てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

電話の故障 その後

救急に治して貰った電話ですが、後になって気がついたことがありました。実は…、設置型の普通のコードつきの電話は通じるのですが、コードレスが応答していなかったんです。無線機を自分でリセットしたけどダメでした。この前は休日の応急処置ということで…。区域外のサービスマンだったし。気がついたのも遅いけど連休中だし特に困らないので今朝9時にサービスセンターに連絡しました。そこでの対応はやっぱりリセットしてください。と言われたけど症状が変わらないからダメですといったら、今日中に伺います。という事。12時過ぎにサービスの人が来てくれました。コードレスフォンを見て、「んんんーーーー?液晶画面映っててるのになあ?でも画面にアンテナ立ってないんだよなあ」といいながら機械皆リセットしたがダメ。で、気がついた。「FAX不通ですけど何か分かってます?」知らないって。あれ以来FAX使ってないから。どうやら原因はそこにあったらしい。だから予備のためのNTT回線がこの前不通だったんだよ。予備が不通じゃ本当は話にならないけど現時点では支障ないからいいとしましょう。という事で、まずはNTTに問い合わせて回線が正常に動いているか確認したけど問題なし。1時間以上調べて結局主装置の基盤が怪しいので交換することになった。朝から修理の連絡待っていたので銀行にもいけず、社長にはちゃんと銀行へ行っておくように言われ…。どうしよう。時間がないよー。もう2時過ぎちゃったよ。「基盤は倉庫に取りに行きますからその間に銀行に行ってください。」といってもらって銀行はセーフ。帰ってきたらもう修理終わって今度は完全に治っていたようです。よかったよかった。基盤の不具合一つでNTT回線まで停まっちゃうなんて良く分かりませんが、サービスのお兄さん達ってすごいのねえ。そうだ!3連休のうちにFAXのモニターアンケートに答えなきゃいけなかったけど、アンケート用紙来てなかったよ。そこで気がつかないからいけなかったのね。あーあ。300円無駄にした。2分で終わるいいモニターだったのに。
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-06 15:51 | ETC | Comments(0)
ミュージカル「まぼろし新撰組2005」劇団OPA シアターVアカサカで鑑賞

縁あって劇団OPAのミュージカルを見ることになった。昼間ぶらぶらしていたら劇場オーナーからご招待の連絡が(直接ではないけど)入っていたらしい。小さな劇場は連休中はお客さんが入らなくてお客さんが薄すぎる(お客さんが入らないことをこう表現するらしい)というのが理由らしい。前回2月にこの劇団の「ラプソディー」というミュージカルも見せてもらった。でも長時間の大作ではあったが分かり辛かった。前作に比べれば今回は分かりやすい。というか入り込み安かった。手っ取り早く言えば新撰組がタイムトリップして現代に来てしまい…。というストーリー。とにかく団員が若い。一番若い子は12歳ぐらいらしい。頑張ってるなあとは感心する。主演の男の子、後藤健流くんは1988年生まれまだ17歳。高校生です。劇団主催者後藤ひろゆき氏の息子さん。お母さんも劇団で振り付けやっているMIYUKIさん。かえるの子はかえる。そんな感じかな?でも物凄く雰囲気持ててホワーーーッで感じ。俗に言う癒し系なんでしょう。アイドルグループ『PIECE FIRST』のリーダーなんだって。ってかグループ知らないんですが。ファンクラブもあるらしい。とはいえ中高生に4000円で芝居見ろってきついと思う。が、半分くらいの観客はそんな年代だった。出ている子達若いからね。一緒に行った人たちが皆思ったそうですが、こういう小さい劇団が主催する芝居って客層とか収益とかどうなっているんでしょうか?お客さんはどういう人たちで…。と考えてしまうのでした。芝居の感想ですが、2005という風に演目に付いたからには「セカチュー」のパクリとかが入ったためかな。とても今風に出来ていて良かったけど色恋沙汰は必要ないんじゃない?主人公2人はあってもいいかもしれないけど他の登場人物はねえ。余計な演出だと思いました。それよりか現代に来てしまって居心地がいいのに過去に戻ってしまう心理をもう少し詳しく表現したほうがいいと思いました。ダンスとか上手いんだけど、歌も頑張っているんだけど「ミュージカル」というには中途半端な気がしたんですが。踊りはともかく、無理に歌わなくてもいいんじゃない?
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-05 22:47 | 舞台 | Comments(0)

根津神社つつじまつり

我が家はただでさえ人間がたくさん存在しているのに、昨夜は小学生の姪と大学生のK君がお泊りです。それでも大学生のコバちゃんがキャンセルになったので一人は予定より少ない。大学生たちは何でも幕張のフリマに参加するそうで朝7時過ぎには出かけていった。いくらなんでも交通費と入場料に大金かけてフリマに行って買い物するのもばかばかしいのでやめ。母が姪を連れて根津神社へつつじを見に行こうというのでお供する事にした。ご飯もパンもあったけどせっかく姪が来ているので(都内に住んでいるのに1年ぶりくらいでしょうか)朝食も気分を変えようというのでARK HILLSのアンデルセンへ行く事にした。普段はビジネスマンでごったがえしているARK HILLSも休日の朝はなんともいい雰囲気。特にこの時期はアンデルセンの朝食がいい感じ。オープンエアのデッキでいただくパンとサラダも東京ではないような感じすらある。大都会のビルの谷間なのに恐ろしいほど静かで、手入れされたビルの空間に浮く木々の緑と滝の音、滝の周りには色鮮やかな春の花が咲き平日とは全く違った顔を見せます。暑くなく寒くなく全くいい季節です。青山アンデルセンは普通に建物の中だし、新宿アンデルセンはお決まりのプレート。六本木ヒルズは行ったことないですがビルの地下だしね。ここの店は焼きたてパンが日替わりで食べ放題。それが嬉しい。今日は胡麻のパンと、レーズンパンと。ホワイトロールを食べました。他にもクロワッサン、胡桃パン、スイートロールが出ていましたが。パン好きにはたまりません。余計に食べてしまいます。サラダ、コーヒー、パン食べ放題で630円。

さて、そこから根津神社のつつじ祭りへ行きました。去年は平日に行ったけど今日は休日。混んでいるんだろうと予測はしていたがいやあー、すごい人。それも中年というよりは老年です。よく歩け歩けやっているような服装の60代以上のひとたちでごった返しています。休日のためか観光バスの団体さん(胸にバッジつけたはとバスとかね)がたくさんいて原宿というか巣鴨はこんななんだろうなと予想してしまいました。昨日母が姪に縁日のお小遣いをわたしていたけど、彼女は縁日の屋台のたこやきが食べたかったらしいが、朝食べたパンが消化されておらず断念。多勢のオバチャンやおじちゃんたちはまだ10時だというのに屋台が出してるベンチに座って食べてるんだなあ。たこ焼き,焼き鳥,お好み焼き,焼きそば…etc。さすがというかこれが楽しみなんでしょうね。つつじは確かにキレイなんだけど近くで見ると気持ち遅いかなという感じ。今度の土日はもう終わってるかも。1度行ってみるのもいいねと思います。
根津なんてこんな事もない限り行く事がないので千駄木に住む友人にランチスポットを聞いておいた。2~3軒教えてくれてその中で串揚げや「はん亭」に行く事にした。が何も知らない我々は串揚げやでない『茶房はん亭』に入ってしまった。11時半の開店の10分前には10人以上の行列が出来ていたから。これが間違っていたけど正解で季節のご飯1200円をいただきました。定食なんだけど。何しろお腹すいてないし、といって何も食べさせないで姪を帰すわけには行かないし、ママと呼ばれる女性が厨房を切り盛りしスタッフも若い女性ばかり。お店は狭いけど(座席数18くらいでしょうか)味も雰囲気もサービスも良かった。11時半の開店以後に来た人たちは結局入れなくてまだ並んでいるんです。皆この店に入りたくて来てるんだろうからこの辺じゃ有名なんでしょう。デザート系も1度食べてみたいと思いました。又行ってみたい店の1つに加わりました。
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-04 17:33 | おいしいお店 | Comments(0)
12 時に母と表参道で待ち合わせして、姪も食事をすることになっていた。「電話騒ぎで少々遅れるよ。」と母に言っておいたので先に店に行っているとのこと。場所は、ピエトロメルカート。母はたくさん食べたいのでバイキングの店に行きたかったらしい。今日は姪を鬼母から開放してあげるのが目的。(らしい)初めは青山ダイヤモンドホール、レストラン『セブンシーズ』のランチが良かったらしい。というか、母は友達に薦められたらしいが、私は最近バイキングがどうも苦手になったので余り気が進まなかった。ダイヤモンドホールは平日は1500円土日は2000円で食べ放題らしい。だからバイキングでもアラカルトでもいいピエトロにしてもらった。バイキングもサラダバーだけだけど結構あるので、パスタ、サラダバー(お変わり自由)ソフトドリンク、アイスクリームで1480円は結構お徳だと思う。私はドリアにした。サラダバー2回行ったら満腹になりました。カシスのアイスもおいしかった。帰り道、麦工房のラスクが欲しかったので母と寄ってみた。表参道の駅のそばにあるのは聞いていた。そしてこの前青学会館に行くときに見つけた。いつもは虎ノ門の『ゆとり都』(山形県のアンテナショップ)で買っていたがこの前商品がありません状態でショックだったので見つけておこうと思っていた。お店に入ったらラスクだけでも4~5種類あってそのほかに焼き菓子の種類がたくさんあった。本当はこんなにあるんだ。アンテナショップはいろんな商品置いているから1件の店の商品は限りがあるんでしょう。母はこの前新潟のお土産をいただいた友達に贈りたいといって商品を選び会計を済ませた。宅急便の荷札を書くのにテーブルへどうぞと案内された。そして送り状を書いていたらカップにコーヒーと割れて商品にならないといういわゆるB級品クッキーを出してくれた。すごいサービス!!感激でありました。
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-03 23:14 | おいしいお店 | Comments(0)

電話の故障

家の電話が通じません。今日は祝日。マニュアルを読んだらサービスセンターの対応は9時から7時まで平日のみ。あれれー?困りました。とりあえず携帯から電話してみる事に。テープ対応で「緊急の電話の故障は××××ー○○○○へ」というので掛けたら留守番のお姉さんが出て、技術のものから直接連絡しますとのこと。10分ほどでかかってきて「1時間半ほどで伺います。」とのお返事。母と姪と12時に食事に表参道に食事に行く事になっているのでぎりぎりだけど待っていないとね。あとが困るから。それにしても。設置1年半の光ファイバー対応のIP電話。どうやら電話本体(って電話器じゃなくて大きな箱ね。)のスイッチが入らない状態。でもインターネットは使える。(現にこうやって入力できるのですから)こういうのって良く分かりません。同じケーブルからきているのに。逆に言うと、インターネットはとてもよくフリーズします。何かのきっかけで機械が容量オーバーになるらしくパンクするみたいです。PCじゃなくって装置です。リセットの仕方を教えてもらったのでそれは大丈夫なんだけど、技術の人たちや、営業の人たちに聞いても技術的に修理は出来ても光ファイバーの歴史が浅いのでどういうことが起きるのかある程度の想定しか出来ていないそうです。光ファイバーを使ってビジョンはあるけどその光ファイバーが何かの不具合で全体に止まってしまったら…。全く分からないそうです。そういうときのために、電話も1本だけ停電でも使える様になっているけど上手く動かせませんでした。FAXもいつもはFAX専用になっていてこういうときのためにNTT回線で残してあるのにうまく使えないんだよなあ。これぐらいのことで対応できない状態だと実際に災害とか起こったときどうなるんだろう。当然いつも地震とかが起きると携帯通じなくするでしょう。電話が使えないのでドアホンも使えません。いつも誰かいるところなのに宅急便のお兄さんあららーー?ってびっくりするでしょう。原因は本体のバッテリーが何かの原因で飛んでしまったらしいです。ちゃんと治ればいいですけどね。

故障の原因。実は故障ではありませんでした。電源の辺りに異物があったか(ほこりとかその程度の気がつきにくいもの)その他何らかの要因で電気が通っていなかったという事らしいです。やっぱり素人さんには分からない事です。こわれてなくて良かった。こういうこと結構頻繁にあるらしいです。
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-03 10:25 | ETC | Comments(0)

「甘い人生」

「甘い人生」 渋谷アミューズCQNで鑑賞

昨日渋谷をぶらぶらしていたら、オッと!映画館の前に「本日映画の日 1000円均一」の赤い張り紙。日曜日に1000円で映画はちょっとおいしいかも。といって何を見ようかなー、と考えて見逃している「甘い人生」に決定。開映時間を本屋さんで確認して渋谷、新宿、有楽町、何処で見ようかと考えたけど結局新しいピカソ347というビルに入っている渋谷に決定。4:40からの上映を見ることにしました。でも、もしかしてオバチャンたちで満員か?とビビッたけどそんな事もなく場内がらがらすいているのねこんないい時間に。さて、「甘い人生」という題名はかなり偏った作品内容を思わせるけど私はしっかりと極道系を予備知識として知っていたので(ストーリーは知りません)すんなり入れました。知らないオバチャンたちはちょっとねえ、キラースマイルもないしねえ。イ・ビョンホンの作品はドラマも含めて「誰にでも秘密はある」しか見ていません。「JSA」すら見ていません。「誰にでも…」は作品的には最低でこんなの作るな!見せるな!って作品でした。役者を集めたらこんなの出来ちゃいました。みたいな。それとは違ったビョンさまではありますが。ホテルマンのキムはオーナーのカン社長から自分の出張中に若い愛人に恋人が出来たようなのでそれが本当なら二人とも殺すか社長に連絡するように命じられる。しかしキムは「もう二人が会わないのなら」と見逃してしまう。それを怒ったカン社長はキムを追い詰めていく。というストーリー。黒服で颯爽と現れるビョンさまはさすがにいけるじゃん。と思ったけど、やられるやられる…。これでもかって痛めつけられるて血がダバダバ出ているのに次のシーンでは擦り傷はあっても立ち直ってる。んんー、スーパーマンかヒーローか…。だってやられ方がハンパじゃない。金属バットで打たれようが、土に埋められようが、ナイフで刺されようが、最終的にピストルで撃たれても生きてる。スゴーイ。黒服でのアクションは「マトリックス」?を意識しているようなつくりと思いましたがやりすぎって感じです。『究極のラブストーリー』というキャッチコピーに騙されてはいけません。最近のキャッチコピー変だよ。的外れ。究極のヤクザ映画でしょう。オバチャン、ビョン様があれだけ叩かれると泣くのかしら?飽きなかったけど。バイオレンス大丈夫な方ご覧ください。ビョン様いじめられて嫌なら見ないほうがいい。って、別にビョン様ファンばかりが見るわけではないでしょうけど。★★★☆☆
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-02 11:10 | Comments(4)

渋谷へ行った

GWの渋谷はイベントがいっぱい。というから行ったわけではありません。東横のお買い物券の積み立てが満期になっていたのをすっかり忘れていたのです。昨日夕方までグータラ状態だったので行けばよかったのにすっかり忘れ、この1日の違いが来年の満期日を1ヶ月狂わせる。あ~あ。4月受け取りが5月受け取りになっちゃうよ。10時ごろ朝食をとってそのままだったので2時だったけどランチすることにした。今日受け取ったお買い物チケットのあ使える東横のレストラン街は2時だというのにどの店も並んでいたので外に出て渋谷警察向かいのRAKERUへ行った。オムレツとオムライスの店。以前はいろいろなところにあったけど、四谷とか渋谷の渋東シネタワーの地下とか。シネタワーで映画見た後はよく行ったものです。渋谷も宇田川町とか宮益坂とかあるけど駅からちょっと離れているからなかなかいけなくて(それぐらい遠くないのに)池袋サンシャインの店は1年前に行ったなあ。それっきり。KUKUのパンが食べたかったけど今日はあきらめて、季節限定春キャベツとツナのオムライスを注文。オムライスってすきなんだけどボリュームがあるので今日は卵を少々残してしまいました。お値段もそれなりにお安いので…。おいしかった。

http://www.rakeru.co.jp/default.shtml
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-01 23:50 | おいしいお店 | Comments(0)

浅草で飲み会

GWは何処へも行く計画がないので浅草で飲み会をしようと言うことになった。参加はウチと田中さんと高橋さん。色々声をかけたみたいだけど、昨日誕生日会があったためか他の人は誰も参加しなかった。何か寂しいね。途中から田中さんの近所の小島さんが加わった。場所は田原町駅そば浅草郵便局裏手の「かづ」という居酒屋というか割烹というか飲み屋さんです。マスターは早い話が小島さんの同級生だそうです。この店鯨が食べられるんだって。しょうが焼きを頼んでみました。味は普通のしょうが焼きなんだけど、食感はなんともやわらかくいい感じでした。くじらって渋谷の109「くじらや」で1度食べた事があるけどそれ以来何年ぶりでしょうか。田中社長は三社祭で「びんざさら」の披露があるので練習が終わってからの参加。東京都の無形文化財なのだそうです。初めて知ったのですが。そして社長も今年初めての参加だそうです。見に行きたいけど金曜日じゃ仕事あるしね、浅草まではちょいきついです。で、あの社長が真面目にお稽古をしているというのですからびっくりです。1に仕事、2にテニス、3にサーフィン。4はビール少々かと思っておりました。失礼いたしました。そんなんで普段アルコールナシの私ですが生ビール1杯と杏ソーダ2杯を飲んだら眠くなったので銀座線の最終に乗り遅れないように帰ってまいりました。さっさと寝ようと思います。
びんざさらについて。参考まで。
http://www.suc.com/info/binzasara/binza.htm
[PR]
# by chikat2183 | 2005-05-01 01:09 | おいしいお店 | Comments(0)
9人の仲間で年に数回誕生日会を開いています。今日は3月、4月生まれの人たちの誕生日会。場所は銀座のLE CAFE BLEU GINZA。幹事は12月生まれの人たち。二人とも1月2月は入院生活をしていたのにすこぶる元気。しかし、9人しかいないのにその中の二人がいきなりほぼ同時に入院してしまうなんてどうなっちゃってるんだろう。そして今日本当はお祝いのはずのはなこさんがただいま入院中。呪われてるとしか思えない。少し静かにしろってことでしょうか?お誕生日会といっても今年からはシステムが少し変わりました。幹事は前回の誕生日の人で持ち回り。プレゼントは自分で選ぶ。そして当日持参。3月生まれのトモコさんはAGATEのネックレス。asameちゃんは電子辞書。そして幹事でもあるナオコさんは前回プレゼントを忘れたので昨日買ったお財布を持ってきました。LE CAFE BLEU GINZAは泰明小学校の正面、一度行きたいとは思っていたけど機会がなくて行けませんでした。今日は個室を取ってあるというので思いっきり騒げるね。と、思ったけどドアが開かれたままだった。お食事は土日祝日のBランチ。オードブル盛り合わせorサラダ、メインのお肉orお魚、パン、デザート、コーヒーで2280円。味はそこそこ、でも少々物足りないって感じでしょうか。Cランチ2880円だとこれにお好みのパスタが付くんだけどそれでよかったかも。私はオードブル盛り合わせとお魚(舌平目)をお願いしました。デザートまで含めて結構あっさり系。だから物足りなかったのかも。サービスとか雰囲気はいいんですが。デート向けなのかも。
[PR]
# by chikat2183 | 2005-04-29 22:46 | おいしいお店 | Comments(0)
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」 よみうりホールで鑑賞

今日の連れは恐いものが苦手です。作品名を聞いて「恐くない?」とまず聞いてきました。何も知らなければ題名でちょっと引くのも分かる気がする。とはいえおはなしは子供相手の童話が原作なので特別恐いことはありません。ヒルとか蛇のCG(?)が多少気持ち悪いくらい。率直に言って『面白かったけど物足りない』かな。ディズニーランドのアトラクションにでもありそうな感じの作品でした。ゴンドラに乗ってゆらりゆらりとしてこの物語の世界に入り込めたら楽しいでしょう。ボードレール3兄弟は火事で両親を失ってしまう。遠い親戚で役者のオラフ伯爵に預けられる。しかし子の伯爵が悪いヤツで子供達の莫大な遺産横取りしようとたくらむ。頭のいい3兄弟は知恵を絞り勇気を出して不幸せなことに立ち向かっていきます。さて…。やっぱりこれはジム・キャリーしかいないよね。どんなにメイクをしても絶対ジム・キャリーって分かる。こうやって化けているのは「グリンチ」以来でしょうか?かつて「マスク」で受けた衝撃はおおきかった。でも最近は演技派といわれるようになっちゃって確かにシリアスなのもいけるんだけどジム・キャリーといえばこれですよ。そのほかにもメリル・ストリープが美しい。あのお歳で。メリル・ストリープは化け物だと私は思っているので今回もしっかり化けていたなあと納得しました。年齢不詳だよね。そして太ったり痩せたり…。こういう作品にも出るんだなと。でも一番の感激は語り部のレモニー・スニケット。お声が素敵です。甘く流れるような…。英語は理解できないけどなめらかで聞きやすい口調には聞きほれてしまった私です。あの顔そのものは映らないにしても影になっている姿は本人?ですよね。ジュウド・ロウ。声だけでお顔が浮かびます。それだけでも見に行く価値あり。★★★☆☆
[PR]
# by chikat2183 | 2005-04-28 21:45 | Comments(5)