てんびん座、O型、人生だらだら、そんな私の記録です。映画とおいしいものがすき。

by chikat

<   2014年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ジーク・ファレンハイト ブログ記事

KBS2ドラマ「本当に良い時代」カン·ドンヒ(テギョン)正装(スーツ) - ジーク・ファレンハイト
d0020834_13474467.jpg



KBS2 주말 인기 드라마 <참 좋은 시절>에 출연중인 택연
KBS2週末人気ドラマ<本当にいい時代>に出演中のテギョン
그는 '참 좋은 시절'에서 강동희라는 캐릭터를 연기하고 있죠.
彼は「本当にいい時代」でカンドンヒというキャラクターを演技しています。
거칠고 반항적이지만 매력이 넘치는 캐릭터인데요.
荒くて反抗的だけれども魅力があふれるキャラクターなんですよ。
그가 드라마 속에서 입고 나온 정장이 지이크 파렌하이트 제품입니다.
彼がドラマの中で着て出て来た正装(スーツ)がジークファレンハイト製品です。

d0020834_13564976.jpg



선그라스를 끼고 멋지게 헤어스타일을 정돈한 택연.
サングラスをかけてかっこよくヘアースタイルを整頓したテギョン
지이크 파렌하이트의 수트와 함께해서 더욱 근사한 남자의 스타일을 보여줬죠.
ジーク・ファレンハイトのスーツと一緒になってもっと素敵な男のスタイルをみせてくれました。
수트와 잘 어울리는 남자 연예인 중에서도 손꼽히게 멋진 수트빨을 보여주는 택연입니다!
スーツが良く似合う男性芸能人の中でも指折り数えられる素敵なスーツ姿を見せてくれるテギョンです。

d0020834_1482076.jpg



<참 좋은 시절>에서 입고 나온 지이크 파렌하이트의 수트는
<本当にいい時代>で着て出てくるジーク・ファレンハイトのスーツは
고급스러운 그레이컬러에 체크패턴이 들어간 수트입니다.
高級なグレーカラーにチェックパターンが入ったスーツです
보통 남성정장에서 그레이톤의 체크수트를 선택하는 사람은 흔치 않은데요.
普通 男性正装でクレートーンのチェックスーツを選択する人はありふれてはいないのですが
똑같은 수트에서 벗어나 좀 더 스타일리시하고 매력적인 정장패션을 선보이는 것도 좋겠죠.
同じスーツから脱してもう少しスタイリッシュな魅力で正装ファッションを見せることもいいでしょう。

d0020834_14152671.jpg



'참 좋은 시절 속'에서 거친 상남자 '강동희'로 열연중인 옥태연!(←原文のテギョンのハングル間違ってますね)
「本当にいい時代」で荒い男の中の男’カン・ドンヒ’として熱演中であるオク・テギョン!
실제로 그는 장난기가 넘치고 귀여운 매력을 가진 배우인데요.
実際に彼は茶目っ気たっぷりでかわいい魅力を持った俳優なんですよ。
이러한 반전 매력이 수많은 여성팬들의 마음을 설레게 하는 것이 아닐까요?
こうした反転魅力が数多くの女性ファンたちの心をときめかせるのではないでしょうか?


[PR]
by chikat2183 | 2014-03-31 14:22 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)

2014年3月韓国旅行2日目①

FRASER PLACEの朝はビュッフェスタイルの朝食から。
d0020834_928571.jpg

d0020834_9283545.jpg

もちろんオムレツも焼いていただきました。
d0020834_929167.jpg

コーヒーおかわり取りに行ったらちょうど牛乳が泡立ててあったのでカフェラッテにしてみました。
ここのビュッフェ好きなんですが、今回ソウルナビさんからの予約でしたが、1泊朝食1人分つきって書いてあったんです。
食券くれたり自己申告で部屋番号言ったりその時によってシステム変わるので行ってから「同じ日に2人で」って言えばいいね、なんて安易に考えてた。
そしてらチェックインの時に「朝食は1日に一人分で次の日には移せません」て言われてショック。
ソウルナビで「1人分1500円で追加」ってなってたんだけど、
こっちに来たらw15000+w1500=w16500
という税金なんだかサービス料だかわからないけど1割ほど高くなりました。
行かれる方がいるかもしれないので書いておきました。
私は好きでここで食べるのですが、何でもある場所なのでここで食べなくても外に出れば何でもいただけます。

のんびりと朝ごはん食べて食後私は一人で教保文庫へ。
特に買いたいものもなかったけどしっかり本だけ買いました。
エッセイ本。
毎回買い込んでくるけど開いたことがない。
つん読。
日本語の本も読まないのにハングル本なんって読むわけないじゃないか!
でもかわいいから。
これ、中も可愛いんです。
エッセイのベストセラー本。
「あたたかい一言」「1cm」「1cm+」
d0020834_9455391.jpg


重たい本を抱えて通りの向こうの世宗文化会館では三銃士が始まりました。
おなじキャストで日韓同時開催するのだそうです。
この日の公演はまだ始まっていないと思いますが、着々と準備が進んでるようです。
d0020834_9504294.jpg

d0020834_9514089.jpg

d0020834_9521450.jpg

d0020834_9523774.jpg

d0020834_953018.jpg

ここでやっと、この日の公演はソンミンなのね!と気が付く。
遅い!
1月に遠くまでジュンタニアン見に行ったので今回は誰であっても全く見る気はないのですが…。
そんな時写真の左端に映ってる彼女に声かけられました。
彼女がいたことすら私は全く気が付いてない。
「すみません、お姉さんはミュージカルとか興味あって、三銃士見に来てるんですか?」
「いえ!ただ教保文庫で本買って花輪見に来ただけです」
「教保文庫って知らないけど、実は…このチケット買ってほしいんですけど興味ないですか?」
ということで、この女性中国人でご主人の仕事の都合で家族と一緒にソウルに住んでいるのだそうです。
それで、子供と一緒にミュージカル観ようとチケット買ったんだけれど都合が悪くなって行けなくなったからw10000で買ってくれないかということでした。
実は1枚数万ウォンするミュージカルのチケットなんです。
何の予定もない旅だったので「いいですよ」って言って買いました。
世宗文化会館○○ホール開演15時なんです。
ところがこの○○ホールがどこだか誰もわからない。
近くを歩いてるお巡りさんもビジネスマンも誰もわからない。
とりあえず時間になったらここに来ればわかるだろうということで一旦ホテルに戻りました。
この中国の女性も私が日本人だったとは思ってなかったらしく
「中国人と日本人が国の言葉でも英語でもなく韓国語で話してるってすごく不思議だね。」
って話してました。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-30 10:04 | 旅行2014 | Comments(0)
コムタン食べてすぐホテルに帰って最上階のパノラマ風呂に入りました。
母と二人貸切状態。窓の外にはソウルの街が見えるんですけど、まだ向かいのビルではお仕事してて変な感じ。
浴槽はすごい水流のジェットバスでつかまってないと流されてしまう。
いい気もち。
それから母を一人部屋に残し明洞の街に繰り出しました。
ロッテデパートまで歩いて10分ぐらいの距離ですから何ってことないです。
目的はもちろん映画なんですけど、この時期たまたま韓国映画がほとんどなくて観た作品はこれ。
d0020834_1756085.jpg

우아한 거짓말 優雅な嘘
キムヒエさんの久々の作品だとかで評判になってましたが、女の子二人姉妹を育てるシングルマザーで、次女が突然自殺してしまい、その子の知らなかった部分を知っていくはなし。
なんですけど、基本的に会話が中心なので動きがない。
なので会話きかなければならないんですけど、会話が状況説明をすべてするわけで、そこまで私聞き取る力がないのでちょっとばかりコックリさんでした。
ちょうど公開したばかりの作品はこれとイ・ミンギさんの「モンスター」と2本で明洞の3軒の映画館回りましたが、時間的にこれしかなかったというのが事実。
d0020834_18113821.jpg

殺人鬼の話をみたいとは思わなかったのでやめました。
翌日も本当ならば映画観ようかと思ってたんですが、見る作品がないということは、もうドラマを本番死守するしかないですね。
きまり!!

映画が終わってホテルの手前のホリーズコーヒーで休憩。
d0020834_1816567.jpg

ここもブザーがこれなんですけど、画面真っ暗なんだけど、実はJun.Kが出てるんです。
三銃士ではなくて143Vでしたっけ(違ってたらごめんなさい)
音が出てないので良くわからないけど、そうなのよ。
彼が映ってないのにここに貼り付けても仕方がないんですけど…
もう1回見させてもらえたらよかったのですがブザーが鳴ってしまってみることができませんでした。
残念。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-29 18:18 | 旅行2014 | Comments(0)

広尾「エパヌイ」

3月の食事会は休日になったので、ちょっと雰囲気の違い所を選びました。
広尾の一軒家フレンチ「エパヌイ
d0020834_21214937.jpg

ご夫婦二人でやっているお店で1Fがレストラン、2Fはご自宅みたいです。
路地裏の先のないどん詰まりなんですが、看板があって見つかりました。
通い慣れた学校のそばなんですが「へえ~こんなところに?」って思いました。
テーブルウェアはこんな感じ
d0020834_2125221.jpg

3150円のブリフィクスコースでしたが、座った途端に出てきたものが
d0020834_21255755.jpg

オリーブとアーモンド?

誰が何を食べたかは既に記憶がありませんが
前菜は
d0020834_21265636.jpg
フォワグラ入り 田舎風パテのテリーヌ サラダ添え
d0020834_2127216.jpg
サーモンのマリネ パンケーキ添え

d0020834_21285999.jpg
スープはチャウダー
d0020834_21331847.jpg
パンは手作り感100%でふわふわでした。
メイン
d0020834_21353736.jpg
お魚
d0020834_2136049.jpg
牛肉
d0020834_21362856.jpg
イべりコ豚
デザート
d0020834_21384519.jpg
クリームブリュレ
d0020834_2139104.jpg
サバラン
コーヒーはポットサービスで
d0020834_214154100.jpg

満席でも14名しか入れないというかわいいアットホームなお店です。
ぐるなびはこちら
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-28 21:45 | おいしいお店 | Comments(0)
「本当に良い時代 」オク・テギョン、子供たちに拒否された”屈辱”
元記事はこちら
動画はこちら
(上手く動画に飛ばないかもしれません。その時は元記事からお入りください)
d0020834_11243019.jpg

オクテギョンが自分の子供たちに拒否され笑いを誘った。

去る23日放送されたKBS2週末連続劇「本当にいい時代」(脚本 イ・ギョンヒ、演出 キム・ジンウォン)
10回では自分の双子の子供 ドンジュ(ホン・ファリ扮)とドンウォン(チェ・グァンス扮)に無視されるカン・ドンヒ(オク・テギョン)の姿が描かれた。

この日ドンヒはドンジュとドンウォンを部屋に呼び「君たちは現在君たちの人生と現実に満足してるか?父さんは家を出て顔も知らず母さんはおばあさんなのにそんな状況に不満はないのか?」と尋ねた。

そうするとドンウォンは「いやだ!人々はしきりに’黄粉の家’だと言い父さんは浮気者で人間じゃないと言い、母さんはおばあさんだからはずかしい。
学校も通いたくない。」と言い、ドンジュもまた「私も同じだ。でもしかたがないことだと思う。」と答えた。

これにドンヒは「もしも兄さんみたいな若くてかっこよくてハンサムな人が君たちのお父さんだとしたら気分はどうだろう?
いっそ兄さんが君の父さんになったらもっといいと思わないか?」と慎重に聞いた。

しかしドンジュは心配そうに手でドンヒの額に手を当てて「兄さんまだ熱が下がってない。横になって。」と言い床から起きたドンヒに「私はドンヒ兄さんが父さんならば学校も通わず家出する」と宣言し笑いを誘った。

一方 この日の放送では前妻ソ・ジョンア(イ・チョヒ扮)との結婚指輪を捨てて新たな出発を約束するカン・ドンヒの姿が描かれ視線を集めた。



※ 콩가루 집안(黄粉一家)
もめごとや手前勝手なふるまいでばらばらになった一家.
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-25 12:04 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
「本当にいい時代」オク・テギョン捨てられた双子抱き涙”ぽろぽろ”
元記事はこちら

「本当に良い時代」オク・テギョンが捨てられた双子を抱き涙をぽろぽろ流した。

16日午後放送されたKBS 2TV 週末ドラマ「本当にいい時代」でカン・ドンヒ(オク・テギョン扮)は過去雪の中で捨てられていた双子たちを痛ましいまなざしで見つめ涙を流す姿を回想した。
ジョンア(イ・チョヒ扮)が捨てて行った自分の子供たちだった。

ドンヒは子供たちと自分からとても冷酷に離れて行ったジョンアに依然として未練が残って見えた。
前にドンヒはジョンアと新たな出発のために直接訪ねて行ったが、ジョンアはドンヒに今が幸せだと彼を押しのけた。
d0020834_1281618.jpg

結局ドンヒは残る未練を振り払うかのようにいつもはめて行き来していた指輪を川に投げ捨ててしまった。
ドンヒがチョンアを忘れ新しい出発をすることができるのか成り行きが注目される。

一方「本当にいい時代」は貧しい少年だったひとりの男が検事として成功したのち15年ぶりに離れていた故郷へ帰ってきて繰り広げられるストーリーを通して世知辛い生活の中にしばらく忘れていた真の家族の意味を再評価する作品だ。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-24 01:25 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
「本当にいい」イ・ソジン-オク・テギョン、温かくて本当にいい
元記事はこちら
d0020834_16235321.jpg

「本当にいい時代」イ・ソジンとオク・テギョンが新しい面貌を見せ2人の女性の心を温めた。
冷たいイ・ソジンと熱いオク・テギョンはこれまで隠していた反転魅力を発散し視線を互いに集めた。

去る22日放送されたKBS2TV週末ドラマ「本当にいい時代」9回ではへウォン(キム・ヒソン扮)
と契約恋愛を始めたドンソク(イ・ソジン扮)の姿が描かれた。

ドンソクはスンフン(パク・ジュヒョン扮)を取り戻すまで利用されてほしいというへウォンの頼みを承諾した。
ドンソクも15年前、自分の家を無視するへウォンの母ミョンスン(ノ・ギョンス扮)に復讐するためへウォンの心を利用した事があるため、しかし利用されたと思わなかったへウォンの純粋な心を踏みにじったドンソクへは罪悪感が残っている状況で、へウォンも裏切られた傷に15年が過ぎた今も静かに涙を流していてこれらの契約恋愛がどんな方法で進行するか関心が高まった。

特にドンソクはちゃんと利用されてやるとへウォンにデイトをしようと言いまだ感情が残っているへウォンをときめかせた。
純粋にドンソクを愛していたへウォンはドンソクの積極的な姿に慌てた。
へウォンは彼とのデートに前で口紅を塗る途中に落して複雑微妙な心境を打ち明け、へウォンの家の前で言葉もなく訊ねてきたドンソクはそんなへウォンの顔に口紅の跡を発見して「口紅塗ったの?」とたずね繊細で優しい男に扮した。

ドンソクはへウォンの唇の上に残った口紅の跡に自然に手を当てるなど積極的なスキンシップで心の門を閉ざして冷たいと思っていた彼のまた違った面貌をうかがわせときめき指数を高めた。

そうかといえば、暴れん坊で知られていたドンヒ(オク・テギョン扮)の痛みが描かれて涙腺を刺激した。
ドンヒはカッとなる性質に拳が先に出る対策のない人物。
彼を兄と思っている幼い子息ドンウォン、ドンジュさえ彼を情けなく見ている状況でドンヒの深い痛みが描かれた。

ドンヒはソシム(ユン・ヨジョン扮)の実子ではない事実に家族の本当の一員ではないというコンプレックスがある。
彼は家族が悔しいことをされるたびに認証を受けるために更に我慢が出来ず前に出る人物。
また、同じ境遇のジョンア(イ・チョヒ扮)と失敗で子供ができた後には子供たちだけには良い両親になるために努めたが、結局破局を迎えた痛みを抱えている。

彼はジョンアを探し子供たちに正当な両親になろうと言ったたが、ジョンアは出て行きドンヒが自分に足首をつかまれ責任感とコンプレックスで愛することのために努力したという事実を想起させ、ドンヒにこのままにしてほしいと又1回傷を与えた。

以後、高熱に苦しめられた彼は生母だが、冷たく当たったヨンジュ(チェ・ファジョン扮)の前で彼女を「母さん」と呼び慰められた姿を見せヨンジュをむせび泣かせた。
堂々と母として出ることができなかったヨンジュはドンヒから初めて聞いた「母さん」という言葉に結局倒れたようだ。
手荒に行動し、本音を消したドンヒの痛みが一度にどっとこぼれ出た日、ドンヒのそばで彼に一方的な愛を与えていたヨンジュが応答をもらった姿はお茶の間を一緒に泣かせた。

ドンソクとドンヒは冷たく熱い正反対の性格の人物として出会うごとに水と油のように過ごしている。
しかしこの日みせてくれたドンソクとドンヒの意外な姿と彼らが胸の奥に隠しておいた暖かな本心の一部分が映りこれからの展開に期待感をさらに高めた

一方「本当にいい時代」は貧しい少年だったある男が検事として成功し15年ぶりに離れていた故郷にもどって繰り広げられるストーリーを通し世知辛い生活の中にしばらく忘れていた真の家族の意味を再評価する作品だ。






うーーん、ちゃんとした文章にならないなあ、残念!
でもそんな感じ受け止めてください。
翻訳がだんなに難しいか…。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-23 18:23 | 2PM翻訳記事 | Comments(0)
しばらく何も書かないでいたのは、書かないでいたのではなく書く時間がありませんでした。
あまりにも書くネタがありすぎて迷っています。
何から書こうか…。
はい、やっぱりここからですね。
ぐずぐずしてるとオーラスがきちゃいます。
実はJun.Kさんの三銃士東京最終公演を観に行きました。
それが13日夜で14日の朝から2泊3日でソウル行ってました。
またJun.Kさんと同じ飛行機になるか…?とか日曜の夜一緒に日本に来るか…?とか。
一緒にはならなかったんですけどある方に「あなたJun.K追っかけてるの?」と言われましたが、そう見えても仕方がない状況ではありますが。
(既に誰に言われたのかという記憶も定かではない…頭の中の消しゴム速度が速くなっているのは良くわかります)
でも私は生涯「オクッパ」を決めているのでJun.Kさん追っ掛けまで余裕がないですから…。
これ、ホント、3月はソウルに行く気持ち全くなかったんですけど母に「3月中に行きたいんだけど」といわれ、何の予定もなく急にチケット取ってホテルとって行ってきました。
その旅行記は後日書くことにします。
そして17,18日いよいよ東京公演のスタートですけど、その前に仕事しなくちゃ。
ってなわけで夕方から代々木連戦に参戦しました。
まあ、、こんなライブも2度とないでしょうけどもはやこれもすでに2PMの伝説ですな。
d0020834_10524640.jpg

17日 某サイトで仲良くなったseiさんを広島から呼んで二人で緑のお洋服で参戦のアリーナCの南側。
去年、この代々木の2F最前列でサイリウム二人で振り回して下の回に数本落とすという失態をした二人なんです。
「オクッパ」宣言してても緑のお洋服(セーターなんだけど)着て参戦したのは初めてです。
それも、旦那が通販で買ったセーターがたまたま緑だったから買った時に「ライブに着て行けってことか…」と暗示かけておいたので「今日は着ていく」って言ったら「ライブあるのか?行ってらっしゃい」と冷たくあしらわれ
たけどそれで行きました。
もう一人の知り合いのぷりんさんが北スタンド1Fから見えてたそうです。
緑の二人。
そういうぷりんさんもこの日のためにブルーのお洋服を買いに行っての参戦だったそうです。
そのぷりんさんのお友達は色々K-POPのライブもかなり行ってる方でBBやSJやトンなんか行かれてるらしい4友さんだそうです、
初参戦の2PM見終わってから「すっごくカッコいい、楽しい!」って言ったそうな。
よかったよかった。
「あんな姿を見せるのはプロじゃない」って声も結構あったようなので、楽しいって言ってくれれば私もうれしいよ。
彼等一生懸命頑張ってたもん。
 
オープニングの「冬ゲ」で円形サブステから私たちの正面に現れたのはニックン。
seiさんと二人、腰砕けになりそうな天使の美しさで、もう曲聞くというよりは美しさに見とれてました。
ファンミの時、枝ステに現れたニックンがあまりにも美しかった記憶が今も鮮明だけど、コアラの着ぐるみじゃなくて大好きな赤い衣装で踊るニックンには参りました。
と言いながらテギョン探すオクッパ2人。
「IYM」でこっちサイドで腰振ってるけどいつにもましてキレはなく(どうせいつもキレはないから)何か動きの小ささを感じ、更には顔色が…ちょっと赤くないですか?
とすでに肉眼で異変を感じ取っておりました。
そして自己紹介もたった一言「テギョンでーす。」って言ったまま取り残され、水にみっぱなし汗ふきっぱなし。
そしてそこで明かされた「jun.Kさんは風邪で声が出ません。テギョンさんも風邪で調子悪いです。」ってチャンソンが絶好調。
前夜羽田で帰国時に目撃した黒ずくめのチャンソンがかなり調子悪いって聞いてたけど、それよりももっともっと調子の悪い二人の兄貴たちがいたのでした。
普通ならばみんなに助けられるはずの不調のマンネがいつも以上に頑張って兄貴たちをサポートしてる。
絶好調に見えてしまうほどブラックな面もニックン以上に見せてたし頑張ってましたね。
でも本当は相当悪かったらしいんだけど。
そして、こうなってくると「俺様」は前に出てきますよね。
めざましい日本語の上達ぶりを披露するようにMCで引っ張る俺様ジュノ君。
そして、Jun.Kのメインパートのフルカバーと最終的にテギョンのラップまでカバーするジュノ君。
ジュノ君ファンの皆様はジュノ君の大活躍に「ジュノ祭り」普段聞けないものがきけて大喜びだったとか。
ウヨンも普段MCにほとんど絡んでこないのに上達した日本語を披露して喋り捲ってて驚いた。
いつの間にこんなに上達したんだ?
そして自分の仕事をしっかりこなしてサポートに回るウヨン。
「GIVE UP」見ましたよ肉眼で!その距離約10m。
ずっとseiさんに言ってたの「ウヨンの脱ぎ」肉眼でガンミ!
本当にサブステのギリギリのところで脱いでるんだよね~。
とにかく、アリーナCはアリーナのほぼ中央ですから、遠いメインステージも肉眼で追うことができます。
「ギミラ」の瞬間移動で一番後ろの人の瞬間ぶりが1~2テンポ遅れてたりとか、もうその辺は許してあげて!
途中から立ってるのすら辛そうでまして踊るの何てどんなに大変なんだろうって心配してました。
去年の東京ドームの「Beautiful」でテギョンの着地失敗見てからずっと「失敗しないで!頑張って!」と心の中で祈っています。
なんかもう、ファン心理じゃなくて母心になってる。
これも誰が言ったか忘れたけど「音が鳴ると反射的に振りに入るように体が作られてるから踊るのは大丈夫なのよ。」って。
でも人間なんだよ、いくらスーパーマンのテギョンでもできないこともあるだろうって思ってたけど、結局アンコール以外は全部こなしてたって、マジ感激して涙でそうでした。
早目に引っ込んで病院タイムなんでしょうけど、もう少しはやめに引っ込ませてあげてもよかったような。
でも絶対自分からやるって言ったんだろうな。
最後の挨拶の時熱で体が震えてそうでした。
自分で体抱えてた。
Jun.Kはウヨンに抱かれてたけど、テギョンは弟チャンソンが隣で抱えてあげるのか…って思ったけどチャンソンも自分を保つので精いっぱいだったんだろうなと思う。
結局笑顔は1回も見られずしかめっ面の下向いたままの辛そうなテギョンさんずっと見続けて、辛い仕事だなって思いました。
それでも出てきてくれたことに感謝。
ファンのみんなにやればできるって希望と、一緒にいれば楽しいって雰囲気見せてくれた彼らに感謝です。
行ってよかった!
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-21 12:15 | LIVE | Comments(0)
とにかく、ここのホテルはすごいところにあって、南大門の交差点から市庁舎に向かって2軒目です。
ホテルを出て左に行けば南大門と南大門市場があり、裏手には昔からの飲食店街、左はビジネスマンが好む食堂やカフェなど何でもあります。
とにかくコーヒーが飲みたかったので市庁舎方面へ歩き、スターバックス、パリスバケット、ホリーズコーヒー、などなどあったけど、地味に目立たなくあったマンゴーシックスへ入りました。
地味だけど広い。
しかし、マンゴーシックスが不便なのはテーブルが階上にあるってことで、ブザーが鳴ったら下に降りなきゃ…。
何もマンゴーシックスでコーヒー飲まなくてもいいじゃないかって思うけど、なんかこんなの食べたかったんで
すって、お母様。
망고식스 FBはこちら
d0020834_21243031.jpg

結局私はアメリカーノで母さまは一緒にマンゴージュース。
そしていつものように「牛乳少し頂戴」っておねだりしたらこんなにくれなくてもいいってほどのコップ1杯。
本当に予定がない旅なのでここのマンゴーシックスで1時間以上のんびり過ごしました。
雑誌もいっぱいあったし。
ユノさん特集とか
d0020834_2129630.jpg

こんな広告とか
d0020834_21294014.jpg


休憩が終わってどこ行くあてもなく、行くのはやっぱり南大門市場。
アクセサリーが欲しいというのでアクセサリーやのおばちゃんに挨拶し、その後海苔やのお兄さんに挨拶してごっそり買い、かばん屋さん行ってお茶を飲み…。
そこで「なんかかるーくご飯が食べられる店はどこ?」って聞いたら地元に住んでる自分たちより私の方が詳しいだろうと言われてしまいました。
前にあちこち予約とかしてもらってた時に教えた店をお客さんに教えると喜ばれるのだそうです。
それで、何気に「クッパ」という話題になって「私はソルロンタンは好きではなくてコムたんが好きです!」って言っちゃったら「コムタンなら地下道渡ったところで食べられる」と教えてくれました。
昼間はビジネスマンであふれてるから夕方がいいよって。
早速行ってみた「ナジュコムタン 本店
d0020834_214936.jpg

d0020834_21493176.jpg

こんな大きなお釜でスープ煮るんですね。
d0020834_21495441.jpg

これはおいしい。
メニューはコムタンとチヂミかな?
いくらだったかは忘れました。
w9000くらい?
安くはなかった。
d0020834_21501471.jpg

キムチも切れてなくて自分ではさみで切るんだけど、おいしかった。
手軽に入れるので是非行ってみて…。
今は日本語は通じません。
メニューも日本語なしです。
そのうち日本語で書かれるかと思いますけど。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-20 21:50 | 旅行2014 | Comments(2)
いつの間にか韓国へ行ってきました。
知っている人は知っているのですが、あまりにも急であまりにもタイトな日程でした。
3月に韓国へ行きたいという気持ちは全くなかったのです。
が、母が親戚の四十九日の法要も終わってぽっかり自分の都合が空いたので行きたいというのです。
私は、行く気がないので友達との会合や「三銃士」そして4回の2PMライブがあって、自分にも時間にもお金にも余裕がない。
「時間だけあれば、死亡保険金が余ったから出してあげようと思ってるんだけど、3日でいいから行ってちょうだい。」と。
目的なし!
そして3月に入ってから航空券とホテルを手配。
日程も三銃士を見終わった翌朝出発の、ライブ代々木初日の前日の夜に帰ってくるという強行。
某方に「あなた、Jun.Kの追っかけなの?」
と言われる始末。
言われても仕方ないです、こんな日程。

母と韓国へ行くときには羽田便で車で羽田へ行くんですが、首都高に乗って気が付く
「あの、スマホ忘れたんだけど取りに帰っていい?」
「私が、ここにあるって散々言ったのにしまわないあなたが悪いんだからダメです。」
ガク!
旅行代理店の担当者に言わせれば、座席はチェックインの当日しか決められないというのですが、予約センターに電話したらラッキーにも予約できました。
行は窓際3人掛けシートでしたが隣に誰も来ませんでした。
羽田ー金浦便初めてすいてるって思いました。
朝9時45分の大韓航空便。
久しぶりですが、ジャンボ機じゃなくなってるのね。
大韓航空の機内食は好きではないので「ホテルにチェックインしてから近所で食べようね」
って言ってたんですが、意外に食べられた。
が、やっぱり完食はできない。
d0020834_19571959.jpg

一応食べたのはポテトサラダとパン。
コーヒーも飲まなくてコーヒーに飢えた。

金浦空港からホテルまでは初めて空港リムジンバスで。
地下鉄は今回乗り換えが面倒だったのでやめました。
昼間に金浦に付くのはパッケージ以外では初めてなんですね、たぶん。
d0020834_2023229.jpg

このバスに乗ったか乗らないかは定かではありませんが、乗ったのかな?
割とすぐ来たんだけど、定員になっちゃうかもしれないからってベンチで待たされていました。
案内のおじさんが「自分が案内するから黙って座っていなさい」と。
最近母が私を通訳と勘違いしてて「ちょっと!何言ってんの?なんで座らされてるの?」の連続でちと面倒。
途中で汝矣島の付近を通ったらあの大きな「本当にいい時代」の看板が見えたのでカメラ出して写したのですが映ってないですね。
d0020834_2014363.jpg

そしてリムジンで南大門市場まで。
今回のホテルはこちら。
FRASER PLACE 南大門
d0020834_20143315.jpg

何時ものセントラルと同じオフィステルだと思っていたのですが、普通のホテルでした。
一見ビジネス用のテナントビルなんですが中は…
d0020834_2022791.jpg

d0020834_20223598.jpg

d0020834_2023145.jpg

505号室。
セントラルのだだっ広い空間に比べると相当コンパクトですが、最上階にあるジムは自由に使えて当然お風呂があって、パノラマだという。
男性用は露天風呂らしいって言うので選んだんです。
ただ、眺望は運が悪く隣のビルの非常階段でした。(残念)
そして最初のトラブル。
カードキーでドアを開けてキーボックスにカードをさしたんですがどこをどうやってもお部屋の電気が一つもつかず…。
昼間だからまだしも夜だったら凄いパニックだと思うよ。
フロントに電話して「電気がつかない」旨を伝えましたが、言葉もパニクってて何言ってるかわからない。
日本語わかるスタッフが「ドアを開けたキーをさすんですよ」
「さしてあります」
の繰り返しで結局そのスタッフがきて、キーでドアを開けなおしてそれをボックスに入れるとつきました。
「やり直してください」って言えばいいんじゃないの!
って言っても遅いけど、彼も日本語上手じゃないのよ。
最近のカードキー進化してますね。
[PR]
by chikat2183 | 2014-03-19 20:15 | 旅行2014 | Comments(0)