苦しくない性格を推し量ることができた



그저 가고픈흙집이 널리 알려져
시골의 정취와 감성을 만끽하는 사람들이 많아지길 소망해 본다
ただカゴプン土の家が広く知れ渡り
田舎の情緒と感性を満喫する人々がふえていくことを願ってみる





トップスターなんですね…マル秘だそうです
[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-19 17:05 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
설민석의 무도 한국사 특강
ソル・ミンソクの武道韓国史特講

d0020834_16391553.png


ーーユン・ボンギル医師の遺書よりーー


故郷にいらっしゃる両親、兄弟、同胞よ!
もっと生きたいというのが人情です
しかし死を選ばなければならず
ただ1度の一番いい機会を捕まえました。
僕はたった一人で食べて、生きて、死ねました
しかし僕は僕と僕の家族の未来よりも祖国を選択しました
100年生きることよりも祖国の栄光を守る機会を選びました
それでは、さようなら お元気で


死は誰にでも避けたい怖いことです
しかしユン・ボンギル医師が自ら死を選んだたった1度の機会
まさに祖国のための瞬間でした
明らかに立ち上がり命を振り切った決意におのずと頭が下がります






大国民 韓国史を今知る
ソル・ミンソクの 武道韓国史特講
〈ソル・ミンソク著〉
d0020834_16452605.png


★特講と訳しましたが本の内容がわかりません。
戦争を扱っているような気もしますので特攻かもしれません。
ご理解ください




[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-13 16:49 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
다시, 시로 숨 쉬고 싶은 그대에게
『再び 詩で息をしたいあなたへ』

d0020834_13163324.png

毎年来る秋の初日をわたしは匂いで感じる
秋は確実に肌で感じるほど涼しい気候でやってくるが
私にはしばしば匂いでやってくる
その匂いはいわゆる朝、門を出る瞬間に急に近づいてくる
詩は仕事と御飯に引き留められて花と散るかもしれない私に
ほかの世界に向かう出口を開けてくれる
詩的想像に落ちている間はこの世がこの世と同じではない
息使いがよくなる瞬間があって詰まっていたものが切り開かれる経験があった
それらはいつも呼べば近づいてきて私が失ったものを埋めてくれて
私の疲れた時間を慰めてくれる準備ができている

今この瞬間
私がひどく疲れて萎縮しているならば
それはスプリングが力いっぱい縮まっているからだ
私が無能だからとかしょうもないように見えるならば
それは私の中の花がはじける瞬間の歓喜を待っているスプリングが
最大限縮まっているからなのだ





d0020834_13161153.png


ビジネスマンの肩をなだめる51編の詩の配達
『再び 詩で息をしたいあなたへ』
〈キム・ギテク著〉


[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-13 13:17 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
짠하고 싶은 날에
後悔したい日に
d0020834_00385939.png
辞典では”夢想”という単語を現実性のない無駄なことだと定義されているが
現実性のない考えの中に無駄なことはない。
飛行機もコンピューターも、ロボットとスマートフォンも
このすべてのものが当然ではなかった時代
誰かの夢想から始まったことなのだから。
現実の中に消えてしまっているこれらが
やり遂げることができない、あるいはやり遂げられることとは思えない夢を見て
限界ということもやはり現実なのだから。
存在するという考えで望む場所にたどり着けなかったということも近づいてくる。
夢想家たちが作った今の世の中
だからあなたはやっぱり 時々、またしばしば
狂ったような夢を 持ってみるということ
本当に本当に大丈夫
あなたが今度世界を作るこの時代の夢想家なのだから




『後悔したい日に』
イ・ジウン著 イ・ジヨン絵
d0020834_00335441.png

[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-12 00:51 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
リレーリーディング

ー 生を変える”韓国語朗読”の力 ー
소리내어 읽는 즐거움
『声を出して読む楽しさ』


d0020834_02274068.png


私の足の中にあなたの2本の足が隠れている
断崖のように隠れている
月のように隠れている
涙のように隠れている

ある日あなたが私を訪ねてきた
果実の中からだった
鏡の中からだった
羽を乾かす蝶々の中からだった
空っぽの体の中からだった
石ころの中からだった

私の足の中にあなたの2本の足が隠れている
あなたの足跡は私の影の中に押し込まれている
あなたの2本の足が歩いていくときには
波がゆらゆらとうねる
私の全身がひりひりとうずく

ーイ・ウォン 〈愛 または 2本の足〉〈この世で一番軽い オートバイ〉
文学と知性社





愛は見えない力で私のくたびれた魂をいたわってくれる
こうした愛のあらゆる苦悩をまぶしく描いた詩を読んでいると
いつの間にか愛した記憶さえとぎれとぎれになってしまう
凍り付いた心にもう一度春が訪れる

私の足の中にあなたの2本の足が隠れているなんて
あなたが歩くときには間違いなく私が1歩であり
波がゆらゆらうねるなんて
あなたが行く道ごとに私はその足跡に生きて息をひそめているなんて

あなたの足跡の下にいつも敷かれている”私”は
どんなに全身がひりひりするのだろうか
振り返って遠く離れていくあなたの足跡を眺めるたびに
おぼろげなまなざしでその人をじっと見つめる一人の女性の
大きな目が浮かび上がる
そう、愛ってそんなことなのさ

いつも燃える愛を胸にしまっておくことはできないけれど
愛した記憶、愛が変わることなく美しいということ
愛が私たちの魂を見えない力で守っていてくれていることは忘れてはならない
あなたがとても険しく荒い広野を歩いているということも
あまり痛がらないで
あなたの足の下にはいつも私の足が隠れているから
あなたの2本の足が足取りを変えるたびに
隠れている私がしきりにキラキラきらめきますから
あなたの足跡が触れるたびに
間違いなく私の全身がひりひりうずきますから

チョ・ヨウル著





d0020834_02320095.png




[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-11 02:30 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
『모든 일이 드래건플라이 헌책방에서 시작되었다』
『すべての事はドラゴンフライ古本店から始まった


d0020834_02535722.png
そこは単純な書店ではないですよ、ミステリーです。
私が直ちに答えた。
ちゃんとまとまっていない考えが口からむやみに飛びだした。
しかしヘンリーとキャサリンが取り交わす筆談が
口の中でぐるぐると繰り返すメロディーのように頭の中で消えなかった。
「そこで何を探すのかだれもわかりません。
アポロは予測不可能なところでしょう。
計画のままに区画された場所のように
ドラゴンフライは地図もない中世都市のような場所です。
曲がり角を曲がるたびに考えることもできない状況と向かい合ってしまうんですよ。」


サリー・キング著/イ・ギョンア訳 長編小説





[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-10 02:55 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
テギョンさん 朗読2日目




リレーリーディング

『少年は何故5歳になろうとしている弟を殺したのか』
  -小説よりももっと小説のような相談室の話ー
  〈ターニャ・バイロン著/ファン・クムジン訳〉

私が前頭葉に一番最初に心を奪われてしまった瞬間は
おばあさんの前頭葉がその時の薄暗く散らかった部屋の中の壁の
汚れ防止の部分に撒き散らされたものを見た時だ

当時私は15歳だった
妊娠8か月のヘロイン中毒の若い女が
鋼の棒で僕のおばあさんの頭を乱打したという
頭を何度も攻撃した後、財布と引き出しを素早くあさり
その女は麻薬取引に返すお金と次に買う麻薬1回分程度のお金を
ポケットに入れて家を出ていった
その場所に横たわり死を可否したおばあさんは
自分の血に息が詰まりあの世へ行った
おばあさんをむやみに殴ったぶん殴り女は
限定責任能力により致死罪でやっと3年の刑を受けた

3月のその朝前頭葉の日だといっても過言ではなかった
家の中の壁に飛び散ったおばあさんの前頭葉
おばあさんを殺害した女の前頭葉
そしてその年齢に似合わないほど沈着に理性を取り戻す私の前頭葉まで
今振り返ってみるとまさにその時から
臨床心理学者になろうとする女が始まったのだと私は信じている


[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-08 04:30 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)
テギョンさんの朗読

こんな内容を朗読しています

日本語に置き換えてお楽しみください






リレーリーディング


『ひと匙の時間』(長編小説)  ク・ビョンモ

本を読む楽しみ 
リレーリーディング

こんにちは 2PM オク・テギョンです



宇宙の年齢が137億年を少々超えたそうだ
その宇宙の中の豆粒ほどの地球もまた生まれてから45億年くらいになるという
それに比べれば人間の人生はわずかに青い洗剤ひと匙が水に溶ける時間に過ぎないという
だから自分がどのようにこの世に溶け込むのかを慎重に決定するとすれば
もうすでに溶けてなくなっている

ドントルが洗濯機のふたを開けて
その中に柔らかく広がる粉洗剤の軌跡を見下ろすと
ミョンジョンはこんなことをいう
心配することはない、当然のことだ
ミョンジョンは言い聞かせる
木の葉が言うまでもなく落ちて干からびていく
木の枝のふちから離れて舞い落ちるように
生きているすべてのものはいつかは壊れるのが当然だという
土にかえっていくのが当然なのだという


d0020834_03153144.png



[PR]
# by chikat2183 | 2016-10-07 03:15 | 2PM翻訳記事2016 | Comments(0)