てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

옥택연 “가기로 했으면 가야죠”
オク・テギョン”行くと言ったら行かなきゃ”




翻訳記事の無断転載はお断りいたします。
リンク先などお知らせください

http://www.gqkorea.co.kr/2017/07/21/%EC%98%A5%ED%83%9D%EC%97%B0-%EA%B0%80%EA%B8%B0%EB%A1%9C-%ED%96%88%EC%9C%BC%EB%A9%B4-%EA%B0%80%EC%95%BC%EC%A3%A0/


오후 두 시, 가장 뜨거운 한낮을 뜻하는 팀명으로 데뷔한 지 10년이 흘렀다. 서른이 된 옥택연은 변한 것과 변하지 않은 것에 대해 말했다.

午後2時、一番熱い真昼を意味するチーム名でデビューして10年が流れた。
30になったオク・テギョンは変わったことと変わらないことに対して話した。


d0020834_21411355.jpg

무슨 과일을 그렇게 잘 먹어요? 스튜디오에 아직도 과일 향이 진동해요. 스태프들한테는 앙코르 요청까지 받고.
どんな果物をこのようによく食べますか?スタジオにまだ果物の香りが浸透しています。
スタッフたちにはアンコール要請まで受けて

이거 너무들 좋아하시는 거 아닙니까. 이렇게 셔츠까지 물을 잔뜩 묻히시고. 하하.
これ皆さんお好きなんじゃないですか?
こうしてシャツまで水をたくさんかけて、ハハ。


더운 공기가 좀 청량해졌네요. 여름 좋아해요?
暑い空気が少し涼しくなりましたね。夏は好きですか?

더위도 추위도 못 참는데, 여름이 나아요. 옷을 얇게 입으면 되잖아요. 뭐, 너무 더우면 안 입을 수도 있고.(웃음) 여태까지 출연한 드라마도 <드림하이>를 빼면 거의 여름 배경이었던 것 같네요.
暑さも寒さも我慢できないけど、夏がましです。
服を薄着すればいいじゃないですか。
まあ、すごく暑ければ着ないこともできて(笑)
今まで出演したドラマも<ドリームハイ>を除けば夏が背景だったようですね。


옥택연, 투피엠이라는 이름 모두 여름과 어울리는 이미지기도 하죠. 그런데 겨울생에 염소자리네요?
オク・テギョン、2PMという名前みんな夏と似合うイメージもするでしょう。だけど冬生まれで山羊座ですね?

염소자리는 어떤 느낌인가요?
山羊座はどんな感じなんですか?

현실적이고 차가운 이미지가 있다고 하죠.
現実的で冷たいイメージがあると言われています。

저 굉장히 현실적인 사람이에요. 차가운 구석도 있고. 안 그래 보이나요?
私はすごく現実的な人間です。
冷たいところもあるし。
そうでなく見えますか?


지금 보면 서핑보드를 든 캘리포니아 남자 같은데, 실은 미국 동부 출신이잖아요. 공부도 잘했고, 메사추세츠 주립대에선 조기 입학 허가도 받았고.
今みればサーフィンボードを持ったカリフォルニア男子みたいだけれど、実はアメリカ東部出身じゃないですか。
勉強も良くできて、マサチューセッツ州立大では早期入学許可ももらって。

아유, 점점 작아지는데요.(웃음) 미국 동부 쪽 정서와 더 잘 맞긴 해요. 보스턴에서 자랐고, 친구들도 다 거기에 있죠. 서부에서의 여유로운 삶을 살아보진 못해서 궁금한 마음이나 동경은 좀 있어요.
あぅ、だんだんちっちゃくなっちゃいますが(笑)
アメリカ東部側の情緒ととても(自分が?)よく合っていると思います。
ボストンで育って、友達もみんなそこにいるでしょう。
西部での余裕ある暮らしをすることができなくて気になる気持ちや憧れはすこしあります。


방영 중인 예능 프로그램 <어느 날 갑자기 백만원>에서 미국 서부로 캠핑카 여행을 떠났죠? 放映中のバラエティ番組<ある日突然100万ウォン>でアメリカ西部にキャンピングカー旅行に行ったでしょう?

네, 서부로 여행을 간 건 처음이에요. 공연 때 LA에 간 거 외에 개인적으로 가본 적은 없었거든요. 라스베이거스나 그랜드 캐니언이나 전부 처음이라 더 새롭고 와 닿는 것도 많더라고요.
はい。西部へ旅行へ行ったのは初めてです。
公演の時LAに行ったこと以外に個人的に行ったことはないんです。
ラスベガスやグランドキャニオンや全部初めてでもっと新しく触れたことが多かったんですよ。

d0020834_19565077.jpg

캠핑카에서 살림하는 모습을 보니, 오지에 떨어뜨려놔도 잘 살 것 같아요.
キャンピングカーで暮らしている姿を見たら、奥地に取り残されてもしっかり生きていられるみたいです。

그런 상상을 가끔 해요. 오지에 떨어지면 혼자 잘 먹고 잘 살아야지. 어릴 적부터 로빈슨 크루소를 읽으면서 상상의 나래를 펼쳤거든요. 뭐랄까, 도전 정신이 있어서 그런 것 같아요. 처음엔 잘 못해도 한 번 경험해보면 좋아진다는 걸 알거든요.
そんな想像を時々します。
奥地へ取り残されたら一人でちゃんと食べてちゃんと生きなければ…。
幼いころからロビンソン・クルーソーを読みながら想像の翼を広げたんですよ。
なんというか、挑戦の精神があって、そんな感じです。
最初はうまくできなくても一度経験してみたら良くなるということをわかっています。

그런데 돈을 거의 극한까지 아껴 쓰던데, 원래 어떤 식으로 돈을 써요?
だけどお金をほとんど極限まで大切に使ったけど、もともとそんな方法でお金を使いますか?

프로그램만큼 극단적이진 않지만, 지금도 부모님께 용돈 받아 쓰고, 돈을 잘 안 써요. 물욕이 없거든요. 보시는 것처럼 옷도 별로 안 사 입고요.(그는 사복으로 입은 러닝셔츠를 슬쩍봤다.) 주로 먹는 데만 씁니다. 엥겔계수가 엄청 높아요.
番組でほどは極端ではないけれど、今も両親にお小遣いもらって使って、お金はあまり使いません。
物欲がないんです。
ご覧のように服も別に買わずに着ています。(彼は私服で着ているランニングシャツをちらっと見た)
主に食べるところにだけ使います。
エンゲル係数がとーーっても高いです。


옷에 민감하게 신경 쓰는 편은 아닐 것 같았어요.
服に敏感に神経を使う方ではないみたいですね

미국에서 중고등학교를 다녔는데 거긴 교복이 없잖아요. 그냥 자기가 하고 싶은 스타일대로 입고 다녀요. 너는 네 스타일대로 입는구나, 나는 내 스타일대로 입을게. 서로 신경 안 쓰고 존중하는 분위기죠. 그런 사고방식이 잡혀서 그런지 남들 시선에 신경 안 써요. 그리고 솔직히 저희 멤버들도 그렇게 옷을 잘 입진 않아서요. 하하.
アメリカで中学高校に通いましたがそこは制服がないじゃないですか。
ただ自分がしたいスタイルのまま着て通います。
キミはキミのスタイルのまま着ているね、僕は僕のスタイルのまま着るからね。
互いに神経を使わず尊重する雰囲気でしょう。
そんな思考方式をつかんでそうする人たちの視線には神経は使いません。
それと率直に私たちのメンバーたちもそのように服を着ることがないですから。ハハ

종일 광활한 사막을 운전하면서 이런저런 생각이 많아진다고 했어요. 지금도 생각하는 게 있나요?
一日中砂漠を運転しながらあれこれ考えがふえたと思います。
今も考えることがありますか?

이제 서른이에요. 태어나서 처음 10년은 부모님이 키워주시고 자라나는 시간이었고, 10대 때는 친구들과 관계망을 형성하며 자아 성립을 하는 시기고, 20대는 남들보다는 조금 이르게 사회생활을 시작했죠. 이걸 바탕으로 30대라는 시간은 어떻게 보내게 될까 생각이 많아졌어요. 마침 곧 군대를 가니까, 2년간 시간과 정신의 방에 들어가는 마음으로(웃음) 열심히 수련하면서 지내다 와야죠.
もう30です。
生まれて最初の10年は両親が育ててくださって育ってきた時間で、10代の時は友達とネットワークを形成し自我が成立をする時期で、20代は人々より少し早く社会生活を始めたでしょう。
これをパターンとして30代という時間はどうやって過ごせばいいのか考えが増えました。
すぐに軍隊へ行くから、2年間時間と精神の部屋に入っていく気持ちで(笑)
熱心に修練しながら過ごしてこなければなりませんね。


미국 영주권을 포기하고 디스크 수술을 두 번 받으면서 현역으로 입대하네요. 쉬운 결정은 아니었죠?
アメリカ永住権を放棄してディスク(つい甲板ヘルニア)の手術を2回受けながら現役で入隊しますね。
簡単な決定ではなかったでしょう?

어릴 때 결심한 거예요. “남자라면 가야지”라는 단순한 생각이었죠. 디스크 터지고 나서는 “그래도 남자가 한 입으로 두말할 순 없지”라는 생각이었고요. 가기로 했으면 가야죠. 어떤 문제든 편법보다는 정공법을 좋아해요.
幼いとき決心したことです。
”男ならば行かなければ”という単純な考えでした。
ディスクが起きてからは”男として二言はない”という考えでした。
行くことになったら行かなくちゃ。
どんな問題も便法(便利な方法)よりは正攻法が好きです。


직진하는 게 옥택연답긴 해요. 돌이켜보면 옥택연의 20대는 올곧은 직구였잖아요. 짐승돌, 찢택연, 야성적이고 뜨거운 별칭은 다 가져갔죠.
直進することがオク・テギョン らしいといえばらしいです。
振り返ってみるとオク・テギョンの20代は間違いなく直球だったじゃないですか。
野獣アイドル、引き裂きテギョン、野性的で熱い別称は全部持って行ったでしょう。

그랬죠. 좋은 때였어요. 정신없이 보내기도 했지만, 20대만이 표출할 수 있는 젊음과 열정을 마음껏 표현했던 시절인 것 같아서 만족스러워요.
そうです。
いい時でした。
忙しく過ごしたということもあったけれど、20代だけが表出できる若さと情熱を思いっきり表現できた時代であるようで満足しています。


d0020834_19582200.jpg

그래서, 하고 싶은 건 다 했나요?
それで、したいことは全部できましたか?

네, 웬만한 해볼 건 다 해봤네요. 데뷔할 때 목표를 세워놓잖아요. 1등 해야지, 그래서 1등 하고. 대상 받아야지, 그래서 대상 받고. 하나씩 성취해나간 20대였네요. 참 좋은 20대였다! 하하하.
はい、まずまずしてみたかったことは全部してみましたね。
デビューするとき目標を立てるじゃないですか。
1位にならなくちゃ、そして1位になり。
大賞をもらわなくちゃ、それで大賞をもらう。
一つずつ成就していた20代でしたね。
本当に良い20代だった!!
たぶんここはドラマの名前に引っ掛けてる)
ハハハ

입대하기 전에 마지막으로 투피엠 콘서트를 했어요.
入隊する前に最後として2PMのコンサートをしました。

최신곡부터 시작해서 데뷔곡까지, 과거로 돌아가는 콘셉트였어요. 마지막 무대를 하고 들어왔는데 어우, 눈물이 그냥…. 민망하게시리 오열하는 장면이 다 찍혔더라고요. 회사에서 묶어놔서 팀이 됐지만, 10년이란 시간이 지나면서 정말 서로 아끼는 가족 같은 존재가 됐어요. 몇 년 뒤가 될지는 모르지만 다시 같이 하자는 구상을 하고 있어요.
最新曲から始まってデビュー曲まで、過去に帰っていくコンセプトでした。
最後の舞台をして帰ってきたけれど オウ、涙がただ…
きまり悪く嗚咽する場面が全部映されていたんですよ。
会社から決められてチームになったけれど、10年という時間が過ぎてみたら本当に互いに近い家族のような存在になりました。
何年後になるかわからないけれどまた一緒にやろうという構想をしています。



투피엠이 어느덧 10년 차 아이돌이네요.
2PMはいつのまにか10年目のアイドルですね。

아이돌 2세대를 빅뱅과 원더걸스가 열었고 저희가 문 닫고 들어간 시절이 있었는데…. 이젠 아이돌 시조새가 됐죠. 처음 데뷔할 때 김종국 선배가 “용띠니? 나도 용띠인데” 하신 게 엊그제 같은데 이젠 또 제 밑으로 띠동갑들이 데뷔하고 있잖아요. 세월이 이렇게 빨라요. “나야 나” 하던 시절이 있었는데, 이젠 “너야 너”…. 하하.
アイドル第2世代をBIGBANGとWONDER GIRLSが門を開き入っていった時代なんですが…。
もうアイドル祖始鳥になりました。
最初デビューするときキム・ジョングク先輩が”辰年なの?僕も辰年なんだけど”とおっしゃったことが昨日のことのようだけど、今はもう私の一回りしたの辰年生まれがデビューしているじゃないですか。
月日がこうして早いです。
”僕だよ僕”って言った時代があったけれど、今は”キミだよ、キミ”…ハハ

정상을 이미 찍어본 입장에서 이제 막 시작한 친구들을 보면 어떤 생각이 들던가요?
頂上をすでにとってみた立場で今まさに始まった後輩たちを見るとどんな考えを持ちますか?

누가 잘되고 못되고는 마음대로 정할 수 있는 게 아니잖아요. 항상 대박이 날 수는 없는 거니까. 그럴 때 선배들은 어떻게 했지, 하는 사례로 한 번쯤 떠올릴 수 있다면 좋겠어요. 우리 밑에는 갓세븐 같은 후배들이 있잖아요. 형들은 이렇게 했다더라, 전달이 되니까 행동도 조심하려고 노력해요.
誰がいいとかだめだとかは心のままに伝えられることではないじゃないですか。
いつも大ヒットが出る出ないってことだから。
そうするとき先輩たちはどうやったんだろう?という事例で1回ちょっと振り返ってみることができればいいですね。
僕らの下のGOT7のような後輩たちがいるじゃないですか。
兄さんたちはこうしてやったんだって、伝達がされるから行動も気を付けようと努力します。


그럼 30대가 된 옥택연은 이전보다 조심스러워졌을까요?
じゃあ30代になったオク・テギョンは前よりも注意深くなりましたか?

20대 때와는 달라졌을 거예요. 그땐 (박)진영이 형이 끌어줬으니까 쉬웠죠. 목표도 정확했고 성취도 따라왔고. 그런데 이제는 이끌어줄 사람이 없는 거예요. 물론 인생의 선배들은 있고 조언을 해줄 수도 있어요. 하지만 내가 가려고 하는 길에 있는 건 나뿐인 거고, 결국 결정은 스스로 해야 할 때가 된 거죠. 갈팡질팡할 수도 있고, 실수할 수도 있는 시기인 것 같아요. 하지만 두렵다기보다는 설레요. 명확한 목표보단 뜬구름 잡는 목표를 세우고 싶기도 하죠. 이를테면 건강하게 살자, 여유를 즐기자, 이런 게 의외로 되게 힘들잖아요. 평범하지만 소중한 가치를 지키고 싶어요.
20代の時とはかわってきました。
その時(パク)ジニョン兄さんが引っ張ってくれたから簡単でした。
目標も正確で成熟さもついてきて。
だけど今は引っ張ってくれる人がいません。
勿論人生の先輩たちはいてアドバイスをしてくださることもあります。
でもぼくが行こうとしている道にあることは僕だけのもので、結局決定は自分でしなければならなくなったということです。
どうしていいかわからずにうろうろすることもできるし、失敗することもできる時期であるようです。
でも怖いというよりはそわそわします。
明確な目標よりは雲をつかむような目標を立てたい気もします。
たとえて言えば健康に生きよう、余裕を楽しもう、こんなことが意外と大変じゃないですか。
平凡だけれども重要な価値を守りたいです。


원래 옥택연에겐 연예인이라는 틀에서 비껴나는 이미지가 있죠. 당장 1백만원만 가지고 미국 서부 여행을 떠난다고 해도 그럴 수 있을 것 같은. 일반인들 틈에 끼어 패키지 여행을 간다거나, 무대 의상을 입고 전공 시험을 보러 간다거나 하는 일화도 있었고요.
もともとオク・テギョンには芸能人という枠から外れているイメージがあるでしょう。
すぐに100万ウォン(日本円で約10万円)だけもちアメリカ西部旅行に行ったこともそういえることだと思う。
一般人たちの間に入りパッケージ旅行へ行ったり、舞台衣装を着たまま専攻試験を受けに行ったりする逸話もあったし。

데뷔 전까지는 약 20년을 평범하게 살았잖아요. 사춘기를 겪어가면서 형성한 그 모습이 10년 만에 뚝딱 변할 순 없어요. ‘Down To Earth’, 땅에 발을 디디고 있듯, 원래 나의 정체성을 놓치지 않는 게 저한텐 되게 중요한 일이에요. 연예인이 아닌 친구들을 계속 만나려는 것도 그런 연장선이고요. 제가 생각하기에 당연한 것들, 하고 싶은 것들을 하려 해요. 일단, 학교를 다니면 학교에 가야죠. 시험도 당연히 봐야 하고. 유적지에 가면 역사에 대해서 알고 싶어요. 그래서 인터넷으로 투어를 신청했고 여행객들과 재미있게 다녔어요. 이런 영역을 지키기 때문에 일도 즐겁게 할 수 있고, 버틸 수 있는 원동력이 되는 것 같아요.
デビュー前から約20年を平凡に生きたじゃないですか。
思春期を経験しながら形成したその姿が10年ぶりに急に変わることはできません。
‘Down To Earth’地に足を踏み入れてるように、もともと僕の本質性を見失わないことが私にはすごく重要なことです。
芸能人ではない友人たちとずっと会っていることもそんな延長線です。
私が考える当然なこと、やりたいことをやろうとします。
一旦、学校に通うとするなら学校へ行かなければならないでしょう。
試験も当然受けなければならない。
遺跡地に行けば歴史に対して知りたい。
だからインターネットでツアーを申請して旅行客たちと面白くいってきました。
こんな領域を守るために仕事も楽しくできて、堪えることができる原動力になっているようです。


d0020834_19593199.jpg

“누워보세요, 라고 말하자 옥택연은 한쪽 팔로 머리를 받치고 지그시 눈을 감았다. 잠시 편안한 적막이 흘렀고, 알지 못했던 그의 얼굴이 보였다.”
”横になってみてください、というなりオク・テギョンは片方の腕で頭をささえてじっと目を閉じた。しばらくは楽な

今まで知ることができなかった彼の顔が見えた”


학부에선 경영학을 전공했고, 대학원 국제협력과에 진학해서 착실히 다녔죠. 공부하는 걸 좋아하나요?
学部では経営学を専攻し、大学院で国際協力科に進学して着実に通いました。
勉強が好きなんですか?

공부하러 가는 게 너무 재미있더라고요. 방송국 가면 막 찌들어 있는데 학교에서는 파릇파릇한 배움의 학구열이 느껴지는 게, 크, 너무 좋았죠. 아프리카로 봉사 활동을 다녀오고 나서 국제 쪽에 관심이 생겨서 대학원은 국제협력과에 진학했어요. 지금 내 위치에서 어떻게 세상에 좋은 영향을 줄 수 있을까 생각하다 보니 자선 재단도 만들어보고 싶어졌고요. 언제 이룰 수 있을진 모르겠지만 언젠간 해봐야죠.
勉強しに行くことはとても楽しかったです。
放送局へ行けば疲れきるけど学校で青々として学びの学究熱が感じられるとうこと、苦、すごくよかったです。
アフリカへ奉仕活動へ行ってきて国制の方に関心が生まれ大学院は国際協力科に進学しました。
今僕の位置でどうすればこの世にいい影響をしてあげられるだろうかと考えてみたら慈善団体も作ってみたくなりました。いつできるかわからないけれどいつかはやってみなければ。

대학원에서 만난 친구들과도 잘 지냈다고 들었어요.
大学院で出会った友達たちともとても親しく過ごしたと聞きました。

아유, 제가 조 모임은 잘 못해서 덜덜….(웃음) 그래도 조별 과제 덕에 쉽게 친해졌네요. 지금도 잘 지내요.
あう、私がクラスの集まりではうまくできず、がくがく…(笑)
でも組別課題のおかげで楽に親しくなりましたね。
今も良く会いますね。


고연전에선 연대생이 사인해달라고 했는데 안 해줬다면서요.
高延戦では延大生がサインしてほしいと言ったのにしてあげなかったそうですね

네, 진짜로 파란 옷 입고 있으면 안 해줬어요.(웃음) 그리고 다 같이 즐기러 왔는데 굳이 사인해주고 하는 것도 좀 그렇잖아요.
はい、本当に青い服を着ていたらしてあげませんでした。(笑)
それでみんな一緒に楽しんできたんだけれど、あえてサインしてくださいっていうこともちょっと…そうじゃないですか

※テギョンの通った高麗大のスクールカラーは赤
相手の延世大のスクールカラーは青

부업도 하죠. 장난 삼아 그리던 캐릭터 ‘옥캣’으로 캐릭터 사업을 하고 있죠?
副業もするでしょう。
悪戯心で描いたキャラクター’OKCAT’でキャラクター事業をしているでしょう?

초등학교 때부터 그린 캐릭터예요. 그런데 팬들이 중국에서 옥캣 캐릭터 상품을 팔고 있다고 제보해줬어요. 경영학도로서 촉이 섰죠. ‘짝퉁’이 있다는 건 수요가 있다는 뜻인데? 수요가 있다면, 해야지! 이렇게 구상해서 인형부터 시작했죠. 용돈 벌이 정도는 돼요.
小学校の時から描いたキャラクターです。
だけどファンたちが中国でOKCATのキャラクター商品を売っているという情報をくれました。
経営学徒としてピン!ときたんです。
’偽物’があるということは需要があるという意味では?
需要があるなら、やってみなくちゃ!
そのように構想して人形から始めました。
おこずかい稼ぎ程度でいいんです。


설사 연예인이 아닌 삶을 선택했다고 해도, 그 삶이 자연스럽게 그려져요. 좋은 대학 나와서 번듯한 직장 다니고, 단란한 가정도 꾸리고. 원래 스물일곱 살에 결혼하고 싶었다면서요.
仮に芸能人ではない人生を選択したとしても、その人生が自然に描かれていきます。
良い大学を出てまともな職場に通い、団らんな家庭も築き
もともと27歳で結婚したかったそうですね。

미국 친구들의 근황을 페이스북으로 종종 봐요. 제 또래 애들이 많이들 결혼해서 애 사진도 올라와요. 기분이 묘하죠. 하지만 한국은 미국보다 결혼을 늦게 하는 편이니까 아직은 괜찮다고 생각하죠. 계속 거기서 지냈으면 어땠을까요? 원래 꿈은 의사였는데 그렇게까진 못 됐을 것 같고, 아직 공부하고 있었을지도요. 친구들은 사진가, 로봇 팔 만드는 친구, 백악관에서 일하는 친구, 피자집 하는 친구도 있고, 다양한 삶을 살고 있어요. 물론 제 직업도 흔한 직업은 아니죠. 저 살던 동네에선 유명하대요. 조용히 학교 다니던 아시안 남자애가 슈퍼스타됐다고. 하하.
アメリカの友人たちの近況をFBでよく見ます。
私と同じ年頃の子たちが多勢結婚して子供の写真も上げてきます。
気分が妙です。
でも韓国はアメリカよりも結婚を遅くする方だからまだ大丈夫だと思います。
ずっとそこで過ごしていたらどうだったろうか?
もともと夢は医者だったけれど、そこまではまだなれてなくて、まだ勉強していたかもしれません。
友人たちは写真家、ロボットアームを作る人、ホワイトハウスで仕事する人、ピザ屋をする人もいて多様な人生を生きています。
勿論私の職業もありふれた職業ではないでしょう。
私の住んでいた町内では有名ですって。
静かに学校に通っていたアジアの男の子がスーパースターになったって、ハハ


지금이 만족스럽나요?

今が満足ですか?

네. 지금이 좋아요.
ええ、今がいいです。

d0020834_20003550.jpg


“잘 때 거의 꿈을 안 꿔요. 꾼다 해도 현실과 별다를 게 없는 꿈이죠.” 옥택연의 낮과 밤은 나란하다. 눈을 가려도 스튜디오에 그가 베어 문 과일 향이 가시지 않았다.

”寝てる時もほとんど夢を見ません。夢を見ても現実と変わったことがない夢です。”
オク・テギョンの昼と夜は並んでいる。
目をふさぎスタジオに彼がかじった果物の香りが消えなかった。

아이돌로서는 해볼 만큼 해봤다고 했지만, 배우로선 해보고 싶은 게 더 많을 거예요. 많은 드라마를 했지만, 대부분은 옥택연이 지닌 건강한 이미지에 기대는 캐릭터들이었어요
.
アイドルとしてやるだけやってみたと言いましたが、俳優としてしてみたいことはもっと多くありませんか。
たくさんドラマをやったけれど、大部分はオク・テギョンが持っている健康なイメージにのぞむキャラクターでした。

제가 맡은 캐릭터들이 좀 비슷비슷해요. 아무래도 드라마는 이미지 캐스팅이다 보니 그러기 쉽죠. 지금 찍고 있는 사전 제작 드라마 <구해줘>에선 드물게 금수저에 아주 ‘꼴통’인 비호감 캐릭터로 나옵니다만, 작가님이 후반부에 ‘사이다’를 주시길 기대하고 있어요. 하지만 영화는 서사 위주니까 좀 다른 역할을 해볼 수 있는 여지가 있는 것 같아요. <시간 위의 집> 시사회 끝나고 한 지인이 “넌 너무 착하게 생겨서 진짜 나쁜 역할을 맡아도 사람들이 믿게끔 하는 감독님을 만나보면 좋겠다”고 했는데. 그 말이 참 와 닿더라고요. 한 번쯤 이미지 변신도 필요할 것같아요. 본격적인 악역도 맡아보고 싶고. 군대 다녀와서는 영화에도 많이 도전해보고 싶네요.
私が任されたキャラクターが少し似ています。
そうであってもドラマはイメージキャスティングだというならそうするのが簡単でしょう。
今撮っている事前制作どラマ<助けて>では珍しくお金持ちで生活苦のないとても”バカ”な
非好感キャラクターで出てきますが、作家さんが後半部に’サイダー’をくれるように期待しています。
でも映画は叙事中心だからちょっと違った役割をしてみられる余地があるようです。
<時間の上の家>試写会が終わった時ある知人の方が
”キミはあまりにも優しく生まれて本当に悪い役を任されても人々が信じてくれるようにする監督に出会ってみたらいいなあ”といったんです。
その言葉が本当に突き刺さったんです。
一度はイメージの変身も必要なようです。
本格的な悪役もやってみたい。
軍隊へ行って来たら映画にもたくさん挑戦してみたいですね。


※サイダーをくれる
サイダーは炭酸水に糖分と香料を入れて作った清涼飲料水だ。ビールにように喉の渇きを解消するには最適な飲み物だ。炭酸が入っていて、爽快な気持ちになる。
このようなイメージから、サイダー(サイダ / 사이다)はイライラしていたり、息の詰まるような状況を爽快に解決してくれるという意味で使われる。


듣다 보니 대답이 빠르고 뭐든 대수롭지 않다는 듯이 얘기하는 것 같아요. 문제가 닥치면 속전속결하는 타입인가요?
聞くところによると答えが早く、なんでも大したことはないと意味の話をするようです。
問題が近づくと速戦即決するタイプなのですか?

네. 장고하지 않습니다. 고민해도 나오는 답은 같으니까요. 고민을 잘 안 해서 그런지 우울함도 잘 못 느껴요. 잠도 되게 잘 자고요. 이런 열대야에도 선풍기만 있으면 어디서든 잘 자요.
はい。
長考しません。
悩みんでも出てくる答えが同じですから。
悩みもしないので憂鬱さも感じられません。
眠りもすごくよく寝ます。
こんな熱帯夜にも扇風機だけあればどこでもよく寝ます。

잘 때 꿈도 잘 안 꾸죠?
寝るとき夢も見ないですか?

네. 거의 안 꾸는데, 희한하게 간밤엔 닉쿤 꿈을 꾼 거예요. 중국에서 촬영 중인데 19일에 돌아오는 일정이거든요. 그날 쿤이랑 술 한잔 하면서 수다 떠는 꿈을 꿨어요. 그래서 나 네 꿈 꿨다, 우리 그날 술 먹나 보다 했더니 자기 20일에 돌아온다고 하더라고요. 예지몽은 아니었죠.
はい、ほとんどみませんが、珍しく昨夜にはニックンの夢を見たんです。
中国で撮影していますが19日に帰ってくる日程なんですよ。
その日にクニとお酒を1杯飲みながらおしゃべりする夢を見ました。
だから君と僕の夢を見た、僕らその日お酒を飲もうかって言ったんだけど自分(ニックン)20日に帰ってくるって言ったんですよ。
予知夢ではなかったのかな。



참으로 건강하구나, 그런 생각이 드네요.
本当に健康だなあ、そんな考えを持ちます

이랬는데 군대 가서 으아아악 하면서 벌떡 일어나는 건 아닐까! 하하하
そうだったけど、軍隊に行くと うわあああって言いながらいきなりむっくり起き上がるのではないだろうか!ハハハ




※力不足により誤意、誤訳、意訳があるかもしれませんがご了承ください。


[PR]
by chikat2183 | 2017-07-24 02:19 | 2PM翻訳記事2017 | Comments(0)

VOGUE KOREA 8月号 テギョンインタビュー 和訳

breen BREEZE

翻訳記事の無断転載およびリンクはお断りいたします。
その場合は一言お知らせください

http://www.vogue.co.kr/2017/07/21/breen-breeze/?_C_=11




Baqueさんのブログより



d0020834_10463426.jpg
breen BREEZE(緑色のそよ風)


オク・テギョンは何事にも傷つかずひと夏の蒸し暑さにもグルーブ(ノリ、リズム)を飛ばすリズム感を持っていた。
ドラマ<助けて>で誰かを助ける万全の準備を終えたオク・テギョンの同日同時



※breen=brown+greenという意味ですがあえてテギョンさんの記事ですので緑色といたしました。

d0020834_10543630.jpg
d0020834_10545510.jpg
d0020834_10553375.jpg
d0020834_10554706.jpg
d0020834_10562051.jpg
オク・テギョンがわかっているのかどうかはわからない。
インタビューするときにちょっと漫談師みたいになる。
文章と文章の間にどこかにあるような文章がブリッジのように飛び出してくる。
”えーーー窮屈な言い訳です”
”そうなんですよ~、はい~、何か特別なことでもあるんでしょうか?”
”とてつもないことですね”
エピソードを聞かせてくれる時にはシノブシスよりは台本スタイルに近くなる。
状況を感情によって目をしかめて、やたらに手を振りながら暇さえあればグルーブ(ノリ、リズム)に乗る。
こんな彼の態度はインタビューの雰囲気を5段階くらい明るく、深刻さを5匙程度すくい出す。
また、インタビュアーが自分に対してどれくらい調べてきたのか薄目を開けて疑うどころか、行ったり来たりする会話の中で
”ギャア~~整理がよくできていらっしゃいますね~~!”こんな感嘆詞をとばす。
彼と話を交えていくとすぐに入隊しなければならない身の上だとか善良で模範的という固まったイメージだとか、
彼の前に置かれている宿題が今にも解決できることのような錯覚を持つ。
何だってできてしまうような彼のエネルギーはとても強力でブラウン管の外に突き出ることもある。
今年智異山の生気をもらうことができなかった人たちはバラエティー<三食ご飯>や<ある日突然100万ウォン>のオク・テギョン編をもう一度ごらんなさい。
代替え材料としてはかなり有用だ。

オク・テギョンの世界を明るくする健康さは悠久の歴史なのだが、2PMのデビュー初期には身体に重点を置かれていた。
しかし今は精神、健康の持ち分が高い。
劇中の人物を同一視した劇実際主義的演技スタイルである。
メソッド演技が最高の演技としてあがめられるが俳優とキャラクターは天性とやり取りしながらしみこんでいく関係だという点でオク・テギョンは劇中の温度調節に有意味な役割をする。
(※メソッド演技:役柄の内面に注目し、感情を追体験することなどによって、より自然でリアリステックな演技・表現を行うことに特徴がある。)
ミステリースリラー 映画<時間の上の家>にともに出演したキム・ユンジンはチェ神父のキャラクターをしてとても真摯なキャラクターだったが、オク・テギョンがこの役を引き受けてくれて軽い設定に変わったと明かしたことがある。
肯定的なセリフや人物の性格が変わったということではないようだ。
終始一貫死の影として押しつぶされたスクリーンでチェ神父の登場はしばしの間息の根を開く役割をした。
昨年出演したtvNドラマ<戦おう幽霊> ウェブドラマ<君に触れる>ではそれぞれ幽霊を見る退魔師、触れて未来を見る能力を持つ達人として登場したが超人間的で超自然的な素材が現実と混ざるというところはオク・テギョンの健康なエネルギーが功を奏する役割をしたのだと思う。
<戦おう幽霊>パク・ジュナPDもやはり当時、制作報告会では、話自体が暗いけれどオク・テギョンが明るい面と暗い面を十分に表現することができる俳優として適任者だと思ったといった。
幼いころから周囲に幽霊がごった返している子供、愛を感じた女性の死をすでに見た男…憂鬱でぞっとする状況だがオク・テギョンは日陰が日向となり、日向が日陰になるという洞察力持つということもある意味運命と戦っていたというこの地点が演技アイドル8年目で獲得した説得力であるようだ。

オク・テギョンは最近の何年か、夏になるたびにブラウン管に登場しているがこれは決して偶然ではない。
下着2枚を重ね着してUGGをはいても寒さに負けるというキム・ユンジンの目撃談のように、オク・テギョンはとても寒さに敏感だ。
”<ドリームハイ>を冬に撮影したけれど、その時とても大変で身体と約束したんですよ。
2度と冬には作品を撮らないって。(笑)
寒さより蚊に刺されたほうがましだと思います。”
そうして我々は今年の夏またもう一度彼のドラマを見ることができるのだ。
8月放送を目標にして絶好調に撮影中のOCNドラマ<助けて>
OCNの説明によれば”ニセ宗教団体に立ち向かい初恋の人を助けるために田舎者たちが四方八方動く孤軍奮闘記”だという。
緻密で完璧な仕組みを取り揃えて緊張のひもを緩めず異端宗教の問題点を皮肉ったチェ・クムサン作家のウェブトゥーン<この世の外で>が原作だ。
”とても独特な内容でした。
今までやってみたドラマと呼吸がすごく違ったけれど叙事がある感じでした。
初め台本を4回までもらったのだけれどすごくペースが広く感じられるでしょう。
早く進行する最近のドラマとは違いました。
果たしてどうやって進行するのだろう、人々は好きになってくれるだろうか、そんな疑問を持っていたのだけれど
<時間の上の家>に一緒に出演したチョ・ジェユン先輩が’一緒にやれば大丈夫’とおっしゃってくださって確信を持ちました。
良い先輩方が多勢出演なさっていますから。”

彼が演技するハン・サンファンは田舎者ニート4人組の中の一人だ。
”今までやってきたキャラクターの中で一番「ゴミ」です。(笑)
軍帥の息子で近所で起きたことは父ちゃんが全部解決してくれるんだという考えが敷かれているというところを見ると傍若無人な行動をするときもあって…まあ…そうなんです。”
本当の近所の無職の青年たちのように群れを成して走り回っているのが現実だ。
”一緒にやってきたような演技をしなければまらないためにフィードバックとアドバイスがたくさん行き来します。
「僕がこうしてらるからキミはこうやってみて」こんな方法です。”
待ち時間も退屈しないように何をしているのか尋ねた。
”ただ時間を殺すような遊びをたくさんしています。
これをやりたければブランドを言う!
アイスクリームの名前を当てたりとか、お菓子の名前を当てる…みたいなことですよ。
間違えたらぶたれる…(笑)
キム・ソンス監督さんがすごく面白いんですよ。
意見もよく聞いてくださるし、だからライブリー(元気、活発)な演技ができるんだと思います。(笑)”
反転、スリラーよりももっと衝撃的な30歳の男たちの遊び方を聞かせてくれた彼はバランスを合わせることが悩みだと言い言葉を続けて行った。
”内容自体がすごく奥深いと思えば真摯に入っていってみると雰囲気が下がってしまってそんな部分をたくさん考えるようになったようです。”
最近彼はどうすれば人々がこれを信じてくれるだろうかと自ら問いまた問う。

d0020834_12034239.jpg
d0020834_12041480.jpg
”本性は優しいけれど少し歪んでいる子”
演技をし始めて以来テギョンが一番オファーを受けるキャラクターだ。
フィルモグラフィーが厚くない状況ではイメージでキャスティングが築かれれば純然としたイメージだということができる。
しかし剃刀の刃をかむようなイメージと違って”反抗心”はテギョンが表現するのに一番難しい感情だ。
”そうしてみたことがないから…。
特別に逸脱してみたことがありません。
お酒が好きなことは好きだけれど、子供の頃タバコを吸ったり、お酒を飲んでみたこともなく、両親に声を張り上げて叫んだこともないんですよ。
今も両親には敬語を使いお小遣いをもらっています。”
何回かの反抗心、幼いキャラクターを経験したのなら少し気が楽になった。
<助けて>ではオートバイレーシングもさわやかに展開する予定だ。
キャラクターを通して経験し、成長し、整備されていく計算だ。
実際彼は成長という価値に心が動きもする。
”<助けて>のハン・サンファンは初めに現実を否定して逃げていくのだけれど、初恋の人を助け出しながら成長していきます。
<戦おう幽霊>では幽霊を見る痛さを乗り越えて成長したでしょう。
<本当に良い時代>でも初めはアウトサイダーだったけれど家族という名前の中で愛によって変わっていく人物でした。
少しずつ成長していくストーリーがある作品を選ぶようになったみたいです。”
そうだというなら俳優としてもう少し生まれながらにあればよかったというものがあるならば?
”邪悪に生まれていたらもっとよかったと思います。
健康で正しいイメージは長所であり短所みたいです。
親しい芸能部の局長さんが
「キミは本当に悪い役をやってみなさい。
人々にそれを信じるようにできる監督と出会えば本当にもっとよくなると思う。」
とおっしゃってくださいました。
だから、それくらい悪い役をできないだろうという話なので…(笑)
いつかは優しいと思っていたけれど邪悪な反転がある役割でもできたらいいですね。”


実際私にはオク・テギョンは”あの青年はホント良く育ったね!!”
と感嘆を呼ぶ俳優で成長過程が気になった。
”アメリカに移民する前には困難もなく生活していたようです。
愛をもらう末っ子だったからね。
年子の姉とは毎日殴り合いのけんかをしました。
思春期くらいにはアメリカに行くので完全に違った文化に触れながら、ちょっと開かれた感じで育ったみたいです。
言語の障壁を経験してからはあの人はどのように考えるだろうかと、もう少し配慮するようになったようです。
家訓は「徳で生きよう」だけれど、父は幼いころ経済的に大変でいらっしゃった時があって経済観念に対して多くの話をしてくださいます。
いろいろな教えをもらって成長したけれど「他人に迷惑をかけない範囲でキミがやりたいままに生きろ」が両親がおっしゃって下さる人生に一番近い文章みたいですね。”
欠席する日がまれにあるくらいの学業中心の生活。
一人で申請して出かけた海外パッケージ旅行。
マネージャーなしで走ってきたという徹夜での弔問…。
たまに聞こえてくる美談と目撃談の間のエピソードはオク・テギョンのすべてから、歌手、2PM、俳優、作曲家などの修飾語を全部切り離しても青年オク・テギョンが完全に残るということだという予想が可能だ。
実際に彼は見せてくれる面にあっては驚くべき無頓着な態度を見せているがこれに対しては
”イエ~イ、そんなことに神経を使ったらどうやって生活できますか。
私の職業が人に見せる職業であることは確かなんですよ。
30歳オク・テギョンの姿の中の一つだと思っています。
見せてあげる部分をずっと心配しながら生きていかなければなりません。
自然な私の姿をもう少し見せたほうがましではないかと思います。”
という返答が返を聞かせてくれた。
10年目の歌手として作詞作曲に熱心な歌手。
(演技のような肯定的な状況を思い出し歌詞を書くスタイルだといった。
骨を削るような創作の過程を荒っぽいというよりは遊んでいるようだと…)
軍入隊を控えて日常がもっと重要になる大韓民国男子芸能人。
現在俳優としての自分の使い道を問う質問に
”海外派である点が長所です。
海外版権可能です~。
慶尚道訛りも可能です~。”
と冗談を投げることができる俳優。
いつかまたナ・ヨンソクPDからお呼び出しを受けるかもしれない芸能人。
2017年夏の真ん中で会ったオク・テギョンの大衆文化部門の座標だ。
ドラマ<助けて>が終わるころには座標はどこかで動いている。
動いていないとしてもまた会いたいという点描は確実に見える。
流れていく風を全身で防いだり避けるよりはグルーブに乗って楽しむことの余裕よりもっと見栄えのいいことがあっただろう。
どうか彼がハンサムなな顔をずっと保ち一部で使用することを、劇の中で思う存分ひねくれてくれることを、オク・テギョンのエンディングシーンは無条件にハッピーエンドだ。


※力不足により誤意、誤訳、意訳があるかもしれませんがご了承ください。


[PR]
by chikat2183 | 2017-07-21 12:50 | 2PM翻訳記事2017 | Comments(4)
SCENE PLAYBILL 7月号 チャンソンインタビュー

http://blog.naver.com/splaybill/221049787583



d0020834_12114481.jpg
d0020834_12120437.jpg

d0020834_12122767.jpg


スキャンしたものを読んでいます。
読み切れていないものもあると思います。
意訳誤訳ご了承ください。

日本語訳記事の無断転載やリンクはお断りいたします。
その場合は一言お声かけください




隣の家のお兄さん

全く飾ることを知らないおおらかな俳優ファン・チャンソンが淡白に(あっさりと)打ち明ける初の演劇舞台挑戦記



ファン・チャンソンが初めて顔を知らせたのはシットコム<思い切りハイキック>を通してだった。
彼の役割は分別がなく、考えもなく見えるけれどなんだか情がわく高校生チャンソン。
演技のある部分までが実際の彼の姿なんだか確信はできないが明らかなことは
時々ファン・チャンソン彼自身の性格のように見える。
いけ図々しくそらとぼけている親しみのある姿が俳優に魅力を加えている点だ。
おかげでチャンソン役は主人公の兄弟と互いに恨みを抱くという憎たらしい奴なのに視聴者たちは彼を決して憎むことはしなかった。
<私の愛、私の花嫁>で初めて演劇の舞台に上がるファン・チャンソンはその特有の親近感を相変わらずとどめたままだった。
意外にも今回の役もまた実際に彼の年齢と同じ年頃のキャラクターだ。
ヨンミンは妻を愛しているがどうやって気持ちを表現するのかわからない。
要領が悪い部分もあり彼はそんな自分がもどかしく逆に居直って急に怒りだしたりする世間知らずの夫だ。
キャラクターはファン・チャンソン特有の自然さのおかげで周辺のどこかにいるような男性として舞台の上で生きている。
実際舞台の外で向かい合ったファン・チャンソンは相手方を当惑させる才能があった。
自然さを超えてあまりにも飾り気のない姿が原因だった。
もともとアイドルだというのならば常に”見せる準備”を終えた状態で生きていく存在なのではないか。
いつでも”キュー!”のサインが出たら隙間なく整頓されている、だから少しも人間味がない感じの模範解答を引き出す。
しかし10年目のアイドル、ファン・チャンソンはどんな質問にもイメージ管理をするための慣性的な答弁は引き出さなかった。
少しでも確信のない部分には「わからない」「考えてみたことがない」とあっさりといった。
たとえて言えばこんな感じ
”演技者ファン・チャンソンの長点は何ですか?”
”わかりません。何かありますか?”
”ほかのキャストにはない’ファン・チャンソンだけのヨンミン’だけが持っている魅力があるんじゃないですか?”
”はあ?そんなこと一度も考えてみたことがないけれど…どうしよう?…”
”ふつうこんな質問を受けたら自慢げに’忙しくて考えたことがない…’と謙遜されると思うんですよ”
”はい?(目を大きく、耳を赤くしたまま)そんな称賛を聞いたこともなくて…何を言えばいいのかわかりません…”
こんな会話を交えたというのならば彼が言う”好き””嫌い”というのは手も足も出ないそのままに信じるしかなかった。
心にもない言葉を作り出す性格になれないということがそのまま見えたから。

この率直な男が演技の舞台に立ちたいという考えがだんだん肯定的に変わってきたのは2~3年前からだった。
アルバム発売と日本ツアー、ドラマ撮影などの日程で到底隙間を見つけることができなかったことばかり。
<私の愛、私の花嫁>はタイミングと趣向という2つが側面でファン・チャンソンと合って落ちた作品だ。
同じ期間撮影に入っているドラマがあるけれど作品の前半は子役たちが出る部分があり演技の練習に時間を割愛することができた。
現実にいるかのようなカップルの葛藤を愉快に描き出したラブラブなロマンチックコメディーという点も彼の心をやっぱり引っ張った。
少なくともデビュー作というだけでは度が過ぎる重たいテーマを取り扱う演劇よりは楽な気持ちで観覧できる作品であることを願ってきたためだ。
”結局すべてのジャンルを行き来して多様なスタイルの演技に挑戦してみたいという気持ちがあります。
しかし初めての作品に対した負担感も考えずにはいられませんでした。
そうであっても’生活演技’をお見せできる平安な(楽な)作品だというのならばもう少し自信をもって良い姿をお見せしようと思ったんです。
折よく<私の愛、私の花嫁>がぴったりしたそんな作品でした。
台本を読むや否や’おお?面白い!僕これがやりたい’そう思ったんです。”
彼が魅力を感じた部分の中の一つは誰かが共感する話だという点だ。
これをするつもりなら
”なぜこうして怒ったの?--まだ怒ってるの?--ごめんーー何がごめんなんだ?--そうじゃなくてーーじゃああやまらなくちゃーー悪かったーー何が悪かったかっていうんだーー
と流れていく。”
恋愛では1度くらいは経験するにきまっている現実的なセリフだ。
”台本リーディングした日を今も覚えています。
その部分を練習したのだけれど、読んだだけで胸が苦しかったんです!
僕このシーンいやだ!やりたくない!
そうだったんですから(笑)
だいたいなんとなく恋愛の教科書みたいな会話じゃないですか?
公演するときも観客の方々がこの部分ですごく共感なさるのを感じられます。”

ミュージカルではなくて演劇、大劇場ではなく中小劇場に固執したこともこれと一脈相通じる。
”観客たちと密着しているということは小劇場だけでできる経験ですから。
俳優たちとの呼吸を授受する部分でも演技者としてもっと多く学べる場所だと考えたんです。
もっと大きな舞台もいいけれどそれはこれから順々にうまくやっていけばいつか機会が与えられることだと考えます。”
小さな劇場の魅力は彼が期待していたことよりも大きかった。
彼のセリフ一つ一つ、行動一つ一つに客席から笑いが起こることに小劇場の味があるといった。
彼はそういう意味で即刻的な反応を授受する面白さにどっぷりと落ちたように見えた。
何よりも自分のファンではない人々の前に立つということ自体が新鮮に感じられた。
”ファンたちとは10年間道後道楽したから家族と同じでしょう。
もともとよく通じ合っていたからコンサートでも僕が願うまま反応してくださるんです。
でも演劇は一般の観客たちも多くいらしてくださるから緊張しちゃうんですよ。
幸いにも今までは反応が良かったから自信が少しつきました。”

演劇の舞台での演技は細心の注意を払い行動と角度、息使いをつかみ出すこと。
カメラの前での演技とは違う、ただ声を一番後ろの席の観客まで単語の一つ一つを正確に伝えなければならず、声と行動全部を明らかに大きくしなければならない。
主にブラウン管で活躍してきた俳優たちが演劇の舞台に乗り出すときには一番見慣れた部分でもある。
ファン・チャンソンもやはり練習前に同じ悩みを持っていた。
迷わないだろうかと心配した彼の憂慮とは違う。
大きな混乱も悩みもなく楽しく練習を終えた。
方法の違いというものだけ、演技に対した本質は同じだという悟りを身体で覚えたためだ。
”いつ演技者としての没入が必要なのか、あるいはどうすれば没入しなければならないかというのに違いはないです。
与えられた状況と現場をどれくらい完全に自分のものであるかと信じるか信じないかで作品のクオリティが決定されるという点も同じです。
どのメディアなのか、結局俳優の集中力にかかっているといみることができるでしょう。”
そういうならば演技者ファン・チャンソンの集中力はいいのか?
と尋ねたらボロりとこぼれた答えを言うときはまた花嫁のように恥ずかしがりながら
”わからない”と笑うだけだった。

今回の演劇を準備する時間はファン・チャンソンに俳優としての自信を細かく見つけるための時間でもあった。
これから着実に演技者の道を歩いていくのに準備しなければならないことが何であるのか、具体的なリストを記録してみる時間だったということだ。
その目録の中には据えなければならないことも探し出した。
固執だ。
”今までは演技に固執がある方でした。
僕はどんな状況一つを演技していても最大に多くの場合の数を準備する方なんです。
その中で一番説得力のあると思うことを選び出し、もう一度選び出します。
そうしてやって残った1つだけは完全に信じていくということです。
だけど今回の演劇で監督さんと疎通する時間を持ちながら考えが変わりました。
固執を捨てて少しだけ変化するにしてもはるかにもっと良い演技が出てくるということがわかったんです。
ある程度の核心は必要だけれど絶対的に僕の演技を信じて、固執は使わなくていいと思います。”
自分の省察の痕跡がしっかりと感じられる彼の答えを聞いている間、残っていたいくつかの質問はもうしないと決心した。
2PM完全体のカムバック前のソロ活動で満たす何年間かの目標は何なのか?
俳優ファン・チャンソンの一番大きな悩みは何なのかという…。
ファン・チャンソンはまだ目の前に迫っていない漠然とした論議を考えて頭を抱えるというよりは、自分が直接歩いてきた歩みで得た確実な結果を大切に、ここでは俳優なんだということをわからせたから。
もしかしたら彼はこれからも大きな計画なしにその時その時に引っ張られる話の中のキャラクターとして自然に生きていくのだろう。
それがまさにファン・チャンソンのスタイルなのだから。








[PR]
by chikat2183 | 2017-07-01 23:18 | 2PM翻訳記事2017 | Comments(0)